ファミ通AppVS 新着記事

【クラロワ】”クラロワリーグinアジア”日本チームの総当たり戦が終了!混戦深まるWeek2 Day3の試合結果

Week2 Day3の試合結果

『クラッシュ・ロワイヤル』(以下『クラロワ』)で、公式のesportsリーグ”クラロワリーグ”が先週に引き続き行われた。

2018年5月6日のWeek2 では日本の4チームが戦い、勝敗結果は下記の通り。

3result
▲試合結果

その結果、PONOS SportsとGameWithが2勝1敗で並び、FAV gaming(ファミ通App)とDetonatioN Gamingが1勝2敗となった。

クラロワリーグルール

  • セット1:1on1
  • セット2:2on2
  • セット3:1on1(セット2までにどちらかのチームが2勝した場合は行わない)
  • BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚のカードを使わずに対戦
  • タイブレーカールール:特定の試合が引き分けだった場合、必ず決着を付ける

Match1: PONOS Sports vs DetonatioN Gaming

第1セット、第2セットを連取したPONOS Sportsの勝利。

122W
▲喜ぶみかん坊や選手とフチ選手

■第1セット:天GOD(PONOS Sports) vs Lewis(DetonatioN Gaming):PONOS Sportsが2勝

11
▲天GOD vs Lewis

※BANカードは、エリクサーポンプ(天GOD)、ジャイアント(Lewis)

・1試合目(勝者 天GOD:PONOS Sports)

エリクサーポンプが使えず、両者ディガーとペッカを主軸とした高回転デッキ。激しいディガーの差し合いを制した天GODの勝利。

・2試合目(勝者 天GOD:PONOS Sports)

1試合目に続いて2試合目も、スケルトンラッシュとポイズンの両者似たようなデッキ。防衛でしっかりユニットを貯めてのカウンターに成功した天GODがスケルトンラッシュで勝利。

■第2セット:みかん坊や/フチ(PONOS Sports) vs まつもとん/ピラメキ(DetonatioN Gaming):PONOS Sportsが2勝

12
▲みかん坊や/フチ vs まつもとん/ピラメキ

※BANカードは、トルネード(みかん坊や/フチ)、ゴーレム(まつもとん/ピラメキ)

・1試合目(勝者 みかん坊や/フチ:PONOS Sports)

PONOS SportsはゴーレムBANを受けてのラヴァハウンドデッキ。DetonatioN Gamingはジャイプリプリデッキ。

PONOS Sportsはラヴァ2体を進軍させつつ、的確なディガー削りを加えタワーを折った。

・2試合目(勝者 みかん坊や/フチ:PONOS Sports)

1試合目とほぼ同じデッキ同士の勝負。1試合目同様の戦術でPONOS Sportsが勝利。

Match2:GameWith vs DetonatioN Gaming

第1セット、第2セットを連取したDetonatioN Gaming の勝利。

222W
▲ガッツポーズをするLewis/koo両選手

■第1セット:KK19212(GameWith) vs ピラメキ(DetonatioN Gaming):DetonatioN Gamingが2勝1敗

21
▲KK19212 vs ピラメキ

※BANカードは、エリクサーポンプ(KK19212)、ゴブリンバレル(ピラメキ)

・1試合目(勝者 ピラメキ:DetonatioN Gaming)

両者ディガーとペッカを主軸とした類似のデッキ。ダメージは途中までKK19212がリードしていたが、終盤にユーノの突撃ダメージで一気にひっくり返したピラメキ氏の逆転勝利。

・2試合目(勝者 KK19212:GameWith)

これまた両者類似の、ジャイプリプリデッキ。騎士と騎士のぶつかりあいは、エレクトロウィザードでジャイアントやプリンスをしのいだKK19212の勝利。

・3試合目(勝者 ピラメキ:DetonatioN Gaming)

勝った勢いそのままに、ジャイプリプリデッキを流用するKK19212に対し、ペッカとディガーの1試合目デッキに戻したピラメキ。

相性的にはピラメキ有利のため、KK19212はなかなかジャイアントが出せない。ピラメキはロイヤルゴーストとペッカでタワーにダメージを与え勝ちをもぎとった。

■第2セット:アマテラス/ユイヒイロ(GameWith)vs Lewis/koo(DetonatioN Gaming):DetonatioN Gamingが2勝

22
▲アマテラス/ユイヒイロ vs Lewis/koo

※BANカードは、トルネード(アマテラス/ユイヒイロ)、エアバルーン(Lewis/koo)

