ファミ通AppVS 新着記事

薄型ゲーミングノートPCに144Hz液晶を採用! MSIが第8世代Coreプロセッサ搭載モデルとSunSisterスポンサー就任を発表

 すごくかっこいいノートPCをエムエスアイコンピュータージャパン(以下、MSI)が発表したので紹介したい。

 2018年4月12日、MSIはゲーミングノートPC新製品のプレス発表会を開催した。

 発表されたのは、2018年4月20日から順次発売となる5シリーズ18モデル。いずれもノートパソコン向け第8世代インテル Core プロセッサーを搭載しており、多くのモデルは筐体を改良。ゲームプレイをサポートするソフトウェアもアップデートされ、全体的に性能が向上している。

4コア/8スレッドから6コア/12スレッドに進化。より多くの処理を行える。

デスクトップPC用のCPUに匹敵する性能を手に入れたことになる。

デザイン性と性能を両立した『GS65 Stealth Thin』

 本来ならここらで各モデルの詳細スペックを書くべきだろうが、難しい話は置いておいて、まずはこの『GS65 Stealth Thin』を見てほしい。

薄い! ブラックをベースに、ゴールドがアクセントになっている。

ゴールドが目立ち過ぎると上品さが失われる可能性もある。絶妙なバランスだと思う。

 14インチの17.9mm薄型ブラックボディに、ゴールドのロゴや縁取り装飾が映える。高級なナイトクラブを思わせるデザインだ。ゲーマーはもとより、エリートビジネスマンにも似合うだろう。室内にさりげなく置いてあってもかっこいい。

 “小型で薄い”というのも重要なポイントである。ゲーミングノートPC(というかPC全般)に対して、大きい・厚い=高性能=メーカー一押しのフラッグシップモデルというイメージを持つPCユーザーは少なくないと思うが、MSIはそんな常識を打ち破ってきた。しかも、スタイリッシュに。

 内蔵パーツは全体的に高性能(スペックは後述)。中でも特筆すべきは液晶パネルだ。縁が細い狭額面設計により、15.6インチ液晶パネルを搭載。それだけでもすごいのに、リフレッシュレートはなんと、

 144Hzである。つい文字をでかくしてしまった。応答速度は7msで、視野角も広め(IPS相当)。要はデスクトップPC用のゲーミング液晶ディスプレーに匹敵する性能なのだ。

 リフレッシュレートが高ければ画面はそれだけ滑らかに表示される。一瞬の判断が重視されるアクションやシューティング系のゲームではとくに有効だ。ノートPCの弱点のひとつ、液晶ディスプレーの弱さを克服してしまった。ちなみに、一般的な液晶ディスプレーは60Hz、ゲーミングノートPCの場合はだいたい120Hzである。

 ハードウェア業界では、デザイン重視で性能が犠牲になることもある。たとえば、高性能パーツを積むと発熱量も多くなるため、強力な冷却システムを搭載しないと性能を十分に発揮できない。どうしても筐体サイズが大きくなってしまう。

 それなのに、『GS65 Stealth Thin』は第8世代インテル Core i7-8750H、NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5などの高性能パーツ類を、厚さ17.9mmの本体内に収納。本シリーズ用に設計された冷却システム“Cooler Boost Trinity”により、しっかりと性能を引き出している。

 筐体デザインにこだわり、性能面も申し分なし。そこに加えて144Hz液晶パネルを採用。MSIの本気が感じられる一台である。上記モデルの価格は35万円前後[税込]。

 もう一度書く。何よりかっこいいのが最高。

ACアダプターも小型軽量化された(左写真のいちばん右が『GS65 Stealth Thin』用のもの)。持ち運びも容易に。

 『GS65 Stealth Thin』はかっこいいという話に続いてほかの製品を紹介する前に、いったんラインナップを整理する。

【シリーズ一覧】
GT:ウルトラハイエンドモデル
GS:超薄型・軽量 ハイパフォーマンスモデル
GE:多機能 ハイパフォーマンスモデル
GP・GF:メインストリームモデル
GL・GV:エントリーモデル

 発表会の会場に展示されていたのは、『GS65 Stealth Thin』に加えて、『GE63 Raider RGB』、『GE73 Raider RGB』、『GT75 Titan』、『GP63 Leopard』の5台。それぞれの特徴を紹介する。

限界まで光らせるという選択『GE73 / GE63 Raider RGB』

 かっこよさにもいろいろある。シックなデザインもいいものだが、「ゲーミングノートPC(デバイス)と言えばギラッギラのイルミネーションだ!」というアプローチもいい。

 イルミネーション大好き派には『GE73 / GE63 Raider RGB』である。今回発表されたモデルのキーボードはすべてRGBバックライトを搭載していて、一部はキー単位で発光の色を設定できる“Per-Key RGB”にも対応。『GE73 / GE63 Raider RGB』にいたっては、天板パネルにRGBライト“Mystic Light”も搭載しているのだ。

 Mystic Lightの発光ポイントは24ブロックに分かれており、光りかたを細かくコントロール可能。まさに光の魔術師である。

 ちなみに、GE73とGE63の差は本体サイズとグラフィックボードだ。『GE73』は17.3インチでGeForce GTX 1070を、『GE63』は15.6インチでGeForce GTX 1060を搭載している。価格は『GE73』が30万円前後[税込]より、『GE63』は26万円前後[税込]。

でかくて高性能。正統進化系『GT75 Titan』

 ある意味で真っ当に高性能を追求したのがGTシリーズだ。大きめの筐体に、これでもかとばかりに高性能パーツを投入。『GT75 Titan』の注目ポイントはCPUである。ゲーミングノートPCとしては初めてCore i9プロセッサーを搭載している。

