ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】PONOSのライキジョーンズがチームの窮地を救い快勝!:Week5 Day2の結果

シーズン2 Week5 Day2の試合結果

“クラロワリーグ アジア”のシーズン2 Week5 Day2の日本対東南アジア戦が2018年9月22日に韓国にて行われた。

日本2位のGameWith、4位のDetonetioN Gamingがそろって敗れ、1位のPONOS SportsのみがKIXに競り勝ち、現時点で2位のチームに2勝の差をつける結果となった。

result

▲試合結果。

順位表

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 1 : DetonetioN Gaming vs ahq eSports Club

ahq eSports Club の勝利。

Set 1 : Lewis・koo [DNG] vs ahq Xiake ・ahq YaoYao [ahq]

11

Lewis・koo [DNG] vs ahq Xiake ・ahq YaoYao [ahq]

※BANカードは、巨大スケルトン(DNG)、インフェルノドラゴン(ahq)

・Game1(勝者 ahq)

・Game2(勝者 ahq)

Set 2 : 天ぷら[DNG] vs ahq SB [ahq]

12

天ぷら[DNG] vs ahq SB [ahq]

※BANカードは、ラヴァハウンド(DNG)、トルネード(ahq)

・Game1(勝者 DNG)

・Game2(勝者 DNG)

Set 3 : KING OF THE HILL

13

選手リスト。

※BANカードは、ロイヤルホグ(DNG)、ゴーレム(ahq)

・Game1 koo [DNG] vs ahq YaoYao [ahq](勝者 ahq)

・Game2 ピラメキ [DNG] vs ahq YaoYao [ahq](勝者 DNG)

・Game3 ピラメキ [DNG] vs ahq SB [ahq](勝者 ahq)

・Game4 天ぷら [DNG] vs ahq SB [ahq](勝者 ahq)

Match 2 : GameWith vs Chaos Theory

Chaos Theory の勝利。

Set 1 : ZEROS・アマテラス [GW] vs JayTV・Carrollus [CTH]

21

ZEROS・アマテラス [GW] vs JayTV・Carrollus [CTH]

※BANカードは、両チームトルネード

・Game1(勝者 GW)

・Game2(勝者 CTH)

・Game3(勝者 CTH)

Set 2 : shun[GW] vs BenZer Ridel [CTH]

22

shun[GW] vs BenZer Ridel [CTH]

※BANカードは、PEKKA(GW)、ジャイアント(CTH)

Set 2 :

・Game1(勝者 CTH)

・Game2(勝者 CTH)

Match 3 : PONOS Sports vs KIX

PONOS Sports の勝利。

Set 1 : みかん坊や・天GOD [PNSS] vs Dios Stitch・Ma Tin [KIX]

31

みかん坊や・天GOD [PNSS] vs Dios Stitch・Ma Tin [KIX]

※BANカードは、両チームトルネード

・Game1(勝者 KIX)

・Game2(勝者 PNSS)

・Game3(勝者 KIX)

Set 2 : ライキジョーンズ[PNSS] vs Lampo [KIX]

32

ライキジョーンズ[PNSS] vs Lampo [KIX]

※BANカードは、迫撃砲(PNSS)、ローリングウッド(KIX)

・Game1(勝者 KIX)

・Game2(勝者 PNSS)

・Game3(勝者 PNSS)

Set 3 : KING OF THE HILL

33

選手リスト。

※BANカードは、インフェルノドラゴン(PNSS)、ロイヤルホグ(KIX)

・Game1:天GOD [PNSS] vs Dylan [KIX](勝者 PNSS)

・Game2:天GOD [PNSS] vs Lampo [KIX](勝者 KIX)

・Game3:Rolaporon [PNSS] vs Lampo [KIX](勝者 PNSS)

・Game4:Rolaporon [PNSS] vs Dios Stitch [KIX](勝者 PNSS)

所感

「東南アジアのチームって、こんなに強かったっけ」というのが率直な感想である。シーズン1で日本チームが苦しんだのは韓国チームで、東南アジアは逆に勝ち星の稼ぎどころのような趣すらあった。

しかし、このシーズン2での東南アジアチームは戦力を大幅補強。

シーズン1のレギュラーシーズンの覇者GameWithさえも、このWeek5の東南アジア戦では2連敗という結果に終わってしまった。

とくにKIXのDios Stitch×Ma Tin ペアの強さはすさまじく、Day1であのRAD×焼き鳥ペアを倒し、Day2ではみかん×天GODペアを破る大金星を挙げた。

シーズン2の東南アジアチームの強さは前々から噂にはなっていたが、まさかこれほどまで、というのをわれわれ視聴者は改めて知ることになったのである。

今日のPONOS vs KIX戦もSet2のGame2までは、PONOSが負けてもおかしくない流れであった。

しかし、ライキジョーンズ選手はGame3、針の目を通すような繊細なロイホグさばきで相手の防衛を躱し、得意の三銃士デッキで会心の勝利を得た。

Set3のRolaporon選手にいたっては、敵のトルネードでホグがまったく通らないにも関わらず、しぶとく呪文で削り続けて勝ち切った。

終わってみれば今日のPONOSは、負ける流れの戦いを拾っただけではなく、その勝ちかたも痛快で、しかもエースのみかん坊や抜きという、文句のつけようのない結果となったのである。

プロの選手たちは日ごろどれほどに練習しているのだろうと、改めて思わずにはいられないハンドスキルであった。

東南アジアは確かに強くなった。しかし日本チームもまた日々、成長している。そのように感じさせられたWeek5 Day2であった。

(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る