ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】FAV gaming がレギュラーシーズン1位通過!GameWith は敗退でプレイオフ進出ならず:Group B Match28~30の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match28~30の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match28~30が2019年10月13日、韓国で行われた。

Group Bのレギュラーシーズン最終日。まだすべてのチームにプレイオフ進出の可能性がある中、GameWithはわずかな望みにかけてOP.GG SPORTSに挑んだ。

しかし、Set 1 こそ勝利したもののSet2で OP X-Bow Master 選手相手に敗北。この時点でGameWithのプレイオフ進出の可能性はなくなり、試合も敗れた。

Match 29 はFAV gaming 対 OGN ENTUS。負ければ2位となり、プレイオフでPONOSと初戦から激突することになるという大事な試合。

いつもの布陣で臨んだFAV gaming。まずは勝率9割という恐るべき安定度のけんつめし選手、きたっしゃん選手ペアが勝利。JACK選手も、ここまで負けなしのDandelion選手相手にトリトンをスタンさせる”神ザップ”を炸裂させ、チームもストレート勝利。FAV gamingはリーグ開始4シーズン目にして初のレギュラーシーズン1位通過をなしとげた。

Match 30は Bren Esports 対 SANDBOX GAMINGでSANDBOX GAMINGが勝利し、最後の1枠を奪うかたちで、プレイオフ進出を確定させた。

results

▲試合結果。

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・2on2のみBANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 28 : OP.GG SPORTS vs GameWith

OP.GG SPORTSの勝利

Set 1 : OP Asher ・ OP HuNi [OP] vs KK ・ ユイヒイロ [GW]

※BANカードは、両方トルネード

・Game1(勝者 GW)

111

▲Game 1

・Game2(勝者 GW)

112

▲Game 2

Set 2 : OP X-Bow Master [OP] vs Rolaporon [GW]

・Game1(勝者 OP)

121

▲Game 1

・Game2(勝者 OP)

122

▲Game 2

Set 3 : KING OF THE HILL

1koh

▲選手リスト

・Game1 DDaBOng [OP] vs KK [GW](勝者 GW)

131

▲Game1

・Game2 OP Asher [OP] vs KK [GW](勝者 OP)

132

▲Game2

・Game3 OP Asher [OP] vs Blossom [GW](勝者 GW)

133

▲Game3

・Game4 OP X-Bow Master [OP] vs Blossom [GW](勝者 OP)

134

▲Game4

・Game5 OP X-Bow Master [OP] vs Rolaporon [GW](勝者 OP)

135

▲Game5

Match 29 : FAV gaming vs OGN ENTUS

FAV gamingの勝利

Set 1 : けんつめし ・ きたっしゃん [FAV] vs Thunder ・ One Crown [OGN]

※BANカードは、トルネード(FAV)、ラムライダー(OGN)

・Game1(勝者 OGN)

211

▲Game 1

・Game2(勝者 FAV)

212

▲Game 2

・Game3(勝者 FAV)

213

▲Game 3

Set 2 : JACK [FAV] vs Dandelion [OGN]

・Game1(勝者 FAV)

221

▲Game 1

・Game2(勝者 OGN)

222

▲Game 2

・Game3(勝者 FAV)

223

▲Game 3

Match 30 : Bren Esports vs SANDBOX GAMING

SANDBOX GAMINGの勝利

■所感

FAV gamingがグループBの1位通過をなしとげた。監督、各選手、アナリストのツイートはこちら。

※だに選手は勝利ツイートをしていないので省いた。

FAVとしてはなんとしても1位で通過をしたかったと思われる。この戦いで負けた場合、プレイオフには進出できても、初戦からPONOSと戦わなければならなくなったからだ。

日本同士のつぶしあいは、FAV、PONOS、そして日本の視聴者にとっても望ましいものではなかったから、これには救われた思いである。

playoffs

▲プレイオフのトーナメント表

FAVは去年、特別選手として当時から有名だったけんつめし選手、RAD選手を獲得し、クラロワリーグの開始当初から台風の目であった。しかしスロースターターのチーム状況が災いし、レギュラーシーズン後半から追い上げるも序盤の不利がひびくというケースが多く見られた。そして成績的には、PONOSとGameWithの後じんを拝してきた。

しかし2019年のシーズン2では課題の2v2が大きく改善された。きたっしゃん選手の功績ももちろん大きいが、けんつめし選手の精神的成長によるリーダーシップの向上も見逃せない要因だろう。

JACK選手とだに選手の存在の大きさは言うまでもないし、おこめちん監督、アナリストのニクロム氏も、選手の数の少なさを補ってあまりあるサポートをしたことは想像にかたくない。

FAV gamingは2年目にして最強の布陣を整え、プレイオフに乗り込んでいく。立ち位置はチャレンジャーにしてチャンピオン。

アジアの頂点を目指す戦いはまだ続いていく。

pontasmile
(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る