ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】日韓戦 in 日本が幕開け!無勝だったあの選手、ついに初勝利!:Week7 Day1の試合結果

シーズン2 Week7 Day1の試合結果

“クラロワリーグ アジア”のシーズン2 Week7 Day1の日本対東南アジア戦が2018年10月5日に日本にて行われた。

FAV gamingはけんつめしの活躍などでストレート勝ち。現時点で1位のPONOS Sportsと勝ち星が並んだ。GameWithも勝利し、3位を堅持した。

一方、DetonatioN GamingはTNT選手にSet3で3連敗。ほかのチームと差が付く苦しい状況となってしまった。

results

▲試合結果。

順位表

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 1 : FAV gaming vs KING-ZONE DragonX

FAV gaming の勝利。

Set 1 : RAD・焼き鳥 [FAV] vs X bow master・Ho [KZ]

11

RAD・焼き鳥 [FAV] vs X bow master・Ho [KZ]

※BANカードは、両チームともトルネード

・Game1(勝者 FAV)

・Game2(勝者 KZ)

・Game3(勝者 FAV)

Set 2 : けんつめし [FAV] vs Big Daddy [KZ]

12

けんつめし [FAV] vs Big Daddy [KZ]

※BANカードは、PEKKA(FAV)、KZ(ロイヤルホグ)

・Game1(勝者 FAV)

・Game2(勝者 KZ)

・Game3(勝者 FAV)

Match 2 : DetonatioN Gaming vs OGN ENTUS

OGN ENTUS の勝利。

Set 1 : Lewis・koo [DNG] vs HAUL・One Crown [OGN]

21

Lewis・koo [DNG] vs HAUL・One Crown [OGN]

※BANカードは、インフェルノドラゴン(DNG)とラヴァハウンド(OGN)

・Game1(勝者 DNG)

・Game2(勝者 DNG)

Set 2 : 天ぷら [DNG] vs TNT [OGN]

22

天ぷら [DNG] vs TNT [OGN]

※BANカードは、トルネード(DNG)とアイスゴーレム(OGN)

・Game1(勝者 TNT)

・Game2(勝者 TNT)

Set3:KING OF THE HILL

23

選手リスト。

※BANカードは、トルネード(DNG)、ゴーレム(OGN)

・Game1 Lewis [DNG] vs TNT [OGN](勝者 OGN)

・Game2 ピラメキ [DNG] vs TNT [OGN](勝者 OGN)

・Game3 天ぷら [DNG] vs TNT [OGN](勝者 OGN)

Match 3 : GameWith vs OP GAMING

GameWith の勝利。

Set 1 : アマテラス・ユイヒイロ [GW] vs EuiChan・Seong Won [OPG]

31

アマテラス・ユイヒイロ [GW] vs EuiChan・Seong Won [OPG]

※BANカードは、トルネード(GW)、ポイズン(OPG)

・Game1(勝者 GW)

・Game2(勝者 GW)

Set 2 : ZEROS [GW] vs JinTV [OPG]

32

ZEROS [GW] vs JinTV [OPG]

※BANカードは、トルネード(GW)、マジックアーチャー(OPG)

・Game1(勝者 GW)

・Game2(勝者 GW)

所感

プロの選手とお会いしたとき、クラロワで戦わせてもらえることがある。

私のトロは4400。プロは6000越え。当たり前だが、負ける。とにかく負ける。もう、けちょんけちょんに負ける。プロは強いのだ。途方もなく。もともと強い人たちが、毎日、クラロワのことだけを考え、死ぬほど練習しているのだ。私がかなうはずもない。

しかし、プロがクラロワリーグで戦う相手はプロである。あちらも強い。最強と最強が戦えば、どうしたって勝てない選手も出てくる。

ZEROS選手はその代表格であり、その勝ち星は昨日までの段階で、ゼロ。誰が呼んだか勝率ZEROS。

2017年の日本一決定戦で鮮やかに登場したこの若者は、シーズン1の終盤にGameWithに加入し、プレーオフでPONOSに敗れ悔しい思いをした。

シーズン2ではもともと勤めていた会社を辞め、背水の陣で臨んだものの勝てる試合でさえ落とし続けた。

くり返すが、プロ選手は皆恐ろしく強いのだ。ZEROS選手も、強い。常人よりはるかに強いのに結果に恵まれない辛さ。

本人の苦悩もいかばかりかである。

しかし、彼は腐らず、若いチームのまとめ役としてチームをサポート。

大庭監督も彼を試合に起用し続け、そしてついに今日、彼は勝った。

もはや誰も、彼のことをあの名前で呼ぶことはできない。

試合後、彼にインタビューしたところ「自分の念願の初勝利だったので本当にうれしいの一言です!」との一言もいただけた。

彼は今日、あらためてプロプレイヤーとしてのスタートを切った。

若者たちはリーグの途中に目覚め、成長する。彼らの紡ぐその物語が、12月の世界一決定戦でどんな結末をむかえるか、まだ誰も知らない。

(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る