ファミ通AppVS 新着記事

『World of Tanks』年の始めにレッツバトル! 珍プレー好プレー満載の“紅白WoT合戦”をリポート

 2019年1月13日、Wargamingが提供するPC用オンラインタンクバトル『World of Tanks』(以下、WoT)のプレイヤー120名を招いたオフラインイベント“紅白WoT合戦”が開催された。

会場はLFS 池袋 esports Arena。ブース内の席を含めて、60台のPCがずらりと並ぶさまは圧巻!

 ちなみに、イベント名の“WoT”の部分は「うぉと」と読む。何だか大晦日の国民的歌番組を思い出す名前だ。

 コンセプトもまさしくその通りで、会場を訪れたプレイヤーのみならず、オンラインイベントに参加したプレイヤーたちも含め、紅組と白組に分かれてポイントを競い合うバトルイベントとなっている。

総合司会は『WoT』PC版コミュニティ エバンジェリストを務める“SAMO”こと坂本桂明氏。

紅組キャプテンはクラン“Caren Tiger”リーダー・Aki00v氏(左)。対する白組キャプテンはクラン“CROWN”指揮官・yamato_noob氏(右)。

 各組にはチームリーダーのほかに、Wargaming公式コントリビューターの4名が参加し、チームの中核を担った。その顔触れは人気動画投稿者や配信者、有名クランのメンバー、LFS池袋の従業員などなど、じつにさまざまだ。

 また、会場にはWorld of Tanks ASIA Regional Publishing Directorを務めるアレキサンダー・デ・ジョルジョ氏と、World of Tanks ASIA Regional Product Managerのニック・ユー氏という、『WoT』運営チームの面々も駆けつけた。

紅組コントリビューター。左からTakape氏、Dynamicpapa氏、中央にAki氏を挟んで、0miki0氏、4DeN1N氏。

白組コントリビューター。左からSo_Mu3氏、間にyamato氏を挟んで、Moudame氏、LF_kame氏、Takashi1919_氏。

『WoT』プレイヤーには“アレックス”の愛称でおなじみの、アレキサンダー・デ・ジョルジョ氏。恒例の掛け声「レッツ・バトル!」でイベントの開幕を飾った。

会場内で好成績を出した人のところへ走っていき、その場で賞品をくれるスタッフ……と思ったら、ニックさん!?(注:Wargamingの偉い人です)

 紅白WoT合戦では、オンラインで事前に実施されていたイベントの結果に加え、会場内で行われたバトルのポイントを加算して勝敗を決する。

 事前のゲーム内ミッションでは白組リードでオフラインイベント本番を迎えた。紅組には会場での華麗な逆転劇に期待がかかる。

会場に置かれた紅組、白組の各陣営のPCではランダム戦をプレイでき、そこで得たポイントも加算される仕組みだ。

 ルールを見ると、わりとガチな対戦企画にも思えるが、両チームキャプテンの芸人気質(yamato氏は否定)がそれを許さない。会場内は始終笑いが絶えなかった。対戦というよりはお祭り騒ぎの様相である。

作戦会議でチームキャプテンが指示と檄を飛ばす。キャプテンとコントリビューターが仕切ってくれたおかげで、プレイヤーたちはのびのびと楽しめていた模様だった。

キャプテンたちのマイクパフォーマンスも冴え渡る。「ふだんは同じチームです。負けるわけありませんよ」などなど、いい感じにアットホームさと煽りを盛り込んで、対戦を盛り上げた。大丈夫、みんな仲良し!

 用意されたバトルイベントは、通常の15vs15の倍の規模での対戦となる“30vs30グランド国家戦”、新たに『WoT』に実装される装輪車輛を用いたレース“P1グランプリ”、クラン同士の真剣勝負である進撃戦を会場でやろうという“オフライン進撃戦”の3つだった。

 いずれもいつもの『WoT』とはまったく異なるプレイ感覚で楽しむことができ、参加者のみならず、観客からも笑いや歓声が絶えなかった。

30vs30の大規模戦では、強力な重戦車IS-3の選択権をチームリーダー同士のじゃんけんで得た組が有利……と思いきや、そのIS-3の群れに、自走砲の範囲攻撃が突き刺さって大爆発!

