ファミ通AppVS 新着記事

“クラロワリーグ アジア”シーズン2開幕!勝敗はほぼ横並び!?各チームに対戦のインタビューを実施

勝敗はほぼ横並び

『クラッシュ・ロワイヤル』(以下『クラロワ』)の公式プロ大会”クラロワリーグ アジア”。2018年8月26日に、シーズンWeek1 Day3が実施され、日本の4チームが試合を行った。試合結果は以下の通り。

【クラロワリーグ アジア試合結果】

○GameWith 対 PONOS Sports×

×FAV Gaming 対 DetonatioN Gaming○

×GameWith 対 FAV Gaming○

DetonatioN Gaming 1勝

FAV Gaming 1勝1敗

GameWith 1勝1敗

PONOS Sports 1杯

cr0826-0005

▲1戦目はGameWithが勝利。

 cr0826-0038

▲2戦目はDetonatioN Gamingが勝利。

 cr0826-0058

▲3戦目はFAV Gamingが勝利。

なお、試合終了後に各チームの選手にインタビューを実施したのでそちらもチェック。

PONOS Sports

 cr0826-0039

▲左からみかん坊や、天GOD、ライキジョーンズ、Rolaporon、フチ。Rolaporon選手は今シーズンから参戦。

――シーズン2の1戦目を戦ってみていかがでしたか?

みかん坊や 甘いですね。全員甘いです。

――環境が大きく変わったことも戦いに影響しましたか?

みかん坊や バランスが変わったこともそうなんですが、対戦のルールも大きく変わって。とくにデッキ変更タイムが短くなって、デッキを組める個数が変わりました。

――Rolaporon選手はシーズン2からの参戦でしたが、戦ってみた感想は?

Rolaporon さきほどみかん選手も言ってましたが、1分でデッキをたくさん出すのがぜんぜんできませんでした。

――トルネードのミスなどもありましたが、ご自身のパフォーマンスは十分に発揮できましたか?

Rolaporon プレイ自体はトルネードのミスくらいだったのですが、やはりデッキがつくれなかったですね。

――ライキジョーンズ選手は、ご自身の戦いを振り返っていかがでしょう?

ライキジョーンズ 個人的には、2セット目で勝って次につなげることができたんですが、3セット目で自分がもう一人くらい抜いて、大将までもっていければもうちょっと楽だったかなと。最後は、デッキ選択の時点で相手に負けていたので、相手が一枚上手でしたね。

ライキジョーンズ いままでああいった感じのデッキを使っていなくて、1v1の相手がアマテラス選手かユイヒイロ選手が来ると思っていて。その二人が大型が得意な選手なので、大型に強いデッキを中心に練習しました。

 cr0826-0023

――天GOD選手は2v2に出場されてましたね。

天GOD シーズン1と違ってBANカードが30分前に発表されるので、30分以内でいろいろ対策が立てられるんです。そこをうまく利用できず、プレイもミスが多かったので鍛え直して次の試合でがんばりたいと思います。

――フチ選手は、今回は出場せずに応援に回っていた形でしたが。

フチ 1v1の試合はすべてが接戦で、寿命が縮まる思いでした。最後の試合も、見ながら声をあげてました。

――最後の試合はみかん選手も声あげてましたよね。

みかん坊や 勝ったと思ってガッツポーズまでしといて、「おや? まじかよー」と思いました(笑)。

cr0826-0031

――シーズン1で優勝して大本命であるところ、1回戦で負けてしまったショックはありますか?

みかん坊や 勝つ気ではあるんですが、向こうももちろん優勝を狙っていて。GameWithさんもシーズン1の成績がよくて、どっちが勝ってもおかしくなかったと思います。BANカードが発表されてからの30分の相談や、前もっての段階も足りなかったかなと思います。

――チームとして手ごたえを感じたことは?

みかん坊や ライキ選手が1v1で勝って、3セット目でもひとり抜いたのが、今回一番良かったところです。

DetonatioN Gaming

 cr0826-0059

▲左からピラメキ、Lewis、koo、天ぷら。

――シーズン1では日本国内では4番目の順位でしたが、その反省点から活かしたことなどはありますか?

Lewis チームみんなでの練習時間を多く取りました。そういった面で、チーム内での連携も前シーズンよりうまく取れたと思っています。

――シーズン1から環境も大きく変わりましたが、それに応じて対策、戦術作りは意識しましたか?

Lewis 2v2ではロイヤルホグを使って2勝できたんですが、最近の環境ではかなり強いので採用しました。

――天ぷら選手は1v1で戦ったけんつめし選手をかなり研究していたようですが。

天ぷら かなりしました。けんつめし選手にはホグが刺さると思って、それがハマりました。1セット目を取られたときに、三種の神器デッキで来ると思いました。

――けんつめし選手に勝てたことで得るものはありましたか?

