ファミ通AppVS 新着記事

『オーバーウォッチ』新ヒーロー“Ashe”が発表!【Blizzcon 2018】

 2018年11月2日(現地時間)より開催中の“BlizzCon 2018”のオープニングセレモニーにて、アクションヒーローシューター『オーバーウォッチ』の新ヒーロー“Ashe”が発表された。

 Asheはデッドロックギャング団のリーダーで、マクリーの元相棒だとか。プレイムービーではライフルを地面にぶっぱなしてジャンプしたり、ダイナマイトを投げつけるといったアクションが見られる。また、Ult使用時にはギャング団のロボット“B.O.B.”が登場し、Asheとともに大暴れするようだ。

アッシュ

ロール:ダメージ
難易度:★★☆

メイン武器のライフルは、腰だめ撃ちで高速射撃を行うだけでなく、照準器を利用することで高精度・大ダメージを両立させることもできる。威力の高いダイナマイトを投げたり、強力なコーチ・ガンで敵をノックバックすることも可能。アルティメットでは相棒のオムニック「B.O.B.」を召喚し、戦いに参加させる。

アビリティ

■ザ・ヴァイパー
連射力に優れたセミオートライフル。照準器を利用することで、よりダメージの高い、精密な攻撃を繰り出すこともできる。

■ダイナマイト
時間差で起爆する爆弾を投げる。なお、爆弾を撃つことで即座に起爆することも可能。ダイナマイトの爆発ダメージに加え、炎による継続ダメージを与える。

■コーチ・ガン
前方にいる敵をノックバックして遠ざける。自身をノックバックし、移動や脱出に利用することも可能。

■B.O.B.
長年の相棒、オムニックのボブを呼び出す。ボブは前方に突進して敵を空中にノックバックした後、両腕のキャノンで制圧射撃を行う。

ストーリー

バイオグラフィ
エリザベス・カレドニア・“カラミティ”・アッシュ,
年齢:39歳
職業:盗賊、ギャングのリーダー
活動拠点:アメリカ、アリゾナ州デッドロック・ゴージ
所属:デッドロック・ギャング

「命が惜しいなら、あたいに従いな」

デッドロック・ギャングを率いるリーダー、そして計算高き野心家。悪の世界でアッシュを知らない者はいない。

アッシュは裕福な家庭に生まれ、特権階級として育った。彼女の両親はビジネスコンサルタントとして活躍しており、世界中の様々な大企業のトップから引っ張りだこになるほど人気であった。両親はアッシュの相手をすることはほとんどなかったが(彼女の世話は執事オムニックのボブに任せきりだった)、娘が将来成功するために必要なモノはすべて用意した。しかし、近隣を縄張りとするならず者、ジェシー・マクリーとの偶然の出会いが彼女の運命を大きく変える。二人でなかば場当たり的に次々とこなした犯罪行為は、彼女にとって初めての経験だった。獲物を出し抜く爽快感。お目当てを奪って逃走するスリル。こうして天職に目覚めたアッシュは、アウトローの世界にどっぷりはまっていった。

3人の仲間とデッドロック・ギャングを立ち上げたアッシュは、世間の注目を集める大きな盗みを成功させ、着々と名を上げていった。そうして存在感を増したアッシュの一味だったが、アメリカ南西部をシマとする他の犯罪組織の中にはその急激な勢力拡大を快く思わない者も多かった。彼らと顔を合わせれば一触即発、小競り合いやら流血沙汰やらが絶えなかった。そうして何年か過ぎた頃、アッシュの呼びかけで主要グループのボスたちが一堂に会することになった。

もちろんそれには理由がある。アッシュは、すべての組織が勢力を伸ばせる方法を見据えていた。両親の仕事から学んだ技術を、組織に秩序をもたらすために利用したのだ。彼女は、ギャング同士で力を合わせようと訴えた。協力しあうことはできなくても、少なくとも足を引っ張り合うことはやめるべきだ、と。約束は守り、法には絶対に与しない。互いの縄張りを尊重し、裏切りには厳しい制裁を下すこと。それが彼女の掲げた原則だった。

こうしてギャング同士の抗争に無駄な労力を割く必要がなくなったアッシュは、アメリカ南西部全域で大規模な盗みや犯罪を手がけるようになった。当局に国内有数の賞金首としてマークされたアッシュは、伝説のアウトローとして今日もどこかで大暴れしている。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る