ファミ通AppVS 新着記事

レインボーシックス Japan Championship 2020。FAVとCAGが決勝へ進出。3位に輝いたのはGUTS Gaming

 NTTドコモとユービーアイソフトが共催するPC版『レインボーシックス シージ』の国内eスポーツ大会“レインボーシックス Japan Championship 2020”の決勝大会が、2020年10月17日に開幕。17~18日の2日間をかけて決勝が行われ、日本最強チームが決定する。

 本作の国内大会としては最大規模で、賞金総額は過去最高額の1500万円(優勝賞金1000万円)となっている。また、優勝チームは2021年に開催される世界大会に向けたリーグ戦“APAC North 2021”の入れ替え戦出場権を獲得する。

大会公式サイト
https://rainbow6.jp/championship2020/

セミファイナル

 17日のDay1を勝ち抜いてDay2へ駒を進めたのは、FAV gaming、GUTS Gaming、CYCLOPS athlete gaming、エヴァ:eの4チーム。セミファイナルの結果は下記の通り。

───────────────────────
■セミファイナル第1試合
FAV gaming 2-0 GUTS Gaming

1stマップ:ヴィラ 7-3
2ndマップ:海岸線 7-3
───────────────────────

────────────────────────────
■セミファイナル第2試合
CYCLOPS athlete gaming 2-1 エヴァ:e

1stマップ:ヴィラ 2-7
2ndマップ:領事館 7-3
3rdマップ:カフェ 7-2
────────────────────────────

 ファイナルへと進んだのは、国内リーグでも活躍するFAV gamingとCYCLOPS athlete gamingとなった。

3位決定戦

 ここでは、ファイナルに先んじて行われた、GUTS Gamingとエヴァ:eによる3位決定戦の模様をお届けする。

────────────────────
【試合結果】
GUTS Gaming 2-0 エヴァ:e

1stマップ:海岸線 7-2
2ndマップ:クラブハウス 7-4
────────────────────

 1stマップは、エヴァ:eピックの海岸線。NOMAD、JACKAL、VALKYRIE、MAESTROがBANになり、前半戦はGUTS Gaming(GG)が攻撃側、EVA:eが防衛側となった。第1、第2ラウンドはJJ選手とYura選手がダブルキルを取るなどの活躍でGGが連取。そのままGGがラウンドを取り続けるものの、エヴァ:eもなんとか1ラウンドを取って後半戦へ。

 第7ラウンドはGGが強固な守りを築いており、エヴァ:eはやや攻めあぐねていたが、タイムアップ寸前に屋内へと侵入し、BrushMain._.選手が敵の側面を取ってダブルキルを達成するといった勢いを見せラウンドを取得。続く第8、9ラウンドはGGのまたもやJJ選手が猛威振るって取得ラウンドが7対2となりGGが1stマップをゲット。

 2ndマップはGGピックのクラブハウスで、MONTAGNE、CAPITAO、CLASH、MIRAといったオペレーターがBANに。第1ラウンドは攻撃側のGGがエヴァ:eの強固な守りに攻めあぐねてしまうが、タイムアップ近くでJJ選手がダブルキル取り、人数差で負けていた状況を覆して防衛側をせん滅。重要な第1ラウンドを取得することに成功した。第2、第3とラウンドも連取したGGだが、エヴァ:eが地下を守り通して第4ラウンドをゲット。そのままGGに攻め切らせず、取得ラウンド数3対3で後半戦へ突入。

 攻撃側となったエヴァ:eは第7ラウンドに祭壇攻めを決行。タイムアップ直前にディフューザーの設置に成功し、にらみ合いの状況下でBrushMain._.選手が連続キル。4ラウンド連続で獲得したエヴァ:eがそのままいくかと思われたが、続く第8ラウンドではLi9ght選手がトリプルキルで不利な人数差をはねのけて、チームにリズムを取り戻すと、GGが連勝して再び取得ラウンド数を上回る。以降はGGのペースとなり、いま一歩届かなかったエヴァ:eを下して、GGが3位となった。

 試合後のインタビューでCrazyPapiyoN選手は、「3位というのはとても光栄ですけど、悔しいのひと言しか出てこない。決勝の舞台に立って優勝トロフィーを掲げたかった。それを糧に、今後も練習をがんばっていきたいなと思ってます」と気持ちを語った。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る