ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】日韓カリスマ対決!Ponosの門番みかん坊やが韓国の天才を撃退!:Week6 Day2の結果

Week6 Day2の試合結果

2018年6月2日に行われた『クラロワ』公式esportsリーグ“クラロワリーグinアジア”。韓国遠征の2日目。

GameWithとPONOS Sports が勝利し、アジア1位、2位の地位を堅固なものにした。

とくにPONOS Sportsのみかん坊やは韓国のカリスマ、X-bow masterと3セット目で戦い圧勝。現在アジアで勝利数1位の強さを見せつけた。

result
▲試合結果。

順位表

standing1
standing2
▲順位表。

クラロワリーグルール

・セット1:1on1

・セット2:2on2

・セット3:1on1(セット2までに2勝の場合は行わない)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚のカードを使わずに対戦

・タイブレーカールール:必ず決着を付けるルール

Match1 PONOS Sports vs KING-ZONE DragonX

2勝1敗で PONOS Sportsの勝利。

■第1セット: フチ【PNSS】vs X-bow master【KZ】

11
▲フチ【PNSS】vs X-bow master【KZ】

※BANカードは、クロスボウ(フチ)、エリクサーポンプ(X-bow master)

・1試合目(勝者 フチ)

フチは迫撃砲ディガー。X-bow masterはディガポイデッキ。序盤から積極的に攻めていき、フチ1on1の初勝利。

・2試合目(勝者 X-bow master)

フチはテス枯渇。X-bow masterはジャイ軸のランバージャックダクネデッキ。フチは形が作れず敗北。

・3試合目(勝者 X-bow master)

フチはジャイプリ。X-bow masterは高回転巨スケエアバルーン。X-bow masterの攻めによし、守りによしの奇抜なデッキにエリクサーを使わされたフチ敗北。

■第2セット: みかん坊や/ライキジョーンズ【PNSS】vs Ho/July【KZ】

12
▲みかん坊や/ライキジョーンズ【PNSS】vs Ho/July【KZ】

※BANカードは、エアバルーン(PNSS)、トルネード(KZ)

・1試合目(勝者 KZ)

PNSSは枯渇デッキ。KZはラヴァディガーデッキ。序盤から大きくアドバンテージを奪われたPNSSの敗北。がけっぷち。

・2試合目(勝者 PNSS)

双方GPP。PNSSがエリクサーリードを得た終盤、大量のユニットで押し切って勝利。

・3試合目(勝者 PNSS)

枯渇飛び交う激しい戦い。序盤のリードを守り切ったPNSSが勝利。

■第3セット: みかん坊や【PNSS】vs X-bow master【KZ】

13
▲みかん坊や【PNSS】vs X-bow master【KZ】

※BANカードは、クロスボウ(みかん坊や)、エリクサーポンプ(X-bow master)

・1試合目(勝者 みかん坊や)

日韓カリスマ対決。みかん坊やはディガポイ。X-bow masterはラヴァルーン。みかん坊やはハンターとメガゴできれいに守りきり、ロイヤルゴーストとディガーでカウンターを決めて、完勝。

・2試合目(勝者 X-bow master)

双方ディガポイ。終始優勢のX-bow masterが勝利。

・3試合目(勝者 みかん坊や)

みかん坊やはラヴァディガーのアウトロー入り。X-bow masterはジャイ軸のダクネデッキ。みかん坊や、圧巻の勝利。カリスマ門番オレンジ魔神の地位を不動のものにする。

Match2 DetonatioN Gaming vs OGN ENTUS

2勝でOGN ENTUSの勝利。

■第1セット: ピラメキ【DNG】vs Astro【OGN】

21
▲ピラメキ【DNG】vs Astro【OGN】

※BANカードは、スケルトンラッシュ(ピラメキ)、ジャイアント(Astro)

・1試合目(勝者 Astoro)

ピラメキは枯渇デッキ。Astoroはディガポイデッキ。ピラメキがアウトローのアンチカードとして入れたボウラーが序盤、有効的に働かずダメージリードを取られ敗北。

・2試合目(勝者 Astoro)

ピラメキはホグ三銃士デッキ。Astoroは枯渇デッキ。Astoroの洗練されたプレイに対し、ピラメキのユニット出しは全体的にタイミングがかみ合わずAstoroの勝利。

■第2セット: KOO/Lewis【DNG】vs HAUL/QMills【OGN】

22
▲KOO/Lewis【DNG】vs HAUL/QMills【OGN】

※BANカードは、ラヴァハウンド(DNG)、トルネード(OGN)

・1試合目(勝者 OGN)

双方ゴレデッキ。不利なDNGがスケラで逆転をうかがうも、序盤からのダメージリードを生かしたOGN勝利。

・2試合目(勝者 DNG)

双方ゴレデッキ。レイジでタワーを一気にへし折り逆転勝利。

・3試合目(勝者 OGN)

双方ゴレデッキ。OGNがカウンターでとどめを刺し勝利。

Match3 GameWith vs http://OP.GG Skeleton

2勝でGameWithの勝利。

■第1セット: kk19212【GW】vs JinTV【OPGG】

31
▲kk19212【GW】vs JinTV【OPGG】

※BANカードは、三銃士(kk19212)、ゴブリンの小屋(JinTV)

・1試合目(勝者 JinTV)

KKはクロスボウデッキ。JinTVはゴレダクネクロ。JinTVの勝利。

・2試合目(勝者 kk19212)

KKはスケラデッキ。JinTVはディガポイデッキ。kkはポイズンやダークプリンスで着実にダメージを稼ぎ勝利。

・3試合目(勝者 kk19212)

kkはディガーバルーンペッカ。JinTVはゴレダクネクロ。kkはペッカによる相性良しを生かして守ったあと、カウンターバルーンで左のタワーを見事落とす。うれしい1on1初勝利。

■第2セット: アマテラス/ユイヒイロ【GW】vs EuiChan/Chasyu【OPGG】

32
▲アマテラス/ユイヒイロ【GW】vs EuiChan/Chasyu【OPGG】

※BANカードは、トルネード(GW)、ゴーレム(OPGG)

・1試合目(勝者 GW)

GWはディガポイ。OPGGはクロスボウ。GWはいい位置のポイズンでタワーとクロスボウを消耗させていき、ダメージリードを取り勝利。

・2試合目(勝者 OPGG)

GWはディガポイラバルーン。OPGGはラバディガポイ。OPGGが乱戦を制して勝利。

・3試合目(勝者 GW)

GWはディガポイ。OPGGはラバ軸。GWはコウモリやメガゴ厚めで対空ばっちり。前半のリードを生かして勝利。

感想

激しく同意、なのである。

(BY ponta

pontasmile

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る