ファミ通AppVS 新着記事

野良連合インタビュー Team Empire戦について思うこと、選手陣の成長、そしてパートナーという存在【Six Invitational2019】

 2019年2月11日~17日(現地時間)にかけてカナダ・モントリオールで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』の世界大会“Six Invitational 2019”。
 本大会は、ヨーロッパ、北アメリカ、ラテンアメリカ、アジアの各地域で予選を勝ち抜いたチーム、そしてプロリーグで優秀な成績を出した16チームが、カナダ・モントリオールに集い、ワールドチャンピオンの座を懸けしのぎを削る、いわば2018年度の最終決勝戦場。日本からはシーズン8ファイナルでベスト4と奮闘した“野良連合”が参戦し、プレイオフ進出の快挙を達成。その後準々決勝FNATICを破り、世界大会でベスト4という輝かしい成績を残した。

 ファミ通.comでは、Team Empire戦を終えた野良連合オーナー兼コーチの貴族氏、Merieux選手、Wokka選手にインタビューを敢行。試合後の率直な気持ちと、試合を後ろで見守ってきたオーナー兼コーチとしての思い、そしてパートナーという存在について切り込んでいった。

【関連記事】
●Empire JoyStiCK、G2 Pengu、FNATIC Magnet、Virtueインタビュー【Six Invitational】
https://www.famitsu.com/matome/r6s/esports53.html

●Year4新情報まとめ プレイリスト追加、TK処罰システム、LIONリワーク、新たなマップリワークなど
https://www.famitsu.com/matome/r6s/Y4Rordmap.html

●esportsディレクターインタビュー アジアでの世界大会開催、プロチームへの資金援助(パイロットプログラム)について聞く【Six Invitational2019】
https://www.famitsu.com/matome/r6s/esports52.html

大会中にどんどん成長していく選手たちを心から「すごい」と思った

左からMerieux選手、野良連合オーナー兼コーチの貴族氏、Wokka選手

――準決勝戦、お疲れ様でした。ここまでの歩みを振り返ると、シーズン7でプロリーグファイナル出場、そしてシーズン8でプロリーグファイナル ベスト4、メジャー大会Six Invitationalではグループステージを突破しベスト4という素晴らしい結果を残しました。いま一度振り返るといかがでしょうか?

貴族 僕はプレイしていことを前提に話をしますと、準決勝Team Empire戦では負けましたが“とてもモヤモヤする”負けかたでした。Evil Geniuses戦では戦術面で圧倒的完敗でしたが、Team Empireに関してはなんだかスッキリしないですね。
 プロシーン内ではいくつか噂もあり、そういったことを考えると野良連合の選手は人生をかけて一生懸命戦っているのだから、僕自身この結果について心の落としどころを見つけるのに時間がかかりそうです。

――とくにJoyStiCK選手の強さには、観戦側もうろたえてしまいました。

貴族 それでも、Team Empireは野良連合への対策を見せてはきていたので、その点でも注意が必要だったのかもしれません。野良連合も個々が強い、状況によってはマンパワーで乗り切る部分がありますが、Team Empireはそのマンパワーの部分で遥かに上を行っていた印象です。

――試合中の雰囲気はどうでしょうか? グループステージではダンスを披露するなど、とてもよい雰囲気であることが伺えました。ダンスはミームにもなりましたし。

Wokka 劣勢の状況でも、気持ちはまったく折れていませんでした。海岸線でTeam Empireがマッチポイントを取っていたシーンでも、皆で鼓舞しあっていましたね。

貴族 選手は最後まで奮闘してくれました。とにかく、ロックをしていても、その選手をキルしてくる能力に脱帽です(笑)。強かったですね。

Wokka 僕もプレイしていてびっくりするシーンはありました(笑)。タイミングも上手ですし、僕自身まだ試合について振り返ってみても、すこし混乱することがあるのは間違いないですね。

――そんなモヤモヤしたところもありますが、本大会を経て何か掴んだもの、成長の糧になるものは見つけられたでしょうか?

貴族 むしろ、大会中に選手がどんどん成長していくように感じました。内容についてはあまり明かせませんが。

――それは戦術面? それともメンタル面でしょうか?

Wokka どちらもですね。タイミングや、チームメンバーとの息の合わせかたは、オフラインでの試合を重ねていくうちにどんどん上達していくんですよね。普段のオンラインでのスクリムよりもはるかに凌駕する経験したと実感します。

貴族 正直、練習量はすこし以前より落ちてはいます。ですが、モントリオールでの濃密な練習時間が、さらに僕たちを強くしてくれたことは間違いないなと思いましたね。やはりオフラインで練習する意味は十分にあるし、モントリオールでさらにレベルアップできたと実感させられました

また例えばですが、試合中に相手の戦術に対して、柔軟な思考と対応力がなければ試合は勝てないのですが、本大会ではそういった面においてとてもよかったと思います。「相手がこうしてきたなら、俺たちはこうしたらいいのでは?」とその場で思いついた対応策が刺さったわけですから、後ろで見ていて心から「すごいな」と思いましたね。

▲Team Empire戦直後の貴族氏。

Merieux 準決勝はJoystickのマンパワーで負けてしまう部分はありましたが、銀行についてはこちらのミスもありました。Siz Invitationalを経て、これから僕たちの改善すべき部分は見えたことが、とてもよかったですね。

――大規模メジャー大会で、プレイオフ出場は日本チーム内で快挙です。ベスト4まで登りつめたことは、おなじ日本人FPSゲーマーとして誇りに思います。オーナーとして選手にどう激励の言葉を述べたいですか?

貴族 そうですね、選手は本当によくやってくれましたから、帰ったらうまい飯(貴族飯)でも食わせてやらないとですね(笑)。それに、Meriuex選手とはベスト4進出で、ダーツ台を購入する約束をしているので……。

――レンタルでも相当な値段がするものですね(笑)。

貴族 Meriuexにはつぎの世界大会で優勝を目指してもらいつつ、ダーツのプロも目指していただきたいなと!

Meriuex 目指さないです(笑)。

――最後に、Wokka選手へ質問ですが、パートナー(彼女)が今回カナダまで応援に駆けつけていましたね。こういった大会に彼女が来てくれるとことで、どういった効果を得られたのでしょうか? 心のケア、精神の安らぎを得られるのかなと勝手ながら想像していますが……。

Wokka ホテルに帰ってきて彼女がいるとホっと落ち着きますし、こういった大会ではやはり力を貰えますよね。改めて、カナダまで応援、そしてここまでサポートして付いてきてくれて、感謝しかありません

貴族 僕から、彼女さんに「試合前にハグしてやってくれ」とお願いしてあげていたくらいなので(笑)。僕のハグじゃ力不足のようで。彼女がいない組は僕のハグで当分我慢してもらいます! 『レインボーシックス シージ』はメンタルゲームでもありますから、そういったサポートはとてもありがたいですね。

――ありがとうございました。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る