ファミ通AppVS 新着記事

野良連合 vs FNATICはFNATICの勝利に! 野良連合、FNATIC試合後インタビュー【S9 Fianls】

 『レインボーシックス シージ』プロリーグ世界大会 シーズン9 Finalsが、本日2019年5月18日(土)~19日(日)にイタリア・ミラノで開催されている。
 本大会は、北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、APACの4つのリージョンから、予選を勝ち抜いた8チームが参戦。シーズン9王者を目指す世界大会となる。

 今大会で5度目の世界大会出場となる野良連合。シーズン8 Finals、Six Invitational 2019ともにベスト4を獲得したが、エースであったWokka選手が抜け、新たにSengoku GamingからYoshiNNGO選手を獲得。
 ロスター変更をする度に短時間で仕上げ結果を出し続けているが、今回は悲しいことに初戦からFNATICとの対決となった。

※【レインボーシックス シージ】プロリーグ シーズン9 Finals 出場全8チームを紹介→https://appvs.famitsu.com/20190518_24420/
※試合スケジュール・結果はこちら→https://appvs.famitsu.com/20190518_24278/

 先に結果をお伝えすると、第1マップ国境は、8-7でFNATICが勝利。続く第2マップ クラブハウスも8-6でFNATICが勝利し、野良連合はベスト8で敗退となった。

 シーズン8Fianls、そしてSix Invitationa 2019でベスト4に輝いた野良連合。Six Invitational2019ではFNATICに勝利しているが、シーズン9 APAC Finalsで敗北している。今回もFNATICに敗北し、野良連合にとってはとても悔しいものになっただろう。

 一方のFNATICは野良連合との激戦を制したものの、つぎはEUプロリーグ1位で現時点で最強とも言われているTeam Empireとの対決が待っている。こちらの試合にも注目してほしいところ。

野良連合インタビュー

ーーお疲れ様でした。今回は対応力の差でFNATICが一枚上手だと思いました。振り返ってみていかがでしょうか?

Merieux 自分たちの中では、APAC Finalsで負けてしまって、世界大会でも当たるのが分かっていたので、練習量を増やして、FNATIC用の対策も用意していました。ですが、実際はあと一歩が足りなかった。なぜかというと、これまで野良連合は“個人の力”でプレイしていましたが、今回はメンバーチェンジがあったので、“チーム力”で勝負することにしていました。
 でもその作戦ですと、誰かが緊張したりチームでコミュニケーションエラーが発生すると、大縄跳びといっしょで崩れてしまう恐れがあります。今回はどこか欠けてしまっていたと思うので、その点は次の大会で修正したいと思います。

貴族 攻撃の練習の質が足りなかった。FNATICが上手だったと思います。FNATICは人数有利になったときでも、焦らないでうまくプレイしていましたね。

――野良連合の得意マップである国境でFNATICに苦戦していましたが、なにが敗因でしょうか?

Papilia 事前の練習でFNATICのパターンを予測していましたが、実際にはその予想通りにFNATICが攻めて来なかったですね。あとは、やっぱりコミュニケーションエラーが大きかったと思います。あと1ヵ所のケアができていない、一歩及ばなかったという気持ちが、国境ではとても強いです。

貴族 攻撃でラウンドをあまり取れなかったので、攻守交替時にタイムアウトをとり、「防衛でラウンド取っていくぞ!」と気持ちを切り替えました。結果はフルラウンドまでもつれましたが、最後のあと1点が遠かったです。最後の最後に、気持ちで負けてしまったのかなと。

――クラブハウスは1年ぶりにピックして勝負したとのことですが。

貴族 相手も我々のデータをたくさん持っていると思ったので、虚を突いてやろうと思い用意しましたね。

Merieux 今回のミラノファイナル用に用意したマップです。自分たちにも自信があったのですが、国境での敗北をクラブハウスでも引きずってしまったと思います。

――FNATICで一番手ごわかった選手は? やはりVirtue選手でしょうか?

Papilia 僕個人としては、とくに国境ではVirtue選手を倒したらいい流れが掴めると思って臨んでいました。

――新たに野良連合に加入したYoshiNNGO選手はいかがだったでしょうか?

貴族 YoshiNNGO選手ふくめ全員いつもどおりのプレイでした。

――今回FNATICと対戦して、FNATICにどのような変化があったと感じましたか?

