ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】GameWith、FAV gamingともに初戦飾れず:2019 シーズン2 Group B Match1~3の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3が8月24日、韓国で行われた。

Match 1 はGameWith 対 Bren Esportsの対決。2on2をGameWithが取るも、エースKK選手が敗れるまさかの展開。今シーズン初のKING OF THE HILLではManong Jhipee選手が3タテでBren Esportsの勝利となった。

Match 2 はSANDBOX GAMING 対 FAV gamingの戦い。Set1こそFAVが取るも、新鋭iSlaw選手がSet2からKING OF THE HILLにかけての4連勝でSANDBOX GAMINGが今シーズン初勝利。

Match3はOGN ENTUS 対 OP.GG SPORTSの対決。Dandelion選手が隠し持ったロイヤルジャイアントでX-Bow Master選手を破り勝利した。

results

▲試合結果。

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・2on2のみBANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 1 : GameWith vs Bren Esports

Bren Esportsの勝利

Set 1 : 焼き鳥 ・ ユイヒイロ [GW] vs Jaii ・ Manong Jhipee [BREN]

※BANカードは、ベビードラゴン(GW)、トルネード(BREN)

・Game1(勝者 GW)

111

▲Game 1

・Game2(勝者 BREN)

112

▲Game 2

・Game3(勝者 GW)

113

▲Game 3

Set 2 : KK [GW] vs Trainer Ken [BREN]

・Game1(勝者 BREN)

121

▲Game 1

・Game2(勝者 GW)

122

▲Game 2

・Game3(勝者 BREN)

123

▲Game 3

Set 3 : KING OF THE HILL

1koh

▲選手リスト

・Game1 焼き鳥 [GW] vs pupu [BREN] (勝者 GW)

131

▲Game1

・Game2 焼き鳥 [GW] vs Manong Jhipee [BREN] (勝者 BREN)

132

▲Game2

・Game3 Blossom [GW] vs Manong Jhipee [BREN] (勝者 BREN)

133

▲Game3

・Game4 kk [GW] vs Manong Jhipee [BREN] (勝者 BREN)

134

▲Game4

Match 2 : SANDBOX GAMING vs FAV gaming

SANDBOX GAMINGの勝利

Set 1 : Khani ・ Sado [SB] vs けんつめし ・ きたっしゃん [FAV]

※BANカードは、ラヴァハウンド(SB)、トルネード(FAV)

・Game1(勝者 FAV)

211

▲Game 1

・Game2(勝者 SB)

212

▲Game 2

・Game3(勝者 FAV)

213

▲Game 3

Set 2 : iSlaw [SB] vs JACK [FAV]

・Game1(勝者 SB)

221

▲Game 1

・Game2(勝者 SB)

222

▲Game 2

Set 3 : KING OF THE HILL

2koh

▲選手リスト

・Game1  Shinchu [SB] vs だに [FAV](勝者 SB)

231

▲Game1

・Game2 Shinchu [SB] vs JACK [FAV](勝者 FAV)

232

▲Game2

・Game3 Sado [SB] vs JACK [FAV](勝者 FAV)

233

▲Game3

・Game4 iSlaw [SB] vs JACK [FAV](勝者 SB)

234

▲Game4

・Game5 iSlaw [SB] vs けんつめし [FAV](勝者 SB)

235

▲Game5

Match3:OGN ENTUS vs OP.GG SPORTS

OGN ENTUS の勝利

■所感

衝撃の結果といえるだろう。昨日のPONOSの敗北に続いて、GameWithとFAV gamingまで敗れるとは誰が想像しただろうか。

しかし日本チームが強いというのはここ1,2年で付いたイメージだ。それまでは分析力、デッキ幅などが海外に劣るという先入観で見られていたものだった。

もともと日本が地力で他国から抜きんでているわけではなく、持ち前の努力や協調性などで追いつき、追い越せで好成績を残してきたといえるのではないか。

そして2019年のシーズン2、日本の後塵を拝していた各国チームは本気で補強を行ってきた。

SANDBOX Gamingの iSlaw選手がその代表格だろう。初戦にしてJACK選手をはじめ、FAV gamingのつわものから4連勝をするのは伊達ではない。

補強の仕方も多国籍なのが韓国、東南アジアの特徴だ。日本の各チームもよい選手を登用しているが、それでも日本人だけに限っている。

マネージメントの労力を考えると妥当ではあるが、実力だけを考えれば、国の枠組みを取っ払った方が有利なのは間違いない。

80年代、日本はその均質性で世界経済を席巻したが、90年代よりじょじょにグローバル企業に押され始めた。その歴史を彷彿とさせる流れである。

トロ8000越えの選手を世界中から引っ張ってくる海外チームに、日本選手たちがどう立ち向かうか。注目したい。

pontasmile
(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る