ファミ通AppVS 新着記事

“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”初の日本一は埼玉西武ライオンズ! NPB斉藤コミッショナーが第2回開催も発表。詳細リポート&インタビュー!

 2019年1月12日ビッグサイトTFTホールにて、KONAMIと野球機構(NPB)が共催するプロ野球eスポーツリーグ“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”の“SMBC e日本シリーズ 2018-19”(以下、e日本シリーズ)が行われた。

 eBASEBALL パワプロ・プロリーグは『実況パワフルプロ野球』シリーズ史上最大の規模で開催されたeスポーツリーグ戦で、総額1200万円という報酬額も話題を呼んだ。

 NPBのセ・パ12球団による“eドラフト会議”を経て選定された選手たち(1チーム3名)が、実際の野球と同じくセ・パ両リーグで“eペナントレース”(※対戦は6イニング制/優勝決定戦、e日本シリーズは9イニング制)を行い、それぞれのリーグ代表がe日本シリーズで激突するという、NPB史上、そして『パワプロ』史上初の試みとあり、e日本シリーズの決戦となるこの日は、ゲームメディアを始めスポーツ新聞や民放各社、さらにNHKも取材に訪れるという注目度の高さを見せていた。

 今回のe日本シリーズでは、大混戦のセ・リーグを制した横浜DeNAベイスターズ(以下、横浜)と、パ・リーグで13勝2敗、うち11連勝という圧倒的な強さを見せた埼玉西武ライオンズ(以下、西武)が勝利を懸けて火花を散らした。本記事では、その対戦の様子と、試合終了後に行われた囲み取材の模様をお届けしよう。

西武が栄冠を勝ち取り、eスポーツの歴史に名を刻む!

試合開始前には、応援のために埼玉西武ライオンズには元投手でチームスタッフとして活躍する松下建太氏が、そして横浜には鈴木尚典氏が登場し、それぞれチームへ激励の言葉を送った。

 さらに、選手への“スペシャルなプレゼント”として辻発彦監督、A.ラミレス監督からも応援メッセージが到着。これには選手一同もうれしそうな様子を見せつつ、大一番に向けて身を引き締めているといった様子だった。

プロ野球OBで監督を務めたこともある真中満氏(写真左)と谷繁元信氏(写真右)が解説を行った。

 e日本シリーズでの試合は9イニング制で、3イニングごとに選手が交代するというリレー形式。1~3回には、先攻となった横浜からは第1プレイヤーとしてヒデナガトモ選手が、後攻の西武はミリオン選手が登板した。

(左から)横浜のヒデナガトモ選手、じゃむ~選手、AO選手

(左から)西武のなたでここ選手、BOW川選手、ミリオン選手

 試合序盤は、両者ともにランナーが出るものの、なかなかホームベースに帰らない拮抗した展開。そのまま両チームともに堅実な守備で、互いに譲らない。

 そして迎えた3回裏、後続のキャプテン・BOW川選手に交代する寸前でミリオン選手の攻撃が冴える。強打でランナーを3塁に進めた後、ヒデナガトモ選手の意表を突くスクイズで横浜から1点を奪い取る。その後もミリオン選手の猛攻は続き、エラーなどのチャンスを逃さず、この回だけで5得点。試合の流れを大きく変えて、第2プレイヤーのBOW川選手につなげた。

 第2プレイヤーがコントローラを握る、中盤4回~6回まではキャプテン対決に。

 横浜は事前にノートに対戦相手のデータをまとめ上げ、それをチームメイトに伝える“軍師”じゃむ~選手、西武はBOW川選手がコントローラを握る。4回表にはじゃむ~選手が得点差のプレッシャーを感じさせないプレイを見せ1点を返したものの、その後が続かず3アウト。4点差のまま試合が続き、横浜には苦しい時間が流れる。

 再び試合が動いたのが5回裏。BOW川選手がじゃむ~選手から大きな2塁打を放ち、堅実な攻めで1点を取り返して、またしても5点差に。

 しかし、横浜も諦めない。6回表には、じゃむ~選手が粘りのあるプレイで1得点し、なんとかもう一度4点差に縮めた状態で、シーズン中3失点のみという投球技術を持ち、リーグ最多打点を誇るAO選手に試合を託した。

 7回~9回でそんなAO選手を迎え撃つのが、パ・リーグの首位打者、最多本塁打、最多打点、最優秀防御率の記録を持つ“四冠王”なたでここ選手。

 両リーグ最高峰の実力を持つふたりの対決では、互いの守備の技術の高さから、大きなヒットがなかなか出ない。7回表には、なたでここ選手がAO選手を三者凡退に抑え、逆に7回裏はAO選手が見事な配球とナイスピッチで、打撃を封じ込める。

