ファミ通AppVS 新着記事

『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会“Worlds 2018”がついに開幕! 好発進を見せた日本代表チーム・DFMを直撃インタビュー!!

 2018年10月1日より開幕を迎えたリーグ・オブ・レジェンドの世界大会“League of Legends World Championship”(通称“Worlds”)。KabuM! e-sportsには劇的な逆転勝利、Cloud9でも終始善戦をくり広げ、大会初日を1-1のスコアで折り返した日本代表チーム・Detonation Focus Me(DFM)のインタビューをお届けします。なお、インタビュー順の兼ね合いでCeros選手は途中からの参加になっています。

左からKazu(コーチ)、viviD(サポート)、Yutapon(ADC)、Ceros(ミッド)、Steal(ジャングル)、Evi(トップ)
※敬称略

--Worldsの舞台に立った感想は?

Yutapon この1週間ぐらい練習していて、KabuM! e-sportsには自分たちがやれることをやれば勝てるとは思っていました。最初は緊張があったのかミスもあったんですけど、自分たちの力がしっかりと出せている実感があってうれしいですね。

Evi LJL(日本リーグ)で試合をしているときは優勝が目標だったんですけど、その後はWolrdsに出て、勝つことが目標になりました。いまは、Worldsに出られてうれしいっていうこと、プレイインステージは勝ち抜けたいな、っていう気持ちでいっぱいです。

Steal LJLでやっていることが世界で通用するのだろうか、と思っていましたがそれが証明できてうれしいです。

Kazu LJLを勝ち抜けた後は、WorldsでいかにDFMらしい試合をするか、ということに重きを置いていました。そんな中、Worldsに出場するチームとの練習試合でも手応えが得られたので、しっかりとがんばっていきたいです。

viviD 出場できたのはうれしかったんですが、いまは2戦目を落としてしまった悔しさが残っています。明後日またがんばりたいと思います。

--1戦目の終盤まで不利な状態が続いていましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか?

Yutapon 集団戦には負けていましたが、僕らは全員使いたいチャンピオンを取れていたので僕はボイスチャットで「集団戦やれば勝てるから大丈夫」って言っていた記憶はあります。

Evi まずいなっていう気持ちはあったんですが、そこから「しっかり僕のアルティメットでチャンスを作っていかなきゃな」という風に意識を切り替えました。それで相手を捕まえられる場面が増えてきたのでよかったです。

Steal 負けていても10~15分もすれば逆転する自信があったから、チーム内の雰囲気はわりとよかったです。

viviD 集団戦で負けていた場面は「しまった」という感じで、レイトゲーム(長期戦)では勝てるので、焦りはなかったですね。

--1戦目の逆転のきっかけになったバロン周辺での戦いは、ここで決着をつけようという意識があってぶつかっていったんですか?

Evi そうですね。相手がバロンを攻撃し始めたのがわかったときには、みんな「ここでゲームが決まるな」って思ってたはずです。

Steal バロンを取られても勝つ自信があったから、仕掛けようって思いました。

viviD 「ここで決まるな」とは思ってたんですが、Yutaponがバロンを横取りして「勝ったな」という気持ちに変わりました。Yutaponがバロンを倒したっていう表示を見たとき「よっしゃー!」って大声で上げて、いまはのどが痛いです(笑)。

Yutapon 結局、カルマの装備が揃っていたのでバロンを取られても集団戦は勝てるな、とは踏んでいました。それは、相手の全員がバロン周辺にいるのを見たときに「オーンもいるし、絶対勝ちだ」という確信に変わりました。最初にアルティメットを撃って相手のトリスターナの動きを止めた後、Q(スキル)を撃ったらバロンが取れて、めっちゃうれしかったです。たぶん自分がいちばんびっくりしてたと思います。

--バロンを狙っていたわけじゃなかったんですね!?

Yutapon そうですね。トリスターナは絶対倒せるなって思ってQを撃ったらとれました。まあバロンが取れなくても集団戦には勝てていたはずです。

--いま振り返っていただくのは心苦しいのですが、2戦目の終盤のところはどういった流れでああいう結果になってしまったのでしょうか。

Evi ここで仕掛けてこないと絶対に負けてしまうっていうのが相手もわかっていて、そのことも僕らはわかっていたんです。でも、それに対する警戒が甘かったのかなって思ってます。相手にとっての理想の形で戦いが始まってしまったので、もう少し警戒を強めておくべきでした。

Yutapon あの場面では、エルダードラゴンのバフが終わる寸前で、相手とのレベル差もあったので、トップにいっちゃうと集団戦で勝てるか怪しいなって思っていたんです。だから、試合を終わらせる必要があったんです。しかも、最初はリサンドラが正面に見えていたのでこれは大丈夫だと思ったんですが、見えない位置から回り込まれてしまいました。それしか手がないってことはわかっていたはずなんですが、勝ちを焦っていた部分はあったかなって思います。

StealviviD Yutaponが言ったとおりですね。

※ここからCeros選手が合流

--LoL Parkは完成したばかりの会場でしたが、プレイは普段どおりのパフォーマンスが発揮できましたか?

