ファミ通AppVS 新着記事

『PUBG MOBILE』がコラボに向けて動き出す!ロードマップとして今後の展開目標が語られる【TGS2018】

オンライン大会も開催予定!?

2018年9月20日より開催されている東京ゲームショウ2018に『PUBG』が出展! 出展社の中で最大規模のサイズとなっているブースには、海外のesportsシーンを彷彿とさせる巨大なステージと『PUBG MOBILE』試遊体験スペースが用意されているほか、新マップ“Sanhok(サノック)”をイメージしたフォトスポットが用意されている。

DSC_3827
DSC_3830

そんなブースでの最初のイベントは、PUBG社CEOのキム・チャンハン氏とPUBG 社Tokyoオフィス室長の井上洋一郎氏が登壇して『PUBG MOBILE』の今後の展望を語るステージ。

まず最初に登壇したキム氏は「日本の皆様からは、想像以上の熱い反応をもらっていてうれしいです」との挨拶から始まり、「『PUBG MOBILE』を、今後さらにおもしろいゲームとして発展させていくため、ユーザーの皆様の声にはしっかりと耳を傾けていきたい。要望は引き続き寄せてほしい。」と語ってくれた。

DSC_3846

続いて登壇した井上氏は、Q4 ROADMAPとして今後のアップデートの方向性を語った。

アプリ版である『PUBG MOBILE』がリリースからわずか4ヵ月でPC版に追いついたという事実を振り返りつつ、この冬にPC版で追加が予定されている雪原をモチーフにした新マップについても、このスピード感を維持し続けてPC版とほぼ同タイミングでモバイル版にも実装する予定であることが語られた。

DSC_3857
DSC_3863

そして本ステージの肝となる今後のアップデートの方向性発表では、オンライン大会システム、ハロウィンイベント、新ZOMBIEモード、IPコラボという4つの軸で、その方向性を示した。

DSC_3867

オンライン大会システムは、コアユーザーから多く寄せられる大会を希望する声に応じて開催されるもの。クランでSQUADトーナメントを行い、その結果に応じて取得するランキングポイントを競うものになるという想定で開発が進められている。

DSC_3869

ハロウィンイベントはそのままの内容。しかし、ただハロウィン仕様のスキンが実装されるだけでなく夜という概念がプレイにも反映される可能性が、公開された画像で示唆された。

DSC_3870

新ZOMBIEモードは、PC版のZOMBIEモードとはまったく別物となるモバイル版オリジナル要素となるようだ。具体的にどのようなコンテンツが楽しめるのかまでは語られなかったが、今後の展開を楽しみにしておこう。

DSC_3872

IPとのコラボについては、コミックやゲームを始めとする、グローバルでも強いIPとコラボをする施策になる予定であり、さらに来年初旬に発表出来るように準備を進めている段階であることが語られた。どのようなコラボイベントが開催されるのか、気になるところだ。

DSC_3874

最後に、井上氏は“PUBG MOBILE Tourunament?”というスライドを映し出し、2018年中には配信者(ストリーマー)向けの大会を開催する予定であることを発表。こちらについては年末に向けてすでに動き出しているということなので、ストリーマーはもちろん、イベントを視聴したいという人も、今後の報せには注意を向けておくといいだろう。

DSC_3876

さらに、10月末にはesportsイベント“RAGE”に『PUBG MOBILE』が再登場を果たすという。

以上がPUBG社が語る、今後の『PUBG MOBILE』のロードマップ。今回発表されたものは、あくまでもロードマップであるため、それぞれの具体的な実装時期や開催時期は未定。しかしどれもファンにはうれしい内容となっているので、続報には期待しておこう。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る