ファミ通AppVS イベントリポート

【シャドウバース】“RAGE 2017 Winter”優勝はhasu選手に決定!さらに、今後の大会情報も!

 

若き才能が魅せた電光石火の猛攻

2017年12月10日、東京・高田馬場にあるベルサール高田馬場で『シャドウバース』の賞金制大型大会“RAGE  2017 Winter”のGRAND FINALS(決勝大会)が行われた。

予選大会を勝ち抜いた8名によるトーナメントをみごと制したのはhasu選手。

GRAND FINALSに持ち込む3デッキをすべてアグロ型(前のめりな速攻型デッキ)で揃えるという環境への“解”を見出した弱冠16歳の少年は、並みいる強豪たちすら寄せ付けず自身の正しさを証明した。

ph01

3位決定戦と決勝戦の模様をプレイバック!

3位決定戦

3位決定戦で激突したのはカイト選手(エルフ/ドラゴン/ネクロマンサー)とソルト選手(エルフ/ウィッチ/ネクロマンサー)。

ph02  ph03
▲カイト選手(写真左)とソルト選手(写真右)
 ph14

両者ともにエルフを選択しているが、カイト選手はリノセウスによるバーストダメージを軸にした型、対するソルト選手はニュートラル(ビューティ&ビースト)軸とその方向性がまったく異なるのが印象的だ。

一時はソルト選手が2―0とカイト選手を追い込むも、そこからカイト選手が巻き返しを見せて勝負は最終戦のエルフミラーに。

ドロー運に恵まれたソルト選手に対し、リノセウスが引けないカイト選手。

必死に食らい付くも、サハクィエル(とイスラーフィールのコンボ)の3連打でリソースを削られ、ようやく舞い込んだリノセウスは立ちはだかる心優しき木人を突破することができずにそのままソルト選手が押し切ってミラーマッチをモノにした。

 ph15
ph04

決勝戦

決勝戦はすべてのデッキをアグロでそろえたhasu選手(エルフ/ヴァンパイア/ビショップ)と、遅めのデッキ+復讐ヴァンプの構成となる紅茶/PaR選手(ウィッチ/ドラゴン/ヴァンパイア)の対戦。

ph05 ph06
▲hasu選手(写真左)と紅茶/PaR選手(写真右)
 ph16

互いに譲らない激戦となった3位決定戦とはうって変わって、こちらはまさに電光石火。

決勝にいたるまで4連続で先攻を引き続けたhasu選手が、なんと決勝でもすべて先攻を引くというミラクルを起こす。

初戦で選んだヴァンパイアと続くビショップはどちらも6ターンで勝利し、優勝にリーチのかかったエルフvsドラゴンに至ってはわずか5ターンでの決着となった。

紅茶/PaR選手が最終戦で使ったカードは竜の託宣、ドラゴンナイト・アイラ、純心の歌い手、ドラゴサモナーの4枚のみ。

まさに問答無用の圧倒的な速度で、“RAGE  2017 Winter”をhasu選手が駆け抜けた。

 ph17
ph07

今後の“RAGE”の展開を発表!

“RAGE Shadowverse World Grand Prix”

2017年12月23~24日の2日間で開催されるもっとも直近の大会。

日本、台湾、韓国、北米、欧州からそれぞれ代表選手を選出してチーム戦を行う。

賞金総額は120000US$。日本円で約1260万円となる。

なお、23日は予選ラウンドとなるため観覧は24日のみ可能。

“RAGE Shadowverse World Grand Prix”公式サイト

 ph08

“RAGE 2018 SPRING”

『シャドウバース』の最新弾、“時空転生”(CHRONO GENESIS)リリース後の大型大会。(“RAGE Shadowverse Chronogenesis”)

東日本予選は2018年2月3~4日に東京ビッグサイトで、西日本予選は2018年2月11~12日に大阪南港ATCホールにて行われる。

決勝大会は2018年3月を予定しており、エントリーの受付は2017年12月下旬開始を予定している。

また、この大会から“RAGE”ではローテーションのフォーマットでの開催を行っていくとのこと。

GRAND FINALS出場経験者のシード権に関しては、“RAGE”優勝者は優勝した大会から1年間、準優勝~5位タイの7名には半年間に限定して付与される。

ph09

“Shadowverse premiercup TOKYO 2018”

2018年1月20~21日に東京ビッグサイトで行われるアンリミテッドフォーマットでの大会。

メイン大会のほか、株式会社DeNAトラベル提供の2pick大会なども同時開催する。

エントリー開始は2017年12月18日予定。

“Shadowverse premiercup TOKYO 2018”公式サイト

ph10

大友氏と木村プロデューサーのコメントを抜粋

大会終了後には、“RAGE”運営責任者の大友真吾氏と、『シャドウバース』総合プロデューサーの木村唯人氏から今回の“RAGE  2017 Winter”を振り返ったコメントが寄せられた。

■大友氏

ph11

本日は皆さんご来場いただきまして、また、長時間にわたり観戦していただきましてありがとうございます。

優勝したhasu選手、本当にすばらしい試合でした。おめでとうございます。

すべての試合を拝見させていただきましたが、過去最高に盛り上がる試合が多かった大会にだったと感じております。

今月末にも“RAGE Shadowverse World Grand Prix”が開催されますが、来年以降も“RAGE”は日本のesports界を引っ張っていけるように、また、皆さんにこの舞台に立ってみたいと思わせるような大会を目指していきたいと思っております。

本当に本日はありがとうございました。

■木村プロデューサー

ph12

朝からずっと試合の模様を見ていましたが、本当におもしろい試合がたくさんありました。

結果としてはhasu選手が『シャドウバース』の神に愛されてるとしか思えないゲームで優勝しましたが、ほかの7名とは異なるデッキ選びをした点などもとても素晴らしい見どころです。

決勝では惜しくも敗れてしまった紅茶/PaR選手が準決勝で見せた試合にも震えましたし、このふたりが参戦する“RAGE Shadowverse World Grand Prix”が今月末に開催されますので、今後も『シャドウバース』の展開を楽しみにしていただけたらと思います。

選手の皆さん、本日はお疲れさまでした。

また、予選に参加してくれた方、会場に足を運んでくれた方、配信を観ていただいた方、ありがとうございました。

 ph13
 ph18
 ph20

全クラスデッキ一覧と戦いかた

シャドウバース_アリサ シャドウバース_エリカ シャドウバース_イザベル シャドウバース_ローウェン
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
シャドウバース_ルナ シャドウバース_ユリアス シャドウバース_イリス シャドウバース_ネメシス
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ネメシス

 

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る