ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】通算7勝1敗で日本の強さが目立った日韓戦!クラロワリーグWeek3 Day3の試合結果

Week3 Day3の試合結果

2018年5月13日のWeek3 Day3 では日本2チームは国内で韓国チームと戦った。

勝敗結果は下記の通り、日本の1勝1敗となり、これでWeek3の通算成績は日本7勝、韓国1勝となった。

韓国は一矢報いたとはいえ、全体として日本の強さ、そしてホームの勢いが目立つ結果となった。

result
▲試合結果。日本の1勝1敗

順位表

クラロワリーグルール

・セット1:1on1

・セット2:2on2

・セット3:1on1(セット2までに2勝の場合は行わない)

・BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚のカードを使わずに対戦

・タイブレーカールール:必ず決着を付けるルール

【Match1 】 Set1: Set2: Edo/Sinchu【SB】vs Lewis/koo【DNG】

Match1: SANDBOX vs DetonatioN Gaming

2勝1敗でSANDBOX の勝利。SANDBOX はWeek3にして初勝利。

13w
▲Beaver選手の神がかり的な、クロスボウに対するテスラ設置読みに思わず拍手で讃えるLewis選手

■第1セット:Beaver【SB】vs ピラメキ【DNG】

11
▲Beaver【SB】vs ピラメキ【DNG】

※BANカードは、トルネード(Beaver)、ゴブリンの小屋(ピラメキ)

・1試合目(勝者:Beaver)

ピラメキはディガポイペッカ。Beaverはホグ三銃士。Beaverはハンターやユーノで左右にゆさぶりをかけ圧倒。ピラメキはディガポイを出せずに敗北。

・2試合目(勝者:Beaver)

1試合目とデッキが入れ替わった形。ピラメキはホグ三銃士。Beaverはディガバルーンペッカ。右サイドから出されたBeaverのアイゴレバルーンに、三銃士の対応が間に合わず敗北。

■第2セット:Edo/Sinchu【SB】vs Lewis/koo【DNG】

21
▲Edo/Sinchu【SB】vs Lewis/koo【DNG】

※BANカードは、ロケット(SB)、エアバルーン(DNG)

・1試合目(勝者:SB)

ゴーレムを主軸にしたSB。巨大スケルトンのDNG。左右からゴーレムで攻め立て、後半に形を作り続けたSBの勝ち。

・2試合目(勝者:DNG)

DNGは対ゴーレム用にデッキに組み込んだペッカが序盤から活躍、早々に左タワーを落として勝利。

・3試合目(勝者:DNG)

DNGのゴーレムペッカが引き続きSBのゴーレムデッキに対していい働き。後半のここぞのタイミングにDNGのスケラポイズンも刺さった。全体的にエリクサーアドバンテージを取って勝利。

■第3セット:Beaver【SB】 vs Lewis【DNG】

13
▲Beaver【SB】 vs Lewis【DNG】

※BANカードは、トルネード(Beaver)、ゴブリンの小屋(Lewis)

・1試合目(勝者:Beaver)

お互いまったく同じカードを使ったクロスボウデッキ。両選手、先読みしあいながらのシビアな戦いで、一瞬のタゲ取りの綾でタワーに大ダメージの入ったLewis選手の敗北、

・2試合目(勝者:Beaver)

Lewisは1試合目と同じデッキ。Beaverはホグデッキ。BeaverはLewisの残エリクサーまで読み切って、クロスボウの置かれるより早く防衛テスラを置く神PSを披露。

Match1: Match2 KING-ZONE DragonX vs GameWith

2勝1敗でGameWith の勝利。

23w
▲アマテラス選手の攻撃に、両手のひらを上に向ける韓国のエースX bow master選手

■第1セット: X bow master【KZ】vs KK19212【GW】

21
▲ X bow master【KZ】vs KK19212【GW】

※BANカードは、エリクサーポンプ(X bow master)、クロスボウ(KK19212)

・1試合目(勝者:X bow master)

X bow masterはエリクサーポンプをBANしながらのゴーレムデッキ。KKはスケラデッキ。X bow masterはゴーレムを迎え撃つユニットをライトニングで破壊。ゴーレムごり押しで楽々勝利。

・2試合目(勝者:KK19212)

KKは得意の枯渇デッキを選択。X bow masterはトルネードとローリングウッドを所持しているためKKは不利。しかし粘り強くコツコツとバレルを飛ばしていったKKの辛抱勝ち。

・3試合目(勝者:X bow master)

KKは枯渇。X bow masterはゴーレムデッキ。後半1分、エリクサー2倍タイムに入ってからのゴーレム進撃に耐え切れずKK敗北。

■第2セット:Ho/Big Daddy【KZ】vs アマテラス/ユイヒイロ【GW】

22
▲Ho/Big Daddy【KZ】vs アマテラス/ユイヒイロ【GW】

※BANカードは、エアバルーン(KZ)、トルネード(GW)

・1試合目(勝者:KZ)

KZはラヴァインドラデッキ。GWはゴーレム読みでデッキに入れたペッカが受けに使えず苦労。接戦の末にKZ勝利。

・2試合目(勝者:GW)

GWはラヴァインドラデッキに変更。KZはゴレプリプリ。中盤に作った優勢を守り切りKZ勝利。

・3試合目(勝者:GW)

どちらが勝つかわからない接戦を制したGWの勝利。

■第3セット: X bow master【KZ】 vs アマテラス【GW】

23
▲X bow master【SB】 vs アマテラス【GW】

※BANカードは、エリクサーポンプ(X bow master)、クロスボウ(アマテラス)

・1試合目(勝者:アマテラス)

世界大会に出場した選手同士の対決。アマテラスはゴーレムデッキ。X bow masterは三銃士デッキ。序盤、左を攻めたふたりのマスケット銃士を盾の戦士で綺麗に処理したアマテラスが右タワーをゴーレムで落とし勝利。

・2試合目(勝者:X bow master)

アマテラスはホグ三銃士。しかしX bow masterのディガー枯渇の連続攻撃にユニットとエリクサーが枯渇し、防ぎきれず敗北。

・3試合目(勝者:アマテラス)

同じサイドでぶつかり合うゴーレムデッキ。アマテラスは敵のサブユニットをトルネードでしっかり処理して会心の勝利。

感想

クラロワのWeek3日韓戦は日本側の7勝1敗と大きな勝ち越しで幕を閉じた。これが日本の地力の強さなのか、それともホームの利点なのか。もちろん地力ではあると思うが、アウェーになったときに日本にいるときのような力を発揮できるのか。来週の台湾戦がいまから楽しみである。

(BY ponta

pontasmile

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る