Evi 僕は普段どおりにできたかなって思ってます。ちょっと寒かったんですけど、空調も調整していたけましたし、気になる部分はありませんでしたね。

Steal とくに問題ありませんでしたね。

Ceros 『LoL』をプレイするために作られた場所なので、机や椅子も遊びやすかったです。そもそもライアットゲームズさんの大会は選手のことを第一に考えてくださってるので、環境についてはパーフェクトですね。いつもどおり完璧って感じです。

Yutapon 僕はあまり環境の違いが気にならないので、ふつうにプレイできました。

viviD 僕も同じで、あまり気にならないんですけど、ヘッドセットはすごくよかったです。

Yutapon そうですね。外の声が聞こえると気になっちゃうんですけど、まったくそういうことはなかったです。

viviD 周囲の音も聞こえないし、耳もまったく痛くならなかったですね。

--今日のバンでは、ハイマーディンガーやジグスなど、明らかにDFMメンバーの得意チャンピオンが狙われていましたが、それは予想していたことでしたか? また、そのことにどんな対策を取っていたんですか?

Ceros 正直、お互いの使用チャンピオンは動画を見ればわかりますし、バンしてくるだろうなっていうのは想定していました。それを踏まえて練習していたので、問題はなかったです。

Kazu 今年のLJLでは、ハイマーディンガーがバンされなかったら積極的に取っていくっていうことをあえてやっていました。CerosといえばハイマーディンガーっていうのをLJLを見ていた人だけじゃなく、世界中の人からの共通認識として植え付けるようにしたんです。こちらからすると、むしろバンを誘導した形で、その分アーゴットやヴァルスなどの強いチャンピオンを取りやすくなるんです。今日はそれが実際にうまくいきました。Cerosは使えるチャンピオンの種類がとても多いので、ハイマーディンガーをバンしてくれるのはありがたいです。

--さきほど好きなチャンピオンがすべて取れたというお話でしたが、1戦目と2戦目ではどういった狙いでピックをしたんですか?

Kazu 大会が終わってないので、すべてを明かすわけにはいかないのですが、僕たちがLJLで使ったチャンピオンっていうのは、やっぱり得意チャンピオンと言ってもいいと思うんですよね。それを意識したバン&ピックでした。1戦目はYutaponとviviD、2戦目はEviとStealを軸にするといった感じでピックを決めていきました。ジグスに関しては、「あいてたからやろう」っていうCerosのオーダーもありました。実際、いい仕事をしてくれました。

--1戦目、2戦目が終わった後それぞれでどういった会話をしましたか?

Ceros 1試合目は勝ち、2試合目は負けでしたが、どちらの試合も基本的に同じで、「これこうだったんじゃない?」っていう話し合いがすぐ始まりますね。悪かったところをお互いに出し合う感じです。

Evi 試合に帰ってきてからの話は、Cerosさんが言ってた通りです。2試合目の後に関しては、今日はつぎの試合がもうないのであまり話し合いみたいなものはなくて、僕がひとりであそこああしてたらどうだったかな、みたいなことを考えながら部屋に戻ってきました。

--2日後に向けての意気込みをお願いします。

Ceros C9戦に関しては、周りから見たらDFMの健闘は奇跡的なことだと思われるかもしれないんですけど、正直、勝てる可能性に関しては僕らは現実なものだと思っているので、グループステージを目指して勝ちにいきたいですね。

Evi 僕のいまの目標は日本チームがいまだ達成したことのないグループステージへの進出です。今日のC9戦に勝っていたら、ほぼプレイインステージのラウンド2には上がれていたんですが、目標達成に近い位置にはいると思うので、気持ちをリフレッシュして試合に臨もうと思います。

--韓国人選手は母国で試合することに関して思うことはありましたか?

Steal 母国だからというよりも、Worldsだからちょっと特別な感覚は持っています。

viviD 韓国だからなにか気になるってことは全然ないです。Worldsは初めてだから楽しみですし、心配もあったんですが1勝できて安心しました。2試合目はくやしかったですが、つぎの試合は絶対勝ちにいきます。

--会場に日本人のファンもいたり、現地の方からのDFMへの声援もあったりしましたが、そういった声は届きましたか? ファンの方々へのメッセージもお願いします。

Ceros SNSはもちろん、会場にもパネルを掲げてくださってる方もいて、すごく僕たちが応援されてることを実感しますし、とてもうれしく思っています。

 勝利を目前にしつつも、惜しくも敗れてしまった2試合目の直後ということで、選手の方々からは少し落胆の表情はうかがえましたが、今日の試合は日本が世界レベルにまで到達したことが証明された、まさに歴史的な1日のように感じました。今後も、会場の詳しい様子などをリポートしていくので、3日目(10月3日)のDFMの活躍と合わせて乞うご期待!

  • (C) 2017 Riot Games. All Rights Reserved.

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る