ファミ通AppVS 新着記事

これが賞金総額20億円のゲーム『Dota 2』か! ごちそう争奪大会“Dotaまらカップ2018”を元プロと観戦

こんにちは。眠そうなミス・ユースケです。1ヵ月以上前の2018年7月28日に開催されたイベントリポートを書く。

 ひとつ、esports界隈の都市伝説を教えよう。

 “賞金総額20億円オーバーの大会”という話は有名なのに、そのゲームの実態を話題にする人は少ない。どうして!? こわい!

 ゲームの名は、『Dota 2』。

 この日、僕は『Dota 2』のオフラインイベントにやってきていた。“Dotaまらカップ2018 in Tokyo”という大会の決勝戦だ。ラピュタは本当にあったんだ、みたいな話である。

 会場内には選手用のPCや座席に加えて、ごちそうが並んだ。

 ゲーム大会を観に行ったら、出てきたのはうまいご飯。きつねに化かされた旅人のようだ。昔話だったら翌朝に泥だんごを食べているのは確実である。

 都市伝説からの昔話。展開のスピード感に慣れるまで時間がかかると思うので、ひとつずつ要素を整理していこう。

調理場の様子。写真を撮っていたら口にばんばん肉と桃を放り込まれた。

 本大会の主催者は牡蠣漁師・小笠原さんが代表を務める企画チーム“ENLIFE”。おもな賞品は、協賛社から提供される牡蠣や肉、桃だ。

 イベントは3000円の有料チケット制。協賛社は思った。「そんなに払ってくれるんだからもてなさなければ食品生産者の名が廃る」と。

 そして振る舞われた大量のごちそう。ホスピタリティーがインフレを起こしている。

※小笠原さんにお話を聞かせてもらったときの記事
ゲームでうまい牡蠣が食える! 異色の大会主催者が考える地方産業と子どもたちの未来

そこらパーティーよりご飯が豪華。みんないい笑顔で食ってた。

川平慈英さん並みに力強い「いいんです」

 さて。試合を楽しく観戦したいが、かくいう僕も『Dota 2』のことには詳しくない。そこで『Dota 2』好きの知人に教えてもらうことにした。

この人。

 プロゲーミングチーム・DeToNatorに所属するdohteloff(ドテロフ)くんだ。

 『Dota 2』が好きというか、元プロである。いまは海外大会を日本語で実況するなど、いちファン・いちプレイヤーとして普及活動を行っている。

 うまいご飯を食べ、元プロにマンツーマンで解説してもらいながら、会場の熱気に身をゆだねる。贅を尽くした観戦スタイル。あとは薄着の美女がでかい葉っぱであおいでくれたら完璧だ。

こんな感じで観戦してました(写真提供:@YossyFPS)。

 詳しいことは置いといて、めちゃくちゃ簡単に見どころを教えてほしいんだけど。

 ユースケさんはどれくらい『Dota 2』のことを知ってるんですか?

 賞金総額20億越え。それなのに、みんなに無視される。不憫

 それ以外で。

 
 僕が知っていることというと、

・開発はゲーム配信サービス“Steam”で有名な米Valve社。
・ジャンルは5対5で戦うMOBA。
・プレイヤーは100種類以上いるキャラからひとりを選択。
・マップ内のオブジェクトを壊して進軍し、敵の本拠地を制圧すると勝ち

 こんな感じだ。

 あとはまぁ、敵側のクリープ(兵士みたいなキャラ)を倒してお金を稼いでアイテムを買うとか。基本ルールは一般的な“MOBA”って感じですね。

【一般的なMOBAのゲーム展開】
序盤:敵やクリープを倒してレベルを上げ、お金を稼ぎ、アイテムを買って自分を強化
中盤:敵プレイヤーとの戦闘が増えてくる
終盤:どちらかの拠点付近での集団戦が激化

大会は主催者・小笠原さんの『Dota 2』ラップからスタート。

試合開始前に両チームががっちり握手。

 観戦の仕方を教えてほしくて。スポーツでもゲームでも、“すごいことが起きている”のはわかる。だったら、すごさの理由を知りたいじゃない。

 たしかに、詳しい人ほどおもしろいと思いますけど、あんまり難しいこと考えなくていいと思いますよ、最初は。

 何となく、でいいの?

