ファミ通AppVS 新着記事

『リーグ・オブ・レジェンド』世界大会“Worlds 2018”、日本代表DFMは中国の名門チームに惜しくも敗退

 2018年10月1日より開幕した『リーグ・オブ・レジェンド』世界大会“League of Legends World Championship”(通称、Worlds)。

 激戦の末、日本代表チーム・Detonation Focus Me(DFM)は、2位でプレイインステージのラウンド1を突破。10月6日、グループステージへの進出をかけて、中国リーグの代表・Edward Gaming(EDG)とのBo5(3勝先取)の戦いに臨みました。EDGは、Wolrds常連の強豪チームのひとつです。

DFM戦の前には、DFMと同じグループBの1位だったCloud9がグループDを2位抜けしたGambit Esportsと対決。両者ゆずらぬ好試合をくり広げ、試合はフルセットへ。接戦をものにしたCloud9が3勝2敗でGambit Esportsをくだし、グループステージへのいちばん乗りを決めました。

DFMの晴れ舞台に、DFMでかつてコーチを務めていたDragonさんも応援にやってきていました。

 1戦目は、初めてオープンになったハイマーディンガーをCeros選手がピックするも、DFMは序盤にボットレーンが崩されてしまいます。その後も、なかなか反撃の機会を掴めず、差を広げ続けられてEDGが快勝。

 2戦目も、DFMはオープンになったハイマーディンガーを選択。しかし、EDGのジャングラーのClearlove選手がたびたびミッドレーンに現れ、主導権はEDGへ。逆転の一手として、こっそりとバロンを狙うDFMでしたが、EDGに看破され、逆にバロンを倒されてしまいます。

 そのままなだれ込むように本陣へと攻め込まれ、2戦目もEDGの勝利となりました。

 DFMにとっては後がなくなってしまった3戦目。Ceros選手は、3度目の正直とばかりにハイマーディンガーをピックするも、相手のシンドラに苦戦。一方、ジャングラー、Steal選手の活躍により、序中盤のぶつかりあいでは五分の戦いをくり広げるDFM。

 しかし、地力の差を見せつけられ、EDGとの差は徐々に拡大。反撃のチャンスを見いだせず、EDGが3連勝。DFMはここで敗退となってしまいました。

 このあとインタビューできる予定なので、その模様はのちほどお届けします。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る