ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】レギュラーシーズン最終日、PONOSは敗れたものの2位でプレイオフへ進出:Week8 Match64~66の試合結果

Week8 Match64~66の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week8 Match64~66が2019年6月13日、韓国で行われた。

レギュラーシーズン最終日のこの日は、すでにプレイオフ進出チームは確定しているものの、順位、ひいてはプレイオフの試合数がかかった重要な3戦となった。

Match 64 はTalon 対 Chaos Theoryの戦い。圧倒的エースのBenZer 選手がいるChaos Theoryを新興チームのTalonが破る大金星。

Match 65 はBren Esports 対 PONOS で、1v1の不調をひきずるPONOSはSet2をみかん坊やで落とし、KOHでもフルゲームの末に敗れてしまった。

しかし、Match 66 でSANDBOX Gaming が強豪KIX を破り、PONOSがグループBの2位でプレイオフに進むことが確定した。

results

▲試合結果。

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 64 : Talon 対 Chaos Theory

Talon の勝利。

Match 65 : Bren Esports vs PONOS

Bren Esportsの勝利

Set 1 : Trainer Ken・Manong Jhipee [BREN] vs ライキジョーンズ・RAD [PNS]

※BANカードは、巨大スケルトン(BREN)、トルネード(PNS)

・Game1(勝者 PNS)

111

▲Game 1

・Game2(勝者 BREN)

112

▲Game 2

・Game3(勝者 PNS)

113

▲Game 3

Set 2 : Tobi Spirithawk [BREN] vs みかん坊や [PNS]

※BANカードは、マスケット銃士(BREN)、トルネード(PNS)

・Game1(勝者 BREN)

121

▲Game 1

・Game2(勝者 PNSS)

122

▲Game 2

・Game3(勝者 BREN)

123

▲Game 3

Set 3 : KING OF THE HILL

1koh

▲選手リスト

※BANカードは、ベビードラゴン(BREN)、メガガーゴイル(PNSS)

・Game1 Tobi Spirithawk [BREN] vs KOTA [PNS](勝者 PNS)

131

▲Game1

・Game2 Trainer Ken vs KOTA [PNS](勝者 BREN)

132

▲Game2

・Game3 Trainer Ken vs みかん坊や [PNS](勝者 PNS)

133

▲Game3

・Game4 Jaii vs みかん坊や [PNS](勝者 BREN)

134

▲Game4

・Game5 Jaii vs RAD [PNS](勝者 BREN)

135

▲Game5

Match 66 : SANDBOX Gaming vs KIX

SANDBOX Gamingの勝利。

■所感

PONOSの1v1の不調が深刻だ。みかん坊や選手もこの日ついに4敗目を喫し、Set2でまだ一勝もできていない。KOHでの勝率は悪くないのだが、無双を誇った去年に比べると物足りなさが目立つのは正直なところだ。

みかん坊や選手が、不調だったり、カードレベル差があるときだったり、ここぞという時に使うデッキは言わずと知れたバルーンだ。バルーンはみかん坊や選手の危地を何度となく救ってきた。もちろん相手側もそれをよく知っているので、バルーンへの警戒を怠らない。

そして、クラロワリーグは戦前に相手に牽制をかけることができて、それは言わずもがな、BANルールである。

今回の1v1でもみかん坊や選手はトルネードをBANし、いかにもバルーンを使うぞといった雰囲気をTobi選手に対してにおわせた。

2v2でのトルネードBANは非常に多いが、1v1でのそれは少ない。そしてトルネードはバルーンのメタカードである。Tobi選手もみかんバルーンを意識せざるを得なかっただろう。

勝負の分かれ目はSet2のGame3で、みかん坊や選手の奇襲的なバルーン攻撃は成功したように見えた。しかし、Tobi選手のPEKKAとラムライダーによるカウンターになすすべもなく圧倒されてしまった。

もしここをしのぎ切ったとしても、ラムライダー、雪玉、エレウィズと、バルーンのメタカードが多めに入ったTobi選手のデッキにふたたびバルーンを通すのはかなり難しかっただろう。

バルーンを意識させつつ、そしてそのバルーンが通せず敗れてしまうという悔しい戦いであった。

卓越したバルーンテクニックによって、これまでその名をとどろかせてきたみかん坊や選手ではあるが、プレイオフでその伝家の宝刀はふたたび輝きを見せるのか。それとも別デッキで挑むのか。

6月23日のBANカードから始まる読みあいにも注目したい。

pontasmile
(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る