 

 いいんです。

 
 川平慈英さん以外でこんなに力強く断言する人は初めて見た。ずっと集中して観る必要はなく、盛り上がる瞬間を見逃さなければ十分とのこと。

 『Dota 2』って、1試合の長さが30~40分だとして、10秒とか1分くらいの短い戦いが連続して起きるんです。適当なところで区切って観るのがいいですよ。

 試合に緩急があるわけか。野球だったら回が変わるときに気を抜くもんなー。“急”のときは集中して見るとして、“緩”のときは?

 ビールでも飲んだらいいんじゃないですかね。

 そんなんでいいの? まとめサイトの見出しだったら【朗報】ってつくぞ。

 サッカーだって、パス回しのときは「ふーん」くらいじゃないですか。で、ゴール前だと「おおおおお!」ってなる。
 その「おおおおお!」は、両チームが接近したり、スキルを撃ちあってるとき。
 よくわからなくても実況・解説が教えてくれるから大丈夫です。あの人たちが盛り上がったら「お、いまか」みたいな。

 難しいことを考えなくてもいい。よくわからなくてもいい。ビールを飲んでいい(家とかで見ているときは)。精神的なハードルがグッと下がった。

 『Dota 2』はesports観戦の教科書みたいなタイトルなのかもしれない。

ブランド好き女子が実装されてるの?

 決勝戦は2本先取のBest of 3形式。オンライントーナメントを勝ち進んだScarusとchaosの2チームがぶつかりあった。

 最初の見どころはキャラ選択だ。得意不得意はもちろん、キャラ同士の相性もある。

 今回の大会ルールでは、相手に使わせたくないキャラを弾いてから自分が使うキャラを選びます。“ピック&バン”ってやつですね。
 相手の得意なキャラを禁止して、自分たちの戦略を組み立てる。戦いは試合に入る前から始まってるわけです。

 キャラ選びで注目することはある?

 敵を倒してお金を稼ぐのが重要なんですけど、お金が必要なキャラとそんなに必要じゃないキャラがいるんです。

 ブランド好き女子が実装されてるの?

 そういうことじゃない。お金が必要なキャラは後半に強くなるんですけど、対策されやすい傾向があるんですね。

 はいはいはいはい。お金を稼ぎにくいように動かれたら弱いと。

 パッチでバランスは変わるものですけど、対策されても大丈夫とか、万能の何でも屋を取るのが、いまの基本的なスタイルですね。

 

みんなでピック&バンについて話し合うchaos。

 左下に羽のついたキャラいますよね。Dark Willow。対策されにくいキャラなんですよ。お金がそんなに必要なくて。

 高嶺の花もいいけど、やっぱり身近なタンポポということだね。

 何言ってるんですか。いきなりピーキーなキャラを取るのが流行った時期もありました。

 就活みたいな話になってきたな。個性の時代と言われたかと思えば、協調性が大事みたいな。

 

dohteloff「コスプレイヤーさんいましたけど、Crystal Maidenも強いですね」。

 話を聞いていると、会場中が大きく湧いた。

 あれはInvokerですね。9個のスキルを使うキャラで、すごく難しいんです。
 Scarusのume選手が非常に得意としているので歓声が上がったんだと思います。

 みんな期待してたってことか。

 難しいぶん、魅力があるんですよ。僕が現役でやってるころ、質問されることも多かったですもん。「Invokerってどう使えばいいですか?」って。

 憧れだよね。難しいキャラ使って活躍したいじゃん。そういうのを大会で観られるのがいいなあ。

 

テクニカルなキャラは強いが対策もされやすい。逆に、無難なキャラは対策されにくい。無難だから悪いということはない。

 試合が始まったらどういう風に観ればいい?