・1試合目(勝者 Lewis/koo:DetonatioN Gaming)

DetonatioN Gamingはゴレペッカ戦術。そのペッカが右タワー付近で無双。タワーを早々に落として勝利。

・2試合目(勝者 Lewis/koo:DetonatioN Gaming)

ゴレデッキ同士。ゴーレムプラスのスケラポイズンで右に続いて左のタワーも落としたDetonatioN Gamingの勝利。

Match3:PONOS Sports vs FAV gaming

PONOS Sportsが第1セットを先取。FAV gamingが第2セットを取り意地を見せるも第3セットを取られてしまい、PONOS Sportsの勝利。

312W
▲勝利の瞬間のライキジョーンズ選手

■第1セット:ライキジョーンズ(PONOS Sports) vs けんつめし(FAV gaming):PONOS Sports が2勝

31
▲ライキジョーンズ vs けんつめし

※BANカードは、クロスボウ(ライキジョーンズ)、三銃士(けんつめし)

・1試合目(勝者 ライキジョーンズ:PONOS Sports)

けんつめしはエアバルーンを流してはそのたびに必ず1発、相手タワーにダメージを入れるものの、ライキジョーンズは2発までは許さず、逆にホグで左のタワーにダメージを与え続けて紙一重の勝利を飾った。

・2試合目(勝者 ライキジョーンズ:PONOS Sports)

けんつめしは得意のゴーレムデッキで挑み、序盤にエリクサーポンプを建てるも、ライキジョーンズはダークプリンス、攻城バーバリアンで一気に右のタワーに突撃する。

迎撃にあたったけんつめしのガーゴイルの群れもファイアーボールで消し飛ばされ、なすすべなくタワーは落ちた。デッキ予想を完全に的中させたPONOS Sportsが2試合目の勝利ももぎ取った。

■第2セット:フチ/みかん坊や(PONOS Sports)vs RAD/焼き鳥(FAV gaming):FAV gaming が2勝1敗

32
▲フチ/みかん坊や vs RAD/焼き鳥

※BANカードは、エアバルーン(フチ/みかん坊や)、トルネード(RAD/焼き鳥)

・1試合目(勝者 フチ/みかん坊や :PONOS Sports)

PONOS Sportsはラヴァハウンドデッキ。FAV gamingはゴーレムデッキ。Match1同様のラヴァ押しと、墓石とインフェルノドラゴンを有効に使った防御でPONOSの勝利。

・2試合目(勝者 RAD/焼き鳥 :FAV gaming)

PONOS は協力プレイで3連勝中のラバデッキを自信をもってそのまま流用。

追い込まれたFAV gamingはゴーレムデッキは1試合目と同じながら、混戦を生き残ったインフェルノドラゴンが右のタワーを制した。

・3試合目(勝者 RAD/焼き鳥 :FAV gaming)

FAV gamingはゴーレム、PONOSはラヴァを使用。PONOS Sportsのラヴァがタワーに届いた際のフリーズで試合が決まったかと思われたが、FAV gamingの見事なファイアーボールで形勢逆転。レイジを使って混戦を有利に進めて会心の勝利。

■第3セット:みかん坊や(PONOS Sports)vs 焼き鳥(FAV gaming):PONOS Sports が2勝

33
▲みかん坊やvs 焼き鳥

※BANカードは、クロスボウ(みかん坊や)、トルネード(焼き鳥)

・1試合目(勝者 みかん坊や :PONOS Sports)

焼き鳥はディガーでタワーに細かくダメージを与えていくデッキ。対するみかん坊やは焼き鳥のディガーをあえて無視し、ジャイプリプリでゴリゴリ押していくことで早々に右タワーを折って終始試合をリードした。

・2試合目(勝者 みかん坊や :PONOS Sports)

焼き鳥は1試合目と同じデッキ。みかん坊やはプリンス入りのスケルトンバレルデッキ。みかん坊やは1試合目同様、攻撃を重視した試合運びで形をつくっていき、焼き鳥のザップミスを誘い勝利をもぎ取った。

(BY ponta

pontasmile

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る