ファミ通AppVS 新着記事

ポルシェ ジャパンが『GT SPORT』を用いたesports活動を表明! 山内一典氏も登壇した発表イベントの模様をお届け

 ドイツ・ポルシェAG社製自動車の輸入、販売などを手掛けるポルシェ ジャパンは2018年11月30日、都内にて2019年のモータースポーツ活動内容の発表会を実施。2019年にesportsへ参入することを表明し、『グランツーリスモSPORT』(以下、『GT SPORT』)を用いたワンメイクEレース、“Porsche E-Racing Japan”を開催すると発表した。

 発表会の会場には、ポルシェ ジャパンの代表取締役社長を務める七五三木敏幸氏が登壇。七五三木氏は、「2019年中にポルシェ Eレーシングジャパンとして、ワンメイクeレースを開催します。詳細は追って発表させていただきます」とesportsへの参入を表明。「より若い人たちにクルマの楽しみ、モータースポーツのおもしろさを伝えていきたい」と、同シリーズに取り組むための目的が紹介された。
 続けて、『GT SPORT』のプロデューサーを務める山内一典氏(ポリフォニー・デジタル)がゲストとして招かれ、“E-Racing”に関するトークセッションが行われた。

写真左:七五三木敏幸氏、写真右:山内一典氏

 七五三木氏は、「近年、非常に盛り上がっているesportsに、ポルシェのDNAを活かせるのではないか。より若い人たちにクルマの楽しみ、モータースポーツのおもしろさを伝えていきたい」と、esportsに参入する理由を説明。
 ポルシェ ジャパンがesportsで利用する『GT SPORT』は、FIA(国際自動車連盟)が公認するeモーターレースへの取り組みを早くから表明しており、つい先日、モナコにて世界中の『GT』トップドライバーを集めたチャンピオンシップを開催したばかりである。

初代チャンピオンが決定! “FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2018 ワールドファイナル”の結果発表

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』を使用し、日本時間2018年11月17日~19日に、モナコで開催された“FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2018 ワールドファイナル”の結果を発表した。

 本物のレースとバーチャルなレースの違いと共通点についての質問が投げかけられると、「共通点という部分では、ドライビングテクニックという面で、同じものが学べることです。テクニックだけでなく、本物のレースと同じ組み立てが必要ですし、レースでの駆け引きも学ぶことができます。違う部分では、E-Racingは誰でも参加できるという点が異なっています。本物のレースと違って、PS4と『GT SPORT』があれば、誰でも参加できますからね。これからモータースポーツを始めたいと思う方は、最適な入門の仕方になると思います」(山内氏)と、バーチャルのモータースポーツと、リアルモータースポーツが通じている点を説明しつつ、本物のレースよりも断然敷居が低く、誰でも気軽に参加できることがもっとも大きな違いであり、E-Racingの特徴であることが語られた。

 「ポルシェ ジャパンとしてもたくさんの人にモータースポーツを体験してもらいたいと思っているので、エントリーが簡単というのは、我々にとっても大きなメリットですね。ステアリングを握って、集中力を高めて走るという極限状態は本物とまったく同じだと思っているので、そういった面からもモータースポーツの入口としては最適だと思っています」(七五三木氏)と、七五三木氏の口からも、モータースポーツの裾野の拡大に大きな期待を寄せていることが伺える。

 最後に、七五三木氏は「2019年、我々はesportsに対して強力な取り組みをしていきます。山内さんから協力をいただきつつ、一心同体になってモータースポーツとesportsシーンを盛り上げていきたいと思っています。ご期待ください」と語られ、本発表会は締めくくられた。

 発表会終了後、七五三木氏と山内氏の囲み取材が行われたので、最後にその内容を紹介する。

−−今回発表された“Porsche E-Racing Japan”への思いを教えてください?

山内一典(以下、山口) 『GT SPORT』を作ったきっかけですが、これまで以上にたくさんの人に、リアルなモータースポーツに関心を持ってもらうという大きな目標がありました。ですので、こういった形でポルシェがesportsに参入するというのは、僕にとっても非常によろこばしいことです。それだけに、しっかりとサポートをしていかなければと思っています。

−−このシリーズに参戦する選手たちが活躍し、その後にリアルモータースポーツに進む道などは考えていますか?

七五三木敏幸(以下、七五三木) 今回のesports参入の目的は、モータースポーツの裾野を広げていくことです。ですので、いまの時点では具体的なことは決まっていません。ただ、我々としても、そのような機会があればぜひとも、サポートしていきたいですね。

山内 たとえば10年前であれば、GTアカデミーのようなプロジェクトがあって、フロム・バーチャル・トゥ・リアルといったものが、すごくリアリティがありました。でも、いまはそれだけではなく、とにかくモータースポーツの裾野を拡大することが大事だと僕たちは考えています。

−−ポルシェは来年、フォーミュラEにも参入されますが、今後どのような取り組みをされていくのですか?

七五三木 フォーミュラEについては、2019年から枠を確保していますので、本格的に参戦します。従来は、ポルシェを味わうにはリアルな世界でなければなりませんでしたが、これからはバーチャルの世界も含めて、いろいろな楽しみ方が広がっていくと思っています。

−−『GT SPORT』で、フォーミュラEの登場は考えていますか?

山内 『GT』には古いレーシングカーから最新のレーシングカーまで入っています。すでにフォーミュラEの方々とは話をしているので、その中にフォーミュラEが加わるのは間違いないでしょうね。

−−発表されたばかりで、まだいろいろと決まっていない部分も多いと思いますが、いつ頃の開始を考えていますか?

七五三木 その点に関しては、改めて報告させていただきたいと思います。

山内 『GT SPORT』のマニュファクチャラーシリーズを見ていると、ポルシェってすごく人気ブランドなんですよね。たくさんのプレイヤーがポルシェの看板を背負って『GT SPORT』の世界で戦っているので、そこで実際にポルシェが開催するレースシリーズが加わるというのは、プレイヤーにとってビッグニュースになると思いますよ。

−−七五三木社長もesportsに参戦する予定はありますか?

七五三木 (笑)

山内 じつは今後、シニアクラスも作ろうかなと思っているんですよ。

七五三木 それは朗報ですね。それならぜひ、挑戦してみたいと思います(笑)。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る