 序盤はキャラ同士の殴り合いが見どころですね。相手と自分たちのキャラを見て、誰に誰をぶつけたら有利か考えるんですよ。
 敵の拠点に通じるルートは“レーン”と言って、上、真ん中、下と3本あります。自分のレーンが押されたら、仲間に助けに来てもらわないと押し込まれちゃう。

 最初は自分のキャラを育てるところから始まります。敵のクリープにとどめを刺すと50ゴールドもらえるんですね。
 これが“ラストヒット”。お金を貯めて、アイテムを買うわけです。

 さっきお金が必要なキャラがいるって言いましたよね。その人にラストヒットを取らせるように動いて、逆に敵にはラストヒットを取らせない。
 そのためにスキルを使う感じです。敵のHPを削るためじゃなくて。

 相手の邪魔をするのが大切なのね。

 

話を訊いていたら大歓声が巻き起こった。

 いまScarus側にFisrt Bloodが出ましたね。最初に敵を倒すことなんですけど。

 敵のキャラを倒してもお金が入るんだよね。一気に有利になったわけだ。

 そうなんですけど、もっと大事なことがあります。

次ページ
  1. 1
  2. 2

 めっちゃテンション上がります。

 テンションかよ。

 いやいや、これすごく大切なんですよ。『Dota 2』って突き詰めると心理戦のゲームなので。

 でもさ、こんなに早くFisrt Bloodって出るもの? 最初はクリープを倒してお金を貯めるって言ってたじゃん。

 上級者は通常攻撃の使いかたがうまいんですよ。ダメージ量を把握しているので、少しずつ削って、最後にスキルでドン! ムダ撃ちがないので、開始早々にFisrt Bloodが出ることもあります。

FisrtBloodに続き、また歓声が上がった。

 真ん中のレーン、ミッドレーンで歓声が上がったのは、何て言うのかな、華があるんです。1対1で戦うポジションなので個人技がすごい。

 わかりやすいスター選手がいるのね。

 さっきのは“1対1で倒しきった”ことへの歓声だと思います。真ん中は重要なんですよ。上にも下にも移動しやすいので。
 観戦するんだったらInvokerみたいなキャラに注目するのはおもしろいかも。真ん中でうろちょろしてるだけだったのに、急に活躍したりする。

 ロマン枠だな。ちゃんと育成できたときの後半がすごい。

 15~20分くらい経つと、単独で敵ひとりを倒せるくらいに育っているはずなんですよ。
 で、この頃は膠着状態になりやすいから、ゲームを動かすために、ちょっとずつチャレンジをしていく。スター性のある選手はこういうところで動くんです。

 そこで歓声をかっさらって、相手にプレッシャーをかけるわけだ。サッカーのストライカーみたいだね。勝利への嗅覚がすごい。

 

ゲーム展開がスピーディーな理由

 『Dota 2』の試合展開って、これくらいがふつう? だいぶ早く感じるのだけど。

 そうですね。だいたいこんな感じだと思います。
 要因はいろいろあると思うんですけど、そのひとつが“Deny”です。わざと自分たちのクリープを倒すこと。どうなると思います?

 いきなり問題出してきた。えーっと、相手はラストヒットを取れないから、ゴールドを稼げない……?