新実装となる装輪車輛“Panhard EBR 75”を用いたレースでは、80km/hに達する最高速を維持したままのコーナリングは難しく、クラッシュ多発! 味方のために後続車をブロックするなど、頭脳プレイも飛び出した。

 ここまでのふたつのバトルはおもしろさ重視の内容だった。

 最後の進撃戦は、ライトにアレンジされているとはいえ、いつもならガチのクラン同士が行なう試合形式……のはずが、ここでも名勝負と同時に、各所で笑いの神が舞い降りる結果となった。すみません、写真撮りながら始終腹抱えて笑ってたのが筆者です。

対戦で勝つたびに、すごろく状のマップのコマを進めることができ、敵本陣までコマを進めたうえで再度勝つのが進撃戦の目的だ。完全勝利するには3連勝せねばならず、途中で負ければコマを押し戻されてしまう。

手に汗握る攻防の傍らで、紅組の「勝敗はさておきyamato最初に潰そうぜ!」という非人道的ムーブが発生。最終戦でyamato氏の戦車が甘えを見せた瞬間、集中砲火で蒸発させた。これには元気だったyamato氏もげんなり。会場はにっこり。

 3つのバトルイベントを終え、獲得ポイントは紅組が647、白組が661。紅組が追い上げ、その差はわずか。

 会場に置かれたPCを使ったランダム戦のポイントを合計した結果……勝者は紅組に決定! 紅組の参加者全員に、Web Moneyなどの賞品が贈られることとなった。

Aki氏とyamato氏はこの後に紅白飲み比べ合戦で真の決着をつけたとかつけなかったとか。アレックスも励ましてくれたし、元気出して!

イベントは協賛のGALLERIAチームから“Tommy”こと富岡氏がプレゼントを持参し、全員参加のじゃんけん大会で締めくくられた。

大会にも神が降りた!? 『JUC』初のオフライン決勝戦

 当日は“第5回 Japan Users Champiomship オフライン決勝戦”も同会場で併催された。Japan Users Championship(以下、JUC)は、PC版『WoT』の有名プレイヤーやクランマスターなどが主催する大会。チームバトルや集団戦の楽しさを知ってもらうことが趣旨だという。

『JUC』はユーザー主催でありながら、Wargaming Japanの協力を得て開催されている。入賞賞品として、ゲーム内通貨のGoldが選手たちに贈られた。

 なお、第5シーズンを迎えたJUCではあるが、オフラインで決勝戦を行なうのは今回が初めてとなる。選手ならびに実況・解説陣も、緊張が隠せない様子だった。

 A・Bの各ブロックから予選を勝ち抜いてきたのは、チーム“Pravda USSR”と、チーム“方天画戟”。いずれもほぼ負け知らずで、予選の5チーム総当たり戦を制し、決勝の壇上に立った。

Bブロック代表、チーム“Pravda USSR”は、5名中3名が遠く北海道から来訪。ヘタな試合はできないと、キャプテンのPG_GoodJob1Ryu_finn選手が力強く宣言した。

Aブロック代表、チーム“方天画戟”。キャプテンのXFA27PILOT選手いわく、中国ツリーのTier 9駆逐戦車“WZ-111G FT”を使うことがチームのアイデンティティーであり、チーム名の由来でもあるとのこと。

大会の実況・解説は、Aki氏とyamato氏が担当した。緊張しつつもまだ紅白戦の煽りムーブが残っているのか、お互いにさらりと毒舌を挟んでいく。

 試合はBO5(3本先取で勝利)形式。Tier 9車輛4両、Tier 10車輛1両でチームを組み、2マップで攻守入れ替えで2戦ずつを行なう。

特殊ルールにより、同種車輛は2両までしか使用できない。開けた郊外マップと建物が多い市街マップという、両極端なマップが使用された。

第1、第2試合 プロホロフカ

 注目の初戦、方天画戟はさっそくアイデンティティーたる駆逐戦車WZ-111G FTを投入。最後まで地形的な優位を譲らなかった方天画戟側が、初戦を制した。だがその中で、チームの魂たるWZ-111G FTが危機を招く場面も……?

WZは砲が車体前面に固定されており、車体を旋回させないと側面や背後を撃てない。さらに移動速度と旋回速度が遅いため、背後を取られると砲の旋回が間に合わず、味方に助けられる展開になった。

 続く第2試合、攻守を交替し、攻撃側となった方天画戟が選んだ車輛は……。

魂はどこいった!?