 2基の大型ファンと9本のヒートパイプを組み合わせた冷却システム“Cooler Boost Titan”を採用し、オーバークロックにも対応。高い冷却性能のおかげでグラフィックボードにGeForce GTX 1080を搭載可能となり、GS・GEシリーズよりランク上の性能を手にしている。価格は44万円前後[税込]より。

メインストリームモデルの『GP63 Leopard』をはじめ、幅広い選択肢に対応

 メインストリームモデルの『GP63 Leopard』は、上位にあたるGE63(2017年モデル)がベースとなっている。

 昨年までは上位モデル向けだった冷却システム“Cooler Boost 5”を装備し、CPUにCore i7-8750H、グラフィックボードにGeForce GTX 1060を搭載するなど、性能は十分。コストパフォーマンスにすぐれたモデルとなっている。価格は23万円前後[税込]より。

 このほかにも、15.6インチの筐体にGeForce GTX 1080を搭載した『GT63 Titan』などのモデルも発表された。

 GeForce GTX 1080のSLI構成(2枚挿し)モデル『GT83 Titan SLI』や薄型モデルの『GS63 / 73 Stealth』、GF、GVシリーズの第8世代CPU版も登場。ニューデザインのエントリーモデル『GL63 / GL73』も併せて、幅広い価格帯・性能から選択可能だ。

SunSisterのメインスポンサーに就任

 発表会は京都コンピュータ学院で開催された。

 同校は日本で最初のコンピューター系教育機関だ。今年で創立55周年を迎え、ゲーム関連の学科もおよそ20年の歴史を誇る。MSIとは2016年から協業の関係にあるとのこと。MSIは関東圏以外でのイベント開催にも力を入れており、今回の発表会も地方施策の一環なのかもしれない。

 発表会には学生も参加し、司会進行は情報処理科IT声優コースの生徒が担当。製品紹介のほかに講演も行われるなど、授業のような雰囲気だった。

インテル株式会社 コンスーマー・クライアント・マーケティング部部長の森井信吉氏。第8世代インテル Core プロセッサーの概要を解説。

株式会社アルファコード 代表取締役社長の水野拓宏氏はVRの本質について講演。僕としても記事作りの参考になる内容だった。

京都情報大学院 講師のキリル・コシック氏はハリウッドでも使われる最新の映像制作テクニックを実演。

 キリル・コシック氏は『Fusion Studio』というソフトウェアを使い、画像や映像を組み合わせていった。MSIのゲーミングノートPCは基本スペックが高いので、ゲームのみならず動画編集にも力を発揮する。

 解説を挟みながら動画制作を進め、少しずつ完成が近づく。動画素材の中には、見たことのある男性が所信表明をする動画があった。

「SunSister所属のCrazySamです。MSIさんのデバイスは、きっと自分たちの力になってくれると思います。よろしくお願いします」。

 プロゲーミングチーム・SunSisterの『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)部門に所属するCrazySam、Sabrac_、gabha、Molisの4選手がスクリーンに映し出されたところで、サプライズ発表があった。

 MSIがプロゲーミングチーム・SunSisterのスポンサーに就任したのだ。そういう演出かー! うおー!

チーム代表の太田桂氏を先頭に、SunSisterが入場。

 SunSisterは5タイトルで活動しており、ここ最近はPC用バトルロイヤルシューター『PUBG』の日本代表チームとしても知られている。

 MSIからはゲーミングノートPCの貸与やプレイ環境の構築、ブランディング&情報発信のサポートなどを受けるという。今後も国際大会に参戦する機会は多いはずなので、持ち運びやすく高性能なMSI製ゲーミングノートPCは大きな助けになるだろう。なお、情報発信サポートというと仰々しいが、要は共同でイベントを開催したりするそうだ。

MSIのマーケティングマネージャーであるFelix Hung氏がスポンサー就任を発表した。

 さて。初耳っぽく書いたが、遅かれ早かれ何らかの協力関係を築くのかもなーとは思っていた。2018年4月1日にSunSister出演のMSI主催イベントが開催されているからだ。MSIスタッフからはSunSisterへの信頼が感じられた。

※関連記事
『PUBG』日本最強チーム・SunSisterが名古屋でのイベントに出演。彼らの成長は止まらない

名古屋市で開催されたイベントの様子。この時点ではスポンサーの件は確定していなかったらしい。

 個人的に、2018年はSunSisterにとって飛躍の年になる気がしている。

 これまでは代表の太田桂氏にマネジメント業務(スポンサーとの交渉や外部窓口など、裏方全般を含む)の労力が集中していたが、今後は『Alliance of Valiant Arms』部門リーダー兼チームスタッフの鈴木悠太氏がもう1段階深くチーム運営に関わるらしい。

 鈴木氏にはゲーム系専門学校講師のキャリアがある。プロゲーマーには人間的な魅力や大人としての一般常識も必要だ。教育の観点から若いプレイヤーをどう導くのか、興味深い。

 また、プロゲーミングチームとして存続するには、きちんと収益を上げることも大切だ。お金が動くと責任が強くなり、本気度も上がる。とは言うものの、これまでに太田氏と話した内容を総合すると、お金の話は苦手なんじゃないかなあと思っている。勝手ながら、鈴木氏の手腕に期待したい。

SunSisterメンバーも『GS65 Stealth Thin』がお気に入りの様子。やはり144Hz液晶ディスプレーがいいのだとか。

ポーズを取らされるMolis選手。

 日本には“日出ずる国”という美称がある。太陽の名を冠したチームの活躍で日本のesportsが夜明けを迎えるのだとしたら、何とも洒落が利いている。MSIの力を借りたSunSisterの動向と成長に注目だ。

元サイトで見る