ファミ通AppVS 新着記事

プロゲーミングチームFAV gaming、2021年度公式スポンサーにv6プラス、JBL、関家具、玄人志向の4社が決定

 2021年4月1日、KADOKAWA Game Linkageは、自社で運営するプロゲーミングチームFAV gaming(ファブゲーミング)の2021年度公式スポンサーとして“v6プラス”、“JBL”、“関家具”、“玄人志向”の4社が決定したことを発表した。

FAV gaming 公式サイト

以下、リリースを引用

2021年度公式スポンサーに4社が決定!

 株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島秀介)は、自社で運営するプロゲーミングチーム“FAV gaming(ファブゲーミング)”の2021年度公式スポンサーとして、「v6プラス」(日本ネットワークイネイブラー株式会社)、「JBL」(ハーマンインターナショナル株式会社)、株式会社関家具、「玄人志向」(シー・エフ・デー販売株式会社)が決定したことをお知らせします。

 “FAV gaming”は、KADOKAWA Game Linkageがプロデュースするゲーミングチームです。2018年より本格的に活動を開始し、現在では、「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「VALORANT部門」、「Apex Legends部門」、「PUBG MOBILE部門」、「Call of Duty部門」、「ストリーマー部門」の8部門を設置。発足から3年を迎え、国内にとどまらず、世界で戦えるチームとして成長を続けています。

 この度、“FAV gaming”の2021年度公式スポンサーとして、インターネット接続サービス「v6プラス」、世界最大級のオーディオメーカー「JBL」、ゲーミング家具ブランドを展開する株式会社関家具、PCパーツブランド「玄人志向」の4つの企業・ブランドが決定しました。なお、4社については昨年度からの継続契約となります。

 KADOKAWA Game Linkageでは、“FAV gaming”所属選手の活躍の場を広げ、選手のパフォーマンスや魅力を最大限に引き出せるよう、今後もチーム運営・選手支援に全力で取り組んでまいります。

スポンサー各社・各ブランドの紹介

v6プラス(日本ネットワークイネイブラー株式会社)

 日本ネットワークイネイブラー株式会社が提供する“v6プラス”は、通信速度が低下しやすい夜間などでも快適にインターネットを楽しむことができる、次世代ネットワークを利用したインターネット接続サービスです。一瞬が勝負の分かれ目となるeスポーツの競技シーンにおいて、本サービスは最適なインターネット接続環境となります。

会社紹介

 日本ネットワークイネイブラー株式会社は、VNE事業としてISP事業者向けにIPv6インターネットを提供するためのネットワーク設備等をローミングサービスとして提供しています。ネットワーク設備等を複数のISP事業者に共同で利用していただくことによってスケールメリットを活かすことが可能となり、高品質なネットワークを高効率・低コストで提供することを実現しました。

v6プラスについて

 “v6プラス”は、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用しインターネット接続を提供するISP事業者が、IPv6及びIPv4の設備を持たずに、インターネット接続をお客さま(エンドユーザー)にご提供いただくためのサービスです。本サービスは、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービスです。

JBL(ハーマンインターナショナル株式会社)

 ゲーミングの世界では、どんなヘッドセットを使うかによって、その勝敗が大きく左右されます。創立以来、70年以上に渡る研究成果の結晶とも言える「JBL Quantum(ジェービーエルクオンタム)」は、JBLブランド初となるゲーミングに特化したヘッドセットです。

 このヘッドセットは、ゲーミングのために専用開発した最新の音響技術「JBL QuantumSOUND Signature(JBLクオンタムサウンドシグネチャー)」により、リアルな没入感をもたらす音響空間と正確な音の位置情報を提供。スリルあふれるFPS(First Person Shooter)ゲームからMOBA(Multi player Online Battle Arena)バトルまで、より確度の高いゲーミングが、このヘッドセットによって楽しめます。

会社紹介

 ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。同社のAKG、Harman Kardon、Infinity、JBL、 Lexicon、Mark Levinson、Revelを含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。

 また今日では、同社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、同社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。

JBLについて

 美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。

 家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。

 JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

株式会社関家具

会社紹介

 福岡県大川市にある家具の総合商社です。全国の家具店やインテリアショップ、通販会社などへの一般家庭向け家具の卸販売をはじめ、家具インテリアの提供や空間設計のほか、直営店での家具の販売も行なっています。暮らしを豊かに、快適さや心地良さを感じる空間やライフスタイルを提案したいとの想いから、商品の企画・開発を行っています。

 ゲーミング家具ブランド「Contieaks コンティークス」を展開し、積極的にプレイヤーとeスポーツを応援いたします。

玄人志向(シー・エフ・デー販売株式会社)

玄人志向について

 玄人志向は、シー・エフ・デー販売オリジナルの国内PCパーツブランドです。取り扱い製品はグラフィックボード、増設インターフェースボード、PC用電源、外付けHDDケースなど幅広く取り扱っております。特にグラフィックボードは、PCのeスポーツシーンには欠かせない重要なパーツであり、高性能なモデルは年々需要が高まっております。

 またパーツの提供のみならず、eスポーツが本格的に盛り上がりを見せる前から、自社でオンラインeスポーツ大会「玄人志向杯」を主催するなど、幅広くeスポーツシーンをサポートしています。

FAV gaming(ファブゲーミング)について

 “FAV gaming”とは、KADOKAWA Game Linkageがプロデュースするゲーミングチームです。現在、「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「VALORANT部門」、「Apex Legends部門」、「PUBG MOBILE部門」、「Call of Duty部門」、「ストリーマー部門」の8部門を設置しています。

 名称は、チームスローガンであるFun and Victory(楽しんで勝つ)の頭文字から採用しました。プレイ、行動を通じて、すべての世代に愛され、ファンを幸せにするチームを目標にしています。

株式会社KADOKAWA Game Linkage(カドカワ ゲーム リンケージ)について

 株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。

 『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。

  • (c) KADOKAWA Game Linkage Inc.

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る