ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】FAV Gamingがだに選手とRAD選手の活躍により東南アジア戦で快勝!GameWithと2位で並ぶ:Week5 Day1の結果

シーズン2 Week5 Day1の試合結果

“クラロワリーグ アジア”のシーズン2 Week5 Day1の日本対東南アジア戦が2018年9月21日に韓国にて行われた。PONOS Sportsがみかん坊やの活躍で日本1位を確保。GameWithは敗れ、FAV Gamingが勝利したことによりFAV GamingはGameWithと並び、2位に浮上した。

results

▲試合結果。

順位表

standings

▲順位表。

クラロワリーグルール

・Set1:2on2

・Set2:1on1

・Set3:KING OF THE HILL(1on1による勝ち抜き戦。3ゲーム先取で勝利)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚(同じカードを指定の場合は1枚)のカードを使わずに対戦。

Match 1 : GameWith vs Bren Esports

Bren Esports の勝利。

Set 1 : shun・KK19212 [GW] vs Jaii・No Aim Cy [BRE]

11

▲shun・KK19212 [GW] vs Jaii・No Aim Cy [BRE]

※BANカードは、ポイズン(GW)、トルネード(BRE)

・Game1(勝者 GW)

・Game2(勝者 BRE)

・Game3(勝者 BRE)

Set 2 : ユイヒイロ [GW] vs Manong Jhipee [BRE]

12

▲ユイヒイロ [GW] vs Manong Jhipee [BRE]

※BANカードは、トルネード(GW)、エリクサーポンプ(BRE)

・Game1(勝者 GW)

・Game2(勝者 BRE)

・Game3(勝者 GW)

Set 3 : KING OF THE HILL

13

▲選手リスト

※BANカードは、PEKKA(GW)、エリクサーポンプ(BRE)

・Game1:アマテラス [GW] vs Trainer Ken [BRE](勝者 BRE)

・Game2:ユイヒイロ [GW] vs Trainer Ken [BRE](勝者 GW)

・Game3:ユイヒイロ [GW] vs Jaii [BRE](勝者 BRE)

・Game4:kk [GW] vs Jaii [BRE](勝者 BRE)

Match 2 : PONOS Sports vs Chaos Theory

PONOS Sports の勝利。

Set 1 : みかん坊や・天GOD [PNSS] vs JayTV・Carrollus [CTH]

21

▲みかん坊や・天GOD [PNSS] vs JayTV・Carrollus [CTH]

※BANカードは、トルネード(PNSS)、ジャイアント(CTH)

・Game1(勝者 PNSS)

・Game2(勝者 PNSS)

Set 2 : フチ [PNSS] vs BenZer Ridel [CTH]

※BANカードは、PEKKA(PNSS)、トルネード(CTH)

22

▲フチ [PNSS] vs BenZer Ridel [CTH]

・Game1(勝者 PNSS)

・Game2(勝者 CTH)

・Game3(勝者 CTH)

Set 3 : KING OF THE HILL

23

▲選手リスト

※BANカードは、ラヴァハウンド(PNSS)、トルネード(CTH)

・Game1:みかん坊や [PNSS] vs Carrollus [CTH](勝者 PNSS)

・Game2:みかん坊や [PNSS] vs JayTV [CTH](勝者 PNSS)

・Game3:みかん坊や [PNSS] vs [PNSS] vs BenZer Ridel [CTH]

Match 3 : FAV gaming vs KIX

FAV gaming の勝利。

Set 1 : RAD・焼き鳥 [FAV] vs Dios Stitch・Ma Tin [KIX]

31

▲RAD・焼き鳥 [FAV] vs Dios Stitch・Ma Tin [KIX]

※BANカードは、巨大スケルトン(FAV)、トルネード(KIX)

・Game1(勝者 FAV)

・Game2(勝者 KIX)

・Game3(勝者 KIX)

Set 2 : だに [FAV] vs Dylan [KIX]

※BANカードは、トルネード(FAV)、ポイズン(KIX)

32

▲だに [FAV] vs Dylan [KIX]

・Game1(勝者 FAV)

・Game2(勝者 FAV)

Set 3 : KING OF THE HILL

33

▲選手リスト

※BANカードは、トルネード(FAV)、ポイズン(KIX)

・Game1:焼き鳥 [FAV] vs Ma Tin [KIX](勝者 KIX)

・Game2:だに [FAV] vs Ma Tin [KIX](勝者 FAV)

・Game3:だに [FAV] vs LAMPO [KIX](勝者 FAV)

・Game4:だに [FAV] vs Dios Stitch [KIX](勝者 KIX)

・Game5:RAD [FAV] vs Dios Stitch [KIX](勝者 FAV)

所感

FAV Gamingがいい勝ちかたをすると、編集者(おこめちん監督)がキレキレでウキウキで現場感あふれたすばらしいコラムを書くので、YouTubeで観戦しているだけのライターの仕事はあがったりという問題が発生中。

以下、蛇足ながら所感まで。

上記記事にもあるように、だに選手が覚醒して、FAV Gamingの核になりつつある。

Week 3 Day2からの2戦を通算するとFAV Gamingは12勝7敗のうち、だに選手ひとりで7勝を稼ぎ出している。

そもそもクラロワリーグはチーム戦ではあるものの、ルール上、1on1で絶対無敗の選手がひとりいれば、Set2とSet3をとることができる。

もちろん総合的なチーム力は必要不可欠ではあるが、実際問題、みかん坊ややX-bow Masterといった絶対的エースがいるチームが優位な状況をみればその事実は明らかである。クラロワリーグシーズン2は、1on1のコアプレイヤーの有無が勝率を大きく左右するのだ。

FAV Gamingはこれまで、RAD×焼き鳥ペアという、2on2ではアジア1位のコンビがいながら、1on1で勝ちきれず、惜しいMatchをいくつか落としてきた。

しかし、ここでだに選手というチームの柱が産まれたことで、チームの勝ち筋もはっきり確立された。

もちろん、だに選手は今後、徹底的に研究され、一時的に勝てなくなる時期があるかもしれない。しかしその際はチームの強みである2on2が逆に彼を助けることになるだろう。

先の言い方と矛盾するようだが、クラロワリーグはひとりでもチームを勝ちに導けるが、ずっと勝ち続けるにはチーム全員の力が必要なのだ。

当然、だにの活躍に刺激を受ける立場のけんつめし、Oz選手への好影響も間違いない。

FAV Gamingの今後に注目である。

(BY ponta

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る