ファミ通AppVS 新着記事

次回プロリーグ APAC Northの日本チーム出場枠は4チームに 野良連合とCAGは出場確定、そのほかチームは新たに予選を実施

 2020年3月15日、東京・ベルサール高田馬場にて、Ubisoftのタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』単独イベント「レインボーシックス フェスティバル」が行われた。本イベントでは、Year5シーズン1のプロリーグについて、APACのさらなるアップデート情報が公開。APAC North出場枠12チームのうち、日本チームの出場枠はまず4チームになることが発表された。

 以下、イベントで発表された新情報となる。

 なお、Year5からはesportsシステムに大きく変更が行われている。全情報をまとめた記事はこちら(Y5、Y6変更点まとめ S3以降オペレーターリリースは1体、APACはリージョンを南北で分けることに:https://www.famitsu.com/matome/r6s/Y5Y6_lordmap.html

APAC Northリーグについて

・APAC North(北APAC)は日本、韓国、東南アジアで12チーム、南APACはオセアニア、南アジアでチーム数は未定。APAC North12チームのうち、まずは4チームが日本チーム枠になる。なお、今後入れ替え戦もあるので、ゆくゆくは日本出場チームが増える可能性もあるが、まずは4チームに。

・日本4チームの内、レジェンド枠として野良連合、CYCLOPLS athlete gamingの出場決定が発表。

・残りの2枠については、セミオープン予選で決定。現在のプロリーグの順位は関係なしに、セミオープン予選を実施し、上位2チームが出場権を得る。
 セミオープン予選出場チーム:DetonatioN Gaming FAV gaming、GUTS Gaming、Yoshimoto Gaming Lamy、Unsold Stuff Gaming、 匠Festival-LBX

PS4版大会
・オープン大会のほか、ルーキー大会が復活。
・新たに、地域大会(5都市)と、キャラバンの開催を予定しているとのこと。

PC版大会
・Japan Leagueは出場チーム枠を144枠→256枠に拡大。
・ルーキー大会がPC版で開催決定
・Japan Leagueは、年2回オフライン大会を開催決定
・賞金総額は500万円

「『レインボーシックス シージ』は今年で5年目ではあるが、今からでも全く遅くない。ゲームをプレイして、ぜひesportsに参加して欲しい」と呼びかけたのは、Ubisoft esportsシニアマネージャー 宮田氏

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る