Papilia 前回のAPAC Finalsでは同じ作戦を使っていましたが、今回は同じ作戦を使うことがほぼなかったですね。

――作戦を豊富に用意していたと。

Merieux こちらの作戦知っているようでしたし、対応力も一枚上手でした。

――試合中の雰囲気はどうでしょうか?

Papilia とてもよかったです。APAC Finalsでは試合中に口論がすこしあったのですが、今回はとくにありませんでした。YoshiNNGO選手も入りましたし、ミスを攻めるのではなくてどうやって改善していくかに注力しました。

――今回で改善点は見つかりましたか?

Papilia 相手の作戦を見て、こちらも作戦を変えたりと、対応力を磨かないといけないと思います。負けたラウンド勝ったラウンドどちらも、作戦で遂行されなかった抜けた穴を見つけて、直していきたいです。

――今回、ライバルであり友であるFNATICに敗北しました。貴族さんはどのように受け止めているのでしょうか?

貴族 今回は優勝を本当に狙っていたので、とても……いろいろと考えさせられる結果です。

――今後の意気込みをお願いいたします。

Merieux 次のメジャーではチーム数が増えるので、ベスト4は超えたい。いまのメンバーのままで、プロリーグでも活躍していきたいです。

FNATIC RizRazインタビュー

ーー国境ではフルラウンドまでもつれ、野良連合を破ることができました。野良連合が国境負けたのは久しぶりに見ました。たくさん研究されたのでしょうか?

RizRaz APACチームは自分たちも含め全体として国境を得意としている。国境がピックされた時は準備ができていると思った。彼らがセキュリティでどう戦うかはよくわかっていた。彼らの攻撃的なところとシャープ・エイムには十分な準備がなかったかもしれないが、全体としてはしっかり準備ができていた。

ーーとくに国境のオフィス守りが上手でした。

RizRaz ある程度は研究した。彼らは東側に行くことを好むようなので、オフィスが狙われると考えていたんだ。カイドを使ってオフィスを取られないようにした。

ーークラブハウスは野良連合も練習してきていました。結果はFNATICが勝利しましたが、苦しい戦いでしたね?

RizRaz 正直、野良連合がとてもよく戦ったので驚いた。彼らはこのマップを好まないのでBanすることが多い。クラブハウスは防衛有利なので、3:3になったが、上手くいくと自信は持っていたんだ。このマップは攻撃が難しいと言われるにも関わらず、彼らは攻撃している時も非常にコンディションがよく、とてもよく戦ったと思う。

――今日の強敵は?

RizRaz ベストだったという意味では、MerieuxかYoshiNNGOかな。YoshiNNGOにはかなり倒された。Merieuxは本当に、とても上手くて厄介だね。

ーーYoshiNNGO選手の印象は?

RizRaz Sengoku Gamingにいた時に会ったことがあるんだ。野良連合に入って、スーパーリラックスしたコーチについてから初めての再開だった。YoshiNNGOはチームにフィットしていると思う。野良連合は攻撃的な選手を選ぶ傾向があるが、彼の攻撃も野良連合にぴったりだ。もう少し練習を積めば、とても怖い相手になると思う。

ーー野良連合のように撃ち合いを得意とするチームとは、どのようにして戦おうと思っていたのでしょうか? Six Invitationalではガンファイトを磨くと言ってて、確かに磨かれてきたのかなと思いました。

RizRaz Virtueと自分はより攻撃的になってガンファイトで頑張る練習をしたよ。

――とくにRizRaz選手はピークタイミングがとても上手だなと思いました。

RizRaz たくさん練習したよ。ドローンズをセッティングして敵がどこにいるかを見て、相手が準備していない時にピークする。練習はしたが、今回のほとんどは運がよかったのだと思う。

ーー長いあいだライバルであり友である野良連合に勝利しました。彼らにどんな言葉をかけたいですか?

RizRaz 素晴らしい戦いをありがとう。自分たちにとってとても難しい試合になった。つぎのSix Majorに向けて練習を積んでさらに強くなって戻ってくるだろうね。

ーー次の対戦はDarkZeroがTeam Empireですね。意気込みをお願いします。

RizRaz とてもワクワクしている。次の相手はDark ZeroまたはTeam Empireになるが、両方とも非常に強いチームであり、野良連合とはまったく違うタイプのチームだ。自信はあるが、厳しい戦いになるだろう。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る