天ぷら 2シーズン初戦で緊張したんですが、そこで勝てたことは自身につながってうれしかったです。

cr0826-0049

――koo選手は、Lewis選手とともに2v2で出場されましたが。

koo 日頃の練習の成果が出せました。連携がうまくいって、ミスなくできと思います。

――ピラメキ選手はほかの選手たちの戦いを見ていかがでしたか。

ピラメキ 2v2はストレートで勝ってくれて、天ぷら選手も対策を立てた通りにデッキがうまく刺さって勝てたので、盤石な勝利かなと思いました。

――シーズン2に向けて今後の意気込みをお願いします。

Lewis シーズン1では本当に悔しい思いをしました。シーズン2では絶対にやり返すぞ、という強い気持ちをもって今回の試合に臨みました。この勢いのままシーズン2を突っ走って優勝できるように全力で戦っていきます。

GameWith

 cr0826-0075

▲左からユイヒイロ、アマテラス、ZEROS、shun、KK19212。

――初日は1勝1敗という形で終わましたが、戦った感想をお願いします。

アマテラス 最初の試合なので一番大事だと思いました。1勝1敗という結果は悔しいです。

――うまくいったところ、改善したい点んどは見えてきましたか?

アマテラス 2v2に関してはずっと練習してきたので、よかったと思います。

 cr0826-0014

――シーズン2から環境が変わりましたが、その点はいかがでした?

shun 僕的にはライキジョーンズ選手に3戦連続で使われたロイヤルホグが、トラウマ並みですね。ムートにロイヤルホグがつられてしまったり……。ロイヤルホグを対策したデッキだったんですが、それでも止めきれなかったです。バルキリーやムートにもかなりやられましたね。

――KK19212選手は、PONOS Sportsとの試合では、3セット目で激闘をくり広げましたね。

KK19212 みかん選手との試合は、どっちが勝つか最後まで本当にわからない展開でしたが、勝ててよかったです。終わった瞬間負けたと思ったら、勝ってました(笑)。

 cr0826-0032

――逆に、ZEROS選手は、ほんのわずかな差でけんつめし選手に負けてしまいましたが…。

ZEROS あれは、相手の勝ち筋をつぶしてから決めればよかったんですが、勝ち急いでし、未熟さが出てしまいました。本番でも落ち着いたプレイができるメンタルにしたいです。

FAV Gaming

 cr0826-0086

▲左からだに、RAD、けんつめし、焼き鳥、Oz。

――1勝1敗という結果でしたが、初戦を振り返ってみた感想は?

けんつめし 初戦を落としてしまったのは残念でした。2v2でもシーズン1でMVPのRAD&焼き鳥ペアがストレートに負けてしまい、チーム自体も同様してしまったところもあり、そのあと1v1で自分が勝ち切れなかったのは、自分の実力不足だと思います。1戦目はまたじっくり振り返りたいと思います。課題だらけです。

――2戦目はいかがでしたか?

けんつめし 1戦目からの連戦だったんですが、気持ちを切り替えて2v2で勝ってくれて。そのあと自分もなんとか最後まであきらめずにつかめた1勝でした。シーズン1ではGameWithには負けてしまったので、まずリベンジは果たせたかなと。いいスタートは切れたと思います。

――RAD選手、焼き鳥選手は、1回戦で負けてしまったことについて、要員はありますか?

RAD ロイヤルホグも少しは警戒していたんですが、それが来られると一番きついなっていうのが来てしまいました。

――2戦目では、完全に切り替えて挑んだと。

RAD そうですね。もしロイヤルホグが来た場合のことも考えて、カードを修正して挑みました。

焼き鳥 2戦目はカードを変えたことによってしっかり勝ち切れたので良かったです。

――巨スケを盾にしつつロイジャイで攻めるという形ですよね。たまに巨スケが前に言ってたのは何か狙いがあったのですか?

RAD あれは事故です(笑)。それによってターゲットがいい感じにずれたことはありましたが偶然ですね。

 cr0826-0066

――けんつめし選手は1回戦目はうまくメタられた感じでしょうか。

けんつめし デッキの読みは当たっていて、ユニークなホグデッキが来るのがわかったうえで、こちらのデッキ選出と攻略方法がまだまだ甘かったです。悔しいです。

――2回戦目もかなりギリギリでしたね。

けんつめし 使い込みが足りないデッキを使わざるを得なかったです。相手のデッキは想定していたんですが、それに対する準備がまだまだ足りなかったですね。勝てたのは運が良かったです。気を引き締めて次に向かいます。

――勝利できたことで、自分の中で自信につながりましたか?

けんつめし 正直、今日のできは自分の中ではヘコんでいます。最悪のできだと思いっています。それでも勝ち切れたので、つぎは圧巻できるようにがんばります。

 cr0826-0073

――だに選手は今回リザーバーでしたが、戦いを見ていかがでしたか。

だに 最後、けんつめし選手があきらめずに勝ってくれたのでよかったです。もう出る準備していたので(笑)。

――OZ選手はいかがですか。

Oz Detonation Gamingさんとの試合を落としてしまって、それを引きづってしまうと一番まずいと思っていました。そこをメンバーがしっかり切り替えて修正して、2戦目はしっかり勝ってくれたので良かったです。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る