ファミ通AppVS 新着記事

マリーの新衣装に“DOAフェス”開催も発表! 『DOA6』ガチトーナメントも行われた『デッド オア アライブ 6』ステージをリポート【TGS2018】

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の、東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。コーエーテクモゲームスブースでは、2019年2月15日発売の3D対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』(以下、『DOA6』)の最後のステージを開催した。

【動画あり】乳揺れ、技表、衣装、バトルシステム! 『DOA6』の気になるところを隅々まで! 『デッド オア アライブ 6』TGS版試遊リポート【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の、東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。コーエーテクモゲームスブースでは、『デッド オア アライブ 6』の試遊台が出展されている。その試遊版をプレイリポート。

あやねの新衣装の発表も! ワンボタンで激闘エンターテインメントを味わえる『デッド オア アライブ 6』紹介ステージをリポート【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の、東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、コーエーテクモゲームスブースでは、『デッド オア アライブ 6』の紹介ステージが行われた。

ほのかの新衣装も大公開! よしもと芸人VSプロゲーマーでバトルした『デッド オア アライブ 6』エキシビションマッチステージをリポート

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の、東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。一般公開日1日目となる22日、コーエーテクモゲームスブースにて、『デッド オア アライブ 6』のエキシビションマッチが行われた。本記事では、その模様をリポート。

 スペシャルトーナメントと銘打たれたこのステージは、事前に会場で参加選手を抽選し、予選トーナメントを実施。トップ8にまで残った選手たちが、ステージ上で決勝トーナメントをくり広げた。ステージには、『DOA6』のプロデューサー兼ディレクターである新堀洋平氏と、実況を担当する『DOA』プレイヤーのうさお氏が登壇した。

うさお氏、新堀洋平氏。

 初戦は、かすみを使用する女性プレイヤー・Kisaragi選手と、リュウ・ハヤブサ使いのうめ選手。初戦から打撃をよろけさせてから相手を浮かせたり、さばき技のホールドを読んで相手を投げるなど、『DOA』らしい読み合いの応酬に。さらにそこへ、通常のホールドでは回避できない連続技をワンボタンで叩き込む新システム“フェイタルラッシュ”や、ゲージを消費して相手の下段以外の攻撃を受け止めつつ強力な一撃を叩き込む“ブレイクブロー”など、さっそく新システムを使いこなしている両者だが、うめ選手はしっかりとコンボで大ダメージを取っていき、初戦に勝利した。

 続いては、新キャラクターのディエゴを使用する、Team:GODSGARDEN所属のプロゲーマー・神園選手と、ほのか使いのみやびん選手。コンボの締めに空中投げなど、ほのかの新技をしっかりと使用してダメージを取っていくみやびん選手だが、神園選手は新システムの“サイドアタック”を多用し、攻撃を避けながらチマチマと体力を奪っていく。2対2の最終ラウンドまでもつれ込むが、神園選手が“サイドアタック”と、ガードしてからの投げとディフェンス重視の立ち回りで勝利した。

 3試合目は、ヒトミを使う海外プレイヤー・AIR GEAR選手と、あやねを使用するリンゴス選手。AIR GEAR選手は、“フェイタルラッシュ”を最後まで決めずに途中で止めて、“フェイタルスタン”状態となった相手をさらにコンボ。さらに、ステージの観客がキャラクターを押し返す“ランブルデンジャー”へ移行しコンボするなど、新システムを応用した立ち回りを披露。終始圧倒的な強さをみせて、AIR GEAR選手が勝利。

 ベスト8最後の試合は、リグ使いのたにい選手と、ヒトミを使うアモン選手の対決。両者ともに攻め攻めの展開で一進一退の攻防が続くが、たにい選手はステージデンジャーの使いかたがうまく、大ダメージを奪っていく。さらに、空中コンボも完璧に決めていき、たにい選手が勝利した。

 続いては、うめ選手VS神園選手。神園選手は前回同様サイドアタックを多用しつつ、小技を当てて攻めていく。しかしその小技に合わせて、ハヤブサの代名詞である“飯綱落とし”を、ホールドから連発! 攻撃をさばきながら大ダメージを取っていき、うめ選手が決勝に進出した。

 つぎはたにい選手と、AIR GEAR選手の戦い。この戦いでは新システムほぼ使われず、『DOA5』シリーズのような攻防がメインに。クリティカルスタン中の相手をしっかりと浮かせてコンボを決めていき、たにい選手が決勝に挑む。

 いよいよ決勝戦となり、うめ選手とたにい選手の戦いが開幕。お互いにコンボとホールドを重ねていく攻防が続き、2対2の最終ラウンドに。最後はたにい選手がうまく大ダメージを取ったのち、最後は起き上がりに合わせて“ブレイクブロー”でフィニッシュ! 優勝したのは、たにい選手となった。

 優勝したたにい選手には、プレイステーション4版『DOA6』のコレクターズエディションが、発売日に送られる権利が贈呈された。

 大会の最後には、新堀Pからマリー・ローズの新衣装と、『DOA』ファンの祭典“DOAフェス”が今年開催されることが発表された。こちらのイベントは、御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンターで、11月18日に開催予定。『DOA6』をメインに扱いつつ、ほかの『DOA』タイトルなどもさまざまなことを予定しているそうだ。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る