 8回表にはAO選手がツーベースヒットを放ったが、なたでここ選手の巧みな守備によって後が続かず、本塁に帰ってくることはなかった。そのまま、なたでここ選手が強打者AO選手を抑えて無失点で試合終了。西武が初代eBASEBALL パワプロ・プロリーグの覇者となった。

 試合後に優勝した感想を聞かれたキャプテンのBOW川選手は「3人なら絶対勝てると思っていました」とコメント。チームのおかげでこの舞台に立てたと語り、声を震わせた。8月のeドラフト時も取材し、まだ距離感のあったチーム結成時の様子も見ていた記者としては、この濃厚な3ヵ月のあいだに深く結ばれたチームの絆を感じて、胸が熱くなった。

e日本シリーズを制し、初のeBASEBALL日本一に輝いた西武ライオンズ。レオの表情もどこか誇らしげだ。

 その後、全球団の選手が登場して、eペナントレースでの個人タイトルと最優秀選手の表彰式が行われた。最優秀選手には、e日本シリーズでも大きな活躍を見せたなたでここ選手が輝いた。

【個人タイトル(各賞金15万円)】
●パ・リーグ

  • 首位打者:なたでここ(埼玉西武ライオンズ)
  • 最多本塁打:なたでここ(埼玉西武ライオンズ)
  • 最多打点:なたでここ(埼玉西武ライオンズ)
  • 最優秀防御率:なたでここ(埼玉西武ライオンズ)
  • 最多奪三振:ミリオン(埼玉西武ライオンズ)

●セ・リーグ

  • 首位打者:カイ(広島東洋カープ)
  • 最多本塁打:カイ(広島東洋カープ)
  • 最多打点:AO(横浜DeNAベイスターズ)
  • 最優秀防御率:AO(横浜DeNAベイスターズ)
  • 最多奪三振:ヒデナガトモ(横浜DeNAベイスターズ)

【最優秀選手(賞金50万円)】
なたでここ(埼玉西武ライオンズ)

NPB斉藤コミッショナーにより、再びeBASEBALLを開催することが発表!

 表彰後、壇上にNPBの斉藤 惇コミッショナーが現れ、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグをより発展させた形で、2019年にも開催することを宣言させていただきます」と、次回のeBASEBALLの実施をサプライズ発表! なお、どのように発展させていくのかという点は現在検討中で、昨年と同様にプロテストを行うのかといった点も未定とのことで、まだ内容が詳しく詰められているわけではないようだが、コミッショナーによって実施が力強く宣言され、報道陣や選手たちも驚きの表情を見せた。

 最後に、楽曲が数多くのプロ野球選手の登場曲に使用されているアーティスト、ベリーグッドマンが登場し、eBASEBALL パワプロ・プロリーグのエンディング曲『プレイヤー』を生で披露。会場全体が一体となった大盛況のうちにリーグは終幕となった。

試合終了後にインタビュー

・埼玉西武ライオンズ

――日本一、おめでとうございます。

ミリオン eドラフト会議でチームが決まってから目標にしてきた日本一が達成できて、すごく興奮しています。

BOW川 リーグ優勝まで3人で無敗で突っ走ることができてよかったです。個人としてはつまづいてしまった試合もありましたが、チームメイトのふたりが支えてくれたおかげで戦い抜くことができました。応援してくださった方々にも感謝の気持ちを伝えたいなと思います。

なたでここ 必ずBOW川さんを日本一のキャプテンにするという目標を持ってやってきたので、それが実現できてよかったと思います。つぎのeBASEBALL パワプロ・プロリーグでは僕たちは追いかけられる立場になると思うので、またさらにレベルアップしていきたいと思います。

――西武ライオンズがほかのチームに比べて優れている点はどこだと思われますか?

ミリオン パワーのある打者が揃っていることがいちばんのアドバンテージになったのかなと思います。

BOW川 打力、走力、守備にも穴がなく、さすがプロ野球でリーグ優勝を果たしたチームだなと思います。ただ、選手の能力だけに頼らず、自分たちの実力で戦っていこうというのは最初から3人で話していました。

なたでここ 非常に打力のあるチームだと思いますし、投手陣も粒揃いで、対人戦に強いタイプの選手が揃っている印象です。その選手の能力を引き出せたことが、今回の優勝につながっているのではないかなと思います。

――今後のeスポーツを盛り上げるための目標はありますか?

