ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】FAV gamingは勝利するもプレイオフ進出の夢、断たれる:Week7 Match61~63の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 のWeek7 Match61~63の試合結果

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 のWeek7 Match61~63が2019年6月9日、韓国にて行われた。

GameWithのプレイオフ進出とDetonatioN Gamingの敗退はすでに確定。FAV gamingがプレイオフにいくためには日本チームすべてが勝たなければいけないというきびしい状況。

しかし、Match 61、GameWith 対OGN ENTUS の戦いでOGN ENTUS が勝利したことにより、FAV gamingは試合を待たずにプレイオフ進出は潰えた。

Match 62は DetonatioN Gaming 対 KING-ZONE DragonXの戦いで、新鋭Line選手をれいや選手がものともせずにストレート勝ち。

Match 63 はOP GAMING 対 FAV gamingで、フルセットの末、けんつめし選手が大将戦で勝ち、プレイオフ進出はならなかったものの有終の美を飾る結果となった。

results

▲試合結果。

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 61 : GameWith vs OGN ENTUS

OGN ENTUSの勝利

Set 1 : 焼き鳥・ユイヒイロ [GW] vs Thunder・One Crown [OGN]

※BANカードは、巨大スケルトン(GW)、トルネード(OGN)

・Game1(勝者 GW)

111

▲Game 1

・Game2(勝者 GW)

112

▲Game 2

Set 2 : Rolaporon [GW] vs TNT [OGN]

※BANカードは、ダークプリンス(GW)、PEKKA(OGN)

・Game1(勝者 OGN)

121

▲Game 1

・Game2(勝者 OGN)

122

▲Game 2

Set 3 : KING OF THE HILL

1koh

▲選手リスト

※BANカードは、バーバリアン(GW)、ロイヤルジャイアント(OGN)

・Game1 Blossom [GW] vs Dandelion [OGN](勝者 OGN)

131

▲Game1

・Game2 ユイヒイロ [GW] vs Dandelion [OGN](勝者 OGN)

132

▲Game2

・Game3 Rolaporon [GW] vs Dandelion [OGN](勝者 GW)

133

▲Game3

・Game4 Rolaporon [GW] vs TNT [OGN](勝者 OGN)

134

▲Game4

Match 62 : DetonatioN Gaming vs KING-ZONE DragonX

DetonatioN Gamingの勝利

Set 1 : Lewis・天ぷら [DNG] vs KZ July・KZ Nuri [KZ]

※BANカードは、トルネード(DetonatioN Gaming)、ラヴァハウンド(KZ)

・Game1(勝者 DNG)

211

▲Game 1

・Game2(勝者 DNG)

212

▲Game 2

Set 2 : れいや [DNG] vs KZ Line [KZ]

※BANカードは、トルネード(DNG)、ライトニング(KZ)

・Game1(勝者 DNG)

221

▲Game 1

・Game2(勝者 DNG)

222

▲Game 2

Match 63 : OP GAMING vs FAV gaming

FAV gamingの勝利

Set 1 : EuiChan・Asher [OP] vs けんつめし・きたっしゃん [FAV]

※BANカードは、ロイヤルジャイアント(OP)、トルネード(FAV)

・Game1(勝者 OP)

311

▲Game 1

・Game2(勝者 OP)

312

▲Game 2

Set 2 : X-Bow Master [OP] vs JACK [FAV]

※BANカードは、インフェルノタワー(OP)、ラムライダー(FAV)

・Game1(勝者 OP)

321

▲Game 1

・Game2(勝者 FAV)

322

▲Game 2

・Game3(勝者 FAV)

323

▲Game 3

Set 3 : KING OF THE HILL

3koh

▲選手リスト

※BANカードは、スパーキー(OP)、バーバリアン(FAV)

・Game1 HuNi [OP] vs だに [FAV] (勝者 FAV)

331

▲Game1

・Game2 X-Bow Master [OP] vs だに [FAV] (勝者 OP)

332

▲Game2

・Game3 X-Bow Master [OP] vs JACK [FAV] (勝者 FAV)

333

▲Game3

・Game4 EuiChan [OP] vs JACK [FAV] (勝者 OP)

334

▲Game4

・Game5 EuiChan [OP] vs けんつめし [FAV] (勝者 OP)

335

▲Game5

■所感

FAV gamingプレイオフ進出の夢が断たれた。シーズン序盤の連敗が響いた形だ。

JACK選手、そしてきたっしゃん選手という新戦力はありつつも、アジア1位の2v2コンビの移籍でSet1ペアをイチから立て直す必要があり、それが痛かったように思う。

好材料としては、中盤を過ぎたWEEK 4くらいから、2v2のリズムをつかみ、勝率が上がったことだろう。

ここにいたるまでに、素人目にもわかるほどに1v1向きのJACK選手とだに選手の2v2起用や、練習時間の配分を2v2により充てるなどの試行錯誤が続いていた。

このあたりの苦労話はおこめちん監督からいずれ編集コラムなどで語られるかもしれない。楽しみにしている。

そして、2v2の安定は意外な効果もあった。キャプテンけんつめし選手のKOH覚醒である。

もともとメンタルを前面に出して戦うタイプの選手なだけに、2v2の方向性が定まってからは明らかに表情もプレイも一皮むけたように見えた。

『スラムダンク』というマンガで「あんたはえらそーにして相手をおちょくるくらいがちょうどいいのよ」と宮城リョータというキャラが評されていたが、まあ、彼もそういう部分があるのかもしれない。どうだろう。

ともあれ、シーズン1はプレイオフ敗退という結果に終わってしまったが、FAV gamingが2v2で蓄積してきた経験値はシーズン2でこそ生きることになるだろう。

なにせ『クラロワ』で1v1の天才を探すことはできても、2v2の即戦力というのはいないからだ。

シーズン2のFAV gamingに期待したい。

pontasmile
(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る