ファミ通AppVS 新着記事

【モンスト】新たなプロチームが誕生!モンストグランプリ2018 チャンピオンシップ 中部予選大会でGVチームが輝く

タイムアタックを一番手で挑んだ“ᎶᏤ”が頂点まで爆走

2018年5月20日、ミクシィのXFLAG スタジオは、愛知県の名古屋市中小企業振興会館にて『モンスターストライク』のナンバー1チームを決する大会“モンストグランプリ 2018 チャンピオンシップ”の中部地区予選大会を開催した。

check_monmaga34_h4_ol

“モンストグランプリ2018 チャンピオンシップ”とは?

『モンスターストライク スタジアム』を使用した4対4のチーム戦で争う大会。今回は、北海道・東北、関東、中部、関西、九州の5ヵ所で地区予選大会を開催。予選大会で優勝したチームは、7月1日の決勝大会出場権に加え、『モンスト』プロ選手の権利が与えられる。

バトルラウンド観覧希望者も朝から会場に

予選大会の3会場目となる中部地区。開場は10時を予定されていたが、その前から会場に足を運んでいたチームも多く、10時前から選手たちが続々とタイムアタックラウンドのエリアに入場。さらに、16時に開始されるバトルラウンドを会場で楽しみたい人が整理券を求めて朝から列を作って並んでいたりと、早々に参加者たちの熱量を感じられた。

地区予選名古屋01

タイムアタックラウンドでは、最初に挑んだチームのᎶᏤが2分25秒88をたたき出し、幸先のいいスタート。選手たちは「いつもよりも10秒ぐらい遅いが、緊張していたので納得のタイムでした」とコメント。

地区予選名古屋02

予選は一発勝負のうえ、上位8位に入ったチームのみがバトルラウンドに進出できることもあり、大会になれたプレイヤーでも緊張する場。また、中部予選の会場にはテレビ局のカメラも入り、他会場とは少し違った雰囲気を感じられた。

地方予選名古屋03
 地区予選名古屋03
 地区予選名古屋05
▲ほかの会場と同様に、タイムアタックの挑戦を終えたチームのみが暫定順位表を確認できる。ただし、上位8チームに入れるかは最後までわからない。

中部予選大会に出場したチームの中で、とくに注目を集めていたのがLMBulldozer。すでに挑戦を終えたプレイヤーもタイムアタックの様子をうかがうほどで、そのクリアータイムは2分26秒44を記録し、期待通りにタイムアタックラウンドを2位で通過した。

予選大会名古屋06
地区大会名古屋07

中部予選大会のタイムアタックラウンドは約4時間半ほど実施され、15時になったタイミングでバトルラウンドに進出できるチームが発表。上位8チームは以下の通り。

▼中部予選大会 バトルラウンド進出チーム(クリアータイム順)

・ᎶᏤ

・LMBulldozer

・一撃.Ltd

・どんどんススムンガ

・I.MY.ミー

・とろけるフレンチトースト

・もんすとはじめました

・もろたで

熱いユーザーたちを魅了するシーンの連続

バトルラウンドでは、2チームで対戦を行い、先にクリアーしたほうが勝利。ベスト8の試合では“狐雨の魔将軍”ステージ、準決勝では“赤刃の鬼将”ステージで争われ、決勝戦のみは“樹花の高僧”、“狐雨の魔将軍”、“赤刃の鬼将”の3ステージで2本先取ルールにて争われた。

 地方予選名古屋09
▲バトルラウンドでは、XFLAG中の人のベイビーかわけとりえくっすがMCで登壇。タイガー桜井と宮坊の解説のもと、試合が進められた。
トーナメント400
▲今大会からのルールで、タイムアタックラウンドの1位チームから順に、バトルラウンドで使用されるトーナメント表の組み合わせ位置を指定できる。

バトルラウンドの試合でも注目を集めたのはLMBulldozerチーム。ベスト8の試合では、これまでの攻略法とは異なる対処法で5ステージ目を突破して会場を沸かしたが、準決勝のどんどんススムンガとの対決で接戦のすえ姿を消してしまう。

また、もう一方の準決勝の一撃.LtdとᎶᏤの対決も大接戦。逆転が続く試合展開で最後のボスステージに突入タイムがほぼ同じタイミング。ボスのHPを削りきるまで勝者がわからない状況の中、決勝にコマを進めたのはᎶᏤだった。

地区予選名古屋10
▲中部予選大会の決勝戦で、どんどんススムンガ(写真左)とᎶᏤ(写真右)が激突。

決勝戦の第1試合では、どんどんススムンガが選んだモンスターの組み合わせがほかのチームと異なっていたことでユーザーを目を引いたが、タイムアタックラウンドで1位で通過したᎶᏤが最終ステージでボスをHPを一気に奪うことに成功し、勝利をものにする。

地区予選名古屋11

続く決勝戦の第2試合では、同じ対処法でミスなくステージを突破していく2チームだったが、ステージ5で異なる展開に。ザコ処理は無視してキャラクターの配置を行ったどんどんススムンガに対して、ᎶᏤはザコ処理を行って敵の攻撃時間を短くする作戦で対向。ラストステージに1歩早く突入したᎶᏤだったが、どんどんススムンガがザコ処理を1手で行っい、スムーズにボスのHPを奪って勝利した。

地区予選名古屋12

優勝が決まる第3試合では、オセロー(獣神化)とマナ(進化)の2体をどんどんススムンガがピックしたのに対し、“赤刃の鬼将”キャラクター使用率ランキングのTOP3をすべて選択したᎶᏤ。この試合も逆転が続く展開となり、決勝戦らしい対決に。その結果は、最終ステージの攻略をいち早く行ったᎶᏤに軍配が上がり、中部予選大会の頂点に輝いた。

地区予選名古屋13

■【中部予選大会】モンストグランプリ2018チャンピオンシップ地方予選大会【モンスト公式】

https://youtu.be/efYMvQ-hMT4

モンスターマガジン最新号!

MM34_h1-200 『モンスト』公式マガジン第34弾

モンスターマガジン No.34
好評発売中

攻略動画、やってます。

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る