 攻撃側ということで、臨機応変にアイデンティティー(WZ-111G FT)は捨て去り、機動力に優れた編成に切り替えた方天画戟。Pravda USSRも機動力重視の編成で、お互い奇襲を警戒したまま試合は進行していく。

 そんな中、方天画戟が仕掛け、3対1の状況を作り出すことに成功した。だが、Pravda USSRも負けてはいない。リーダーのfinn選手が1両を返り討ちにしたのだ。

 高火力・高機動力の3両に囲まれながら、高台に逃れつつ反撃まで決めるファインプレーは見事だった。

 それでも方天画戟は動じなかった。相手の誘いに乗らず、高い位置をキープ。堅実な反撃を展開した。結果、2勝目を獲得し、早くも優勝へリーチをかける。

ハルダウン(崖の傾斜などに車体を隠し、砲塔だけをのぞかせて戦うテクニック)を利用して方天画戟が勝利。

第3、第4試合 ヒメルズドルフ

 続く2マップ目、ヒメルズドルフでの第3試合。この試合でも方天画戟はWZ-111G FTを外した。対して、Pravda USSRはWZ-111G FTを選択。さらにWZ-111G FTと同様に固定砲台を持つ駆逐戦車をもう1両投入した。

魂を取られた!?

 さらに試合開始直後、両チームが同じ場所への集団ラッシュをかけたため、ほぼ全車輛が出くわすという珍事が発生。そんなハプニングも乗り越えて、Pravda USSRがWZ……ではなく、とても強いドイツ駆逐戦車“Jagdtiger”の活躍で勝利し、見事に1本取り返してみせた。

「やぁ」と、8ラインで一瞬固まる両チーム。滅多にない状況だが、どちらも立ち直りは早かった。北海道に帰る前に勝ち星なしという事態を免れたPravda USSRに、余裕が出てくる。

 続く第4試合は、両チームともに固定砲台の駆逐戦車を投入してスタートした。解説陣も大いに煽った結果かもしれない。方天画戟の魂ことWZ-111G FTも復活し、気合い(?)が感じられる布陣だ。見守る観客席からも、試合開始前から拍手と歓声が飛ぶ。

解説陣から「煽りすぎたか……」との不穏な一言も飛び出した編成。勝ちに行くと同時に、お互いを煽って楽しんでいく。これもまたユーザー大会ならではの光景か。

 方天画戟のWZ-111G FTに視線が集まる中、とんでもないことをしでかしてくれたのは、別の固定砲塔戦車だった。Pravda USSRの“Foch”と方天画戟の“Badger”である。動きにくいはずの固定砲塔戦車がお互いの背後を取り合うは、まるでダンスをしているよう。

 結果、建物の出っ張りにFoshが引っ掛かり、そこをBadgerが車体後部で押し付けて動きを止めるという、妙な状態に陥った。両者ともに動くに動けず、砲を相手に向けられないので、このまま味方が来てくれるのを待つしかない……。

 お互い1両ずつ行動不能になったところで、そこからは1両ずつ倒し合っていく。だが、2対2(動けない固定砲台戦車たちも含む)になったところで、方天画戟が先ほどの膠着状態を先に崩し、2対1の状況に持ち込んで接戦を制した。

先に固定砲塔戦車たちへの救援が間に合ったのは、方天画戟! 際どいところで数の優位を生み出し、優勝を決めた。

両チームともに熱い試合を見せてくれただけでなく、大会趣旨に忠実に、『WoT』の面白さを存分に伝えてくれた。ガチの対戦もいいけれど、真剣さゆえに生まれる爆笑シーンも悪くない。

 さまざまな楽しみかたや対戦の妙が詰まった“紅白WoT合戦”。「毎月イベントやって!」とアレックス氏にねだる声も挙がっていた。こんなに楽しく、笑いと歓声に満ちたイベントなら、毎月開催でも大歓迎だ。

 めでたく楽しい紅白戦での戦車始めとなった『WoT』で、今年はどんな公式イベントや大会が見られるのだろうか。新年早々、期待は膨らむばかりだ。

記念撮影でフィニッシュ!

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る