 

 正解です。それをされると本当に何もできないんですよ。ゴールドもないし、経験値が稼げないからレベル上がらない。
 だから、無理にでもラストヒットを狙わないといけなくて、ゲームスピードが速いんです。

 そっか。前に出ないといけないのか、序盤はとくに。あときみの出題もスピーディーだからボケを挟む余地がない。

 守りに入るより、積極的に動いたほうが勝てる確率が高いんじゃないかなと思います。
 上も下も攻めまくるんで「おー、勝ってるじゃん!」ってのが見えれば、自然と歓声も出ますよ。

 野球で言うと乱打戦だ。いちばん盛り上がるやつ。

 あ、いまみんな上のレーンに集まってますよね。まだ試合が始まって10分も経ってないですけど。オブジェクトを壊そうとして人数で仕掛けたのかな。
 どこかひとつのレーンにみんなで押しかけるのも立派な作戦ですからね。こういうのもゲーム展開の早さに関係していると思います。

 そんなに簡単に持ち場を離れてもいいの?

 自軍のオブジェクトにテレポートできるアイテムがあるんですよ。1分間に1回使えるやつが。
 味方の救助に向かったり、相手を倒すためにみんなで一気に移動したりできます。

 1分に1回? そりゃ展開も早くなるわ。

 プレイヤー心理も変わりますよ。対戦ゲームって敵を倒すことより倒されないことが重要って言うじゃないですか。『Dota2』は慎重になるより突っ込んだほうがいい場面がけっこうあるんですよ。
 どんどんプレッシャーをかけるのは、クリープに近づけさせないぞ、お前らいつでも倒せるぞってアピールです。

 マウントの取り合いだ。

 やられてる方は最終的には「もうだめかもなー」ってなりますね。

 そんなこと思ったら負けるじゃん。

 実際に起きるんですよ、世界大会でも。The International(冒頭で書いた20億円越えの大会)に出るような超一流のプレイヤーでも。あるプレイヤーが1試合だけ失敗してしまって、天を仰いでましたからね。

 うわー、それはつらい。

 たとえば、後半に伸びるキャラがいたら「あいつが育ったらまずいからボコボコにしよう」って狙いますよね。ほんとにいっぱいやられるんですよ。トップチームは連携がハンパないから。
 ボコボコにされて活躍できないから、どんどんヘコんじゃう。究極的な話、そこまでギリギリのラインで心理戦が展開されます。

 観客の声援も重要だね。自分がやられた瞬間に盛り上がったら立ち直れないわ。

 ホームとアウェイで分けたらすごいことになると思いますよ。だから、いちばん大きな大会は差が起こりにくい国で開催されるんでしょうね。

 

見えなくなるだけで心理戦が激化

 心理戦と言えば、相手から見えない位置にいるだけでプレッシャーになります。木があるところは“ジャングル”って言って、この中に入ると敵から見えなくなるんです。木の周りで戦って、やばくなったら隠れる。相手の視界を切りながら戦うっていう。
 木と木の間にキャラが通れる隙間があるので、完全に姿を消したまま移動できます。いきなり4~5人で奇襲してもいいですし。

 いたるところに隠し通路があるイメージか。ちらちら見えたら神経すり減りそう。

 「おれ狙われてるかも」と思わせたら、相手は何もできずに、攻撃されるのを恐れて下がっていく。隠れるだけでアドバンテージが取れるっておもしろいと思います。
 ほかに、相手から見えなくなる“スモーク”っていうアイテムもあって、わりと安く買えるんです。これを使って裏から奇襲するのも立派な逆転要素です。

 心理戦というか、もはや化かし合いだね。

 

 それと、“Roshan”っていうでかいクリープを倒すタイミングにも注目しておくといいです。倒すと経験値とお金と“Aegis of the Immortal”というアイテムを落とすんですけど、持ってると一度だけ復活できるんですよ。

 おー、それはそれは。

 ふつうは倒されるとしばらく復活できません。
 もし育ちまくってアイテム持ちまくってるキャラを復活できたら「体力満タンな状態で来たら、やばくない?」ってなりますよね。あれこれ考えてスキルを費やしてやっと倒したのに、すぐ生き返る。

 それも心理戦だ。そのアイテム取ったら実質的にひとり多いようなもんじゃん。

 6対5ですね。うまいチームはあれを取るタイミングが絶妙なんですよ。

 何とか倒したのにもう一回出てくる。ラスボスか。

 

