ファミ通AppVS 業界ニュース

『PUBG』のトレーニングにも最適!神経科学者がFPSトレーニングソフトを開発&アーリーアクセスとして公開中

▼スマホ版『PUBG』2作品をえっかゆっこがプレイ比較!

学術的根拠とAI分析がプレイヤーの上達をサポート!?

海外の神経学者を要する開発チームStatespaceが、FPSシーンで活躍するesportsプレイヤーのために、FPSに関するスキル(スピード、精度、反応時間、視力、意思決定力、適応力、視覚的注意力)を向上させるためのソフトウェア『Aim Lab』を開発し、Steamアーリーアクセス(※)に登録を果たした。

header

『Aim Lab』はただランダムに出てくる的を撃つだけのトレーニングソフトではなく、AIが神経科学をベースとした分析を行ってくれるという。

AimLab003

分析では、たとえば“画面左側へのフリックショットが苦手です”と特定するだけでなく、画面左側への認識精度がそもそも低いなど、さまざまな視点からデータを分析してくれるとあり、自身が何を苦手とし、何を得意としているのかが、明確にわかるようになっているとのこと。

AimLab008
AimLab_0003_レイヤー 1
AimLab_0002_レイヤー 2

『Aim Lab』を開発しているStatespaceには、少なくとも3名の神経科学博士号保有者がいるという話もあり、その知見への期待や、学者がesportsを分析するとどうなるのかという関心が寄せられ、こちらのソフト開発には多方面から注目が集まっている。

なお、現時点で『Aim Lab』はデフォルトで『PlayerUnknown’s Battlegrounds』(『PUBG』)を基準とした物理挙動を再現しているとのことだが、この設定はカスタム可能となっており、カスタム次第では他のFPSタイトルを前提とした設定を作り出すことも可能だという。

AimLab002
▲設定でFPS、TPS切り換えも可能。

しかし、あくまでも理論上は可能という話であり、個人が感覚で「あのFPSタイトルのリコイルはこんな感じだったかな」、「たぶんこんな感じの物理挙動だった気がする」と設定をしても、それが訓練に耐えうるものになるのかは未知数。

また、こちらのソフトウェアでトレーニングできるのは戦略や戦術ではなくスキル面のみ。アーリーアクセスということで、まだAIを含めてソフトウェアは未完成ということだが、今後ユーザーのデータを集めることで、その完成度は上がっていくという。

現時点ではまだまだ開発中のソフトウェア。そのため、レビューには賛否が入り交じるような結果となっている。しかし、正式リリース予定日は2018年6月とまだ遠いので、今後の開発に期待していきたい。

▼『Aim Lab』ストアページはこちら!(Steam)

※:アーリーアクセスとは、Steam側が用意している“開発途中のソフトウェア(ゲーム)”を公開する制度。ユーザーが開発者にフィードバックを送り、開発者はアーリーアクセスユーザーに更新案を提示したりと、双方向コミュニケーションにより開発が進められるといったメリットがある。

▼スマホ版『PUBG』2作品をえっかゆっこがプレイ比較!

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る