ファミ通AppVS 新着記事

アプリひとつで簡単にeスポーツ大会が開催できるプラットフォーム“PLAYHERA(プレイヘラ)”が配信決定! ベータ版が本日(9月10日)より配信開始。

 eスポーツエンターテイメント事業を展開するRIZeSTは、CyberZの連結子会社としてCyberZとの合弁会社を設立し、eスポーツ大会&コミュニティプラットフォーム“PLAYHERA(プレイヘラ)”を日本国内に配信すると発表。本日(9月10日)よりベータ版のリリースも開始された。

 “PLAYHERA”は、eスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催でき、ユーザーエントリーからトーナメント作成、大会進行までワンストップで運営/管理が可能なeスポーツ大会プラットフォームだ。

以下、リリースを引用

サイバーエージェントグループ、RIZeSTが手掛けるeスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催できるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA 」の日本国内リリースを決定

公式WEBサイトはこちら
公式ツイッターはこちら

 eスポーツエンターテイメント事業を展開する株式会社RIZeST(ライゼスト、本社︓東京都千代田区、代表取締役︓古澤 明仁(以下、RIZeST))は、株式会社CyberZの連結子会社として、株式会社CyberZとの合弁会社を設立し、新たな eスポーツ大会&コミュニティ プラットフォーム「PLAYHERA(プレイヘラ)」をリリースいたします。

 PLAYHERA とは、eスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催でき、ユーザーエントリーからトーナメント作成、大会進行までワンストップで運営/管理が可能なeスポーツ大会プラットフォームです。

 β版として「PLAYHERA」のスマートフォンアプリを9月10日(火)にリリースし、株式会社CyberZの連結子会社として、株式会社CyberZとの合弁会社である「PLAYHERA JAPAN 株式会社」の設立を予定しております。(代表︓RAGE 総合プロデューサーの大友真吾氏が就任予定)

 プロのeスポーツシーンから、ゲームコミュニティまで幅広くイベント数が増加している中、オンライン/オフライン大会で多くのeスポーツ大会を運営してきたCyberZ社とタッグを組み、「PLAYHERA」を通して、さらなる日本国内のeスポーツ大会の普及促進につなげてまいります。

▲PLAYHERA 記者発表会の模様

株式会社RIZeST代表 古澤明仁よりコメント

 PLAYHERAは我々が追い求めてきた究極のサービスです。PLAYHERAを通じてゲーマーとゲーマー、コミュニティとコミュニティがもっとつながり、eスポーツ大会の開催、参加の敷居は劇的に下がるでしょう。

 それが結果としてeスポーツ業界の促進と繁栄に幅広く寄与できると確信しています。eスポーツに関わるすべてのステークホルダーに、1人でも多くの方にPLAYHERAの持つ可能性に触れて頂きたいと思います。

「PLAYHERA」の特徴

iOS版はこちら
Android版はこちら

  • エントリーから大会進行まで「PLAYHERA」アプリ 1 つで運営が可能。
  • ユーザーは無料で「PLAYHERA」アプリを利用でき、様々な大会に参加可能。
  • 「PLAYHERA」のチャット機能にて主催者と選手、選手間のコミュニケーションが可能。
  • 対戦相手と共有するルームNo.やサーバーID などが対戦画面のチャットボックス内にて共有可能。
  • PUSH通知によるスムーズでユーザーファーストな大会進行が可能。
  • e スポーツに特化したSNS機能が利用可能。(β版)

 今後設立予定のPLAYHERA JAPAN株式会社は、IP ホルダー、大会オーガナイザー、ユーザー(選手/チーム)、スポンサーなどeスポーツに関わるあらゆるステークホルダーにとって必要不可欠なプラットフォームになれるよう、サービス開発/運営し、成⻑が期待される日本のeスポーツ市場の発展に努めてまいります。

※「PLAYHERA」のプロダクト開発は「DIGITAL APPLICATIONS COMPANY LIMITED」がおこなっております。
※β版では、一部のIPホルダーやオーガナイザー、コミュニティなどに大会オーガナイザーアカウントを提供し、定期的に「PLAYHERA」上で大会開催をおこなってまいります。β版リリースにあたり、大会主催希望者も「PLAYHERA」のWEBサイトより募集しますので、是非お気軽にご応募下さい。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る