ミリオン つねに全力でプレイして、「こんなピッチングができるんだ!」と、見ていて楽しいような試合をお見せできたらと思います。

BOW川 ただのゲームではなく、スポーツ競技として見てほしいという思いが強いので、今回のe日本シリーズのような熱の入った試合をしていきたいですね。僕たちだけでは叶えられない夢ですが、『実況パワフルプロ野球』がどんどん広がっていくように、姿勢やプレイで手本を示していけたらと思います。

なたでここ 今回のeBASEBALL パワプロ・プロリーグはNPBさん、KONAMIさんが作ってくださったすばらしいリーグですが、まだまだ知名度は高くないと思います。これからもっといろいろな層の人にアピールするために、SNSや配信で『実況パワフルプロ野球』というゲームのおもしろさを発信していきたいですね。

――まだどのような形式になるかは未定とのことですが、コミッショナーから改めてeBASEBALL開催の宣言がありました。皆さんの意気込みをお聞かせください。

ミリオン いまよりも選手全体のレベルがもっと上がっていると思うので、自分自身もよりたくさん練習して、もう一度優勝したいと思います。

BOW川 まだチームがどうなるかもわかりませんが、もし同じチームで挑めることになったら、日本一連覇を狙いたいですね。そのために、これからも日々努力していこうと思います。

なたでここ 今回のeBASEBALL パワプロ・プロリーグでは日本一になることができ、個人タイトルでもいろいろな賞をいただけたのですが、自分もまだまだ成長の余地はあると思うので、さらなる高みにのぼれるように練習を続けていきます。

・横浜DeNAベイスターズ

――今回の試合の感想をお聞かせください。

AO 4点差という状況でプレイの順番が回ってきたのですが、いま振り返れば、打てそうな球も多かったので、まだまだプレイに甘い部分がありました。西武の細かい野球に終始振り回されたなという印象です。西武は強打で打つこともできるし、足の速い選手で盗塁を決めるテクニカルな野球をすることもできるチームなのですが、今日の試合ではその強い部分が出ていましたね。

じゃむ~ 対戦した西武の選手の皆さんには、目に見えにくい細かいところでの勝負強さを感じました。個人的にはシーズンを通していちばんいいプレイができたので、そこは楽しかったなと思います。

ヒデナガトモ 3人の中で僕だけ得失点差がマイナスだったので、そこはふがいなかったなと感じています。ゲームのシステムでどうしようもないエラーが出た不運な場面もあったのですが、そうした運が絡んでくるのもスポーツと言われるゆえんなのかなと再認識できました。

――やはり、エラーが出た後は動揺してしまった?

ヒデナガトモ そうですね。最初のシステム上確率で出るエラーよりも、自分のプレイがよければ捕れるはずの球を捕れなかった、メンタル的なエラーがあったので、やはりメンタルは大事だなと感じました。

――そうしたメンタル的なエラーを防ぐための策というのは何か考えられるでしょうか?

ヒデナガトモ あのときはもっと冷静になるべきでした。あと、ふたりともっと話すべきでしたね。「いまのはちょっと運が悪かったね」みたいなひと言でも話してひと呼吸置けば、冷静になれていたかもしれません。

――本日、壇上でNPBの斉藤コミッショナーが「今年もやります!」と宣言されましたが、2019年度のeBASEBALL パワプロ・プロリーグへの意気込みをお聞かせください。

AO この3人でもう一度日本一を目指したいです。個人としては、今回ふたつの個人タイトルをいただきましたが、なたでここ選手を見習ってより多くのタイトルを狙いたいです。

じゃむ~ 私は今回個人賞を取れなかったので、何かしらの賞を取れるようになりたいですね。あとは、全体のレベルアップをして、賞は逃しても、どの項目でも上位に入っているような選手になりたいです。チーム全体としては、セ・リーグを連覇したうえでの日本一を取りたいですね。

ヒデナガトモ 意気込みだけならなんとでも言えるので……まず日本一。それから個人としての全勝、個人タイトル総なめを狙っていきたいです!(笑)

・日本野球機構 斉藤惇コミッショナー

斉藤 今回のeBASEBALL パワプロ・プロリーグが大盛況で終わってうれしいです。eBASEBALL パワプロ・プロリーグは我々NPBとしては、プロ野球のファンを増やすための取り組みとして始めたものですが、その効果はどんどん出ているように感じています。来年度は今回の反省点も含めて、よりよい形にしていきたいです。

・解説者 真中満氏

真中 始めのうちこそ「たかがゲーム」という印象でしたが、数々の試合を解説する中でその印象がガラリと変わりましたね。試合中の選手から伝わってくる緊張感にはとくに驚かされました。

12球団マスコットが記念撮影!

最後に、12球団のマスコットと冠スポンサーとなったSMBCのマスコット“ミドすけ”が揃って記念撮影! 会場では12球団マスコットが闊歩してファンと触れ合ったりと、非常に豪華なイベントにもなっていました。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る