知識を得ると世界の見えかたが少し変わる

 第1ゲームで基本ルールや見どころを教えてもらった。第2ゲーム以降は、それまで見えなかったものが視界に入ってきた気がする。

 知識を得ると世界の見えかたが少し変わるのだ。僕はこれを“目に見えるレイヤー(層)がひとつ増える”と考えている。

 たとえば、街中のパイロン。風景の一部なので、あまり意識しないだろうが、あれはどこかの企業の製品なのだ。それを知ると、どのメーカー製なんだろう、誰が設置したんだろう、と無意識の奥が気になってくる。

 知らなくてもいいのだけど、知ると少しおもしろい。だったら知っておくのも悪くないと思う。

 なお、僕はこの考えかたを“街角図鑑”という本で学んだ。おもしろいので読もう!

僕は好きなキャラに注目する観方がおもしろかった。気に入ったのはBloodseeker。敵全体のHPが少ないほど移動速度スピードが上がるので、縦横無尽に駆け回る姿が気持ちいい。

 esports観戦も似たようなものだ。

 『Dota 2』という世界的な人気ゲームがあり、日本でも熱心なファンに支えられている。彼らのことを知ったうえで、いっしょに歓声を上げるのは楽しかった。仲間になれた気がする。

 ボーっと見るのもいいが、その試合展開になる理由や理論、定石を知っているとおもしろい。「どうしてこうなったんだろう」と自発的に考えられるからだ。自分なりの推論を友だちと語り合うのも楽しいと思う。

 こういうのはスポーツや将棋なんかのファンもやっている。めちゃくちゃ楽しい。

第1ゲームと第3ゲームを取ったScarusが優勝。第2ゲームのchaosの猛攻もすごかった。

足元の宝箱に賞品のデバイス類が入っていた。この演出いいなー。

公式側に認められた大会“Dotaまらカップ”

 ところで、あの外国人は何者? カメラもあるよね。

 
 会場に海外の撮影クルーがいるのがずっと気になっていた。来場者の雰囲気から察するに、『Dota 2』界の有名人なのだろう。

 SirActionSlacksです。“The International”(何度も書くが、賞金総額20億円越えの超でかい大会)の公式インタビュアーですね。僕もびっくりしてます。

 

 興奮した。

 ゲーマーが主催する“Dotaまらカップ2018 in Tokyo”が、世界最高峰のesportsタイトル『Dota 2』の公式側から取材されている。

 これはThe International 2018のサイドコンテンツ。世界の『Dota 2』コミュニティを紹介する企画だ。そのひとつとして、ごちそうとゲーム愛で彩られた日本の大会が選ばれたのである。すごい。

Mara Cup

 後日、Dotaまらカップ2018の世界デビューに感極まりながら、大会内で公開されたドキュメンタリー映像を見ていたら、

僕も世界デビューしてた。うれしい。

 さて。『Dota 2』は日本にパブリッシャーがあるわけではないので、盛り上がりが広まりにくい。それでも楽しく活動している人はいる。

 ちなみに、dohteloffくんが所属するDeToNatorは、吉本興業と協力して『Dota 2』チームを作っている。チーム名は“YOSHIMOTO DETONATOR”。活動拠点はフィリピンだ。

 チームは現地のプレイヤーで構成され、3~5年をかけた中長期的な展開を予定。世界で勝てるチームを目指すのは当然として、いまは人材育成に重きを置いている。

 ゲームを盛り上げるには、コミュニティの力と企業の力の両方が必要だ。日本の『Dota 2』にはどちらもある。Dotaまらカップ2018 in Tokyoはコミュニティの底力を感じさせてくれた。だって、みんな楽しそうだったもの。

 僕はもっといろいろなイベントが見たい。日本全国のゲームコミュニティのみんな、期待してるぞ。

おつかれさまでした。

  1. 1
  2. 2

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る