ファミ通AppVS 新着記事

野良連合、EGに敗れる プレイオフ進出をかけたPENTAとの再戦は2月14日午前9時よりスタート【Six Invitational 2019】

 現地時間2019年2月11日(月)~18日(日)にカナダ・モントリオールで開催中の『レインボーシックス シージ』のPC版世界大会“Six invitational 2019”。

 本大会は、Six Major Paris 2018のチャンピオン、シーズン8 ファイナル出場チーム、DreamHack Montreal優勝チーム、DreamHack Winter優勝チーム、そしてオンライン予選を勝ち抜いた各リージョンの1チームの計16チームが参戦。世界王者を目指して熱い戦いをくり広げる。

※スケジュール・結果まとめ→https://appvs.famitsu.com/20190131_18701/

 日本チーム野良連合は、Day1PNETA戦を2−1で勝利。
 グループD Winners’ MatchとなったEvil Geniuses戦は、ファーストマップ領事館、セカンドマップ オレゴンともに破れ、2−0で敗北。プレイオフ進出をかけた試合で、痛い敗北となってしまった。

 試合後のCanadian選手に勝因を聞いたところ、「領事館はしばらく自分たちのプレイを見せていなかったので、快適にプレイできると思ってピックした」と、マップピックですでに勝利を確信していたと明かす。またオレゴンについても、「野良連合が不得意とするマップのひとつ。一方でEGのベストマップだから勝つことができた。でもすべてが楽に勝てたわけではなく、厳しいところもあったよ」と振り返った。

 興味深いのは、「今日の野良連合の調子はベストには見えなかったから、アーリーピークの機会をわざと与えて、こっちが有利に動けるようにしたんだ」と、ピークタイミングについて明かしてくれたことだ

 メンバーチェンジを経て撃ち合いがさらに強化された野良連合はいくつかの場面でピークバトルに持っていくことが多かったが、それを逆手にとったEGがうまくピークタイミングをずらして対応したいたという所だろう。また、EGは日本チームが得意としている国境をBANしていたことから、自分たちが優位に戦える(エントリーしづらい・撃ち合いで勝負を仕掛けづらい)領事館で勝負をかけてきたと見える。

 さて、プレイオフ出場をかけたPENTAとの再戦は、本日2月14日午前9時からスタート予定。
 一度勝った相手だが、野良連合はSix Major Parisグループステージにおいて再戦となったObey Allianceに敗北をした苦しい思い出がある。入念に対策を練って、プレオオフ進出を決めて欲しい。

配信ページ:TwitchYoutubeOpenrec
キャスター:ともぞう、ふり~だ、okayama、okamoto
公式サイト:https://rainbow6.ubisoft.com/siege/en-us/esports/six-invitational.aspx

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る