ファミ通AppVS 新着記事

CORSAIR、ワイヤレスでゲームを快適に遊べるゲーミングマウスやキーボードなどを発表

 PCパーツなどを取り扱うリンクスインターナショナルは、CORSAIR(コルセア)の新製品発表会を2018年4月11日に開催した。

 コルセアはゲーミングデバイスやPCケースメーカーとして知られており、当日はアメリカ本社からAndrew Ware氏とDennis Jackson氏が来日し、報道陣に向けてプレゼンテーションを行った。

 今回、コルセアが発表したゲーミングデバイスのコンセプトは“ワイヤレス”だ。高速かつ安定した通信を約束する製品で、レスポンスを重要視するゲームファンにとって魅力的な製品が揃っている。ケーブル配線でぐちゃぐちゃになりがちなゲーム環境を、すっきりさせたいときにオススメしたいアイテムばかりだ。

コルセアの新商品、ワイヤレスキーボード『K68 RGB』。

ゲーミングデバイスを担当するAndrew Ware氏。

PCケースやファンなどコンポーネントを担当するDennis Jackson氏。

カラフルに光るゲーマー向けワイヤレスキーボード『K68 RGB』

 LEDのイルミネーションが美しいワイヤレスメカニカルキーボード『K68 RGB』は、なんと防水防塵の製品。うっかり飲みものをこぼしてしまっても問題なく使えるのがうれしい。キーボード本体内に液体やゴミが侵入しても、底面に開いている12個の穴から排出される。

 肝心なキーボードの機能もすばらしい。ワイヤレス通信は2.4GHz無線とBluetoothのどちらかを選択可能で、付属のケーブルを使用すれば有線接続もオーケー。キースイッチは安心の“Cherry MX”を採用しており、快適な操作が約束されている。

 気になるバッテリーの持続時間は、LEDを点けた状態で約15時間、LEDをオフにすれば75時間も使用できる。日本国内での発売時期は2018年5月以降で、価格は未定。

テンキーレスのコンパクトゲーミングワイヤレスキーボード『K63』

 2.4GHz無線とBluetooth、さらに有線接続も可能なワイヤレスメカニカルキーボード。キースイッチやバッテリー持続時間は『K68 RGB』と同じで、こちらはテンキーが省かれたモデル。テンキーを使わないゲームを遊ぶ人は、省スペースモデルのこちらをオススメする。

キーボードを膝に乗せて使う『K63 WIRELESS GAMING LAPBOARD』

 ワイヤレスキーボード『K63』を膝の上に乗せて使うための“ラップボード”と呼ばれる機器が『K63 WIRELESS GAMING LAPBOARD(ワイヤレス ゲーミング ラップボード)』。

 この製品は『K63』と合体させられる板状の製品で、この上でマウス操作も行えるというもの。PCの画面をリビングの大画面テレビに映してプレイするときを想定して開発された製品だ。

無線とBluetoothで通信できるゲーミングマウス『DARK CORE RGB』、『DARK CORE RGB SE』

 コルセア初のワイアレスゲーミングマウス『DARK CORE RGB』。2.4GHzの無線かBluetooth、どちらかの通信で使用できる。本体右側には同梱するグリップを装着可能で、動きの激しいゲームをプレイするときに真価を発揮しそうだ。

 また、この商品のスペシャルバージョン『DARK CORE SE』は、ワイヤレス給電テクノロジー“Qi(チー)”に対応している。対応の充電機器を持っていれば、電池残量を気にせずに使い続けられる。日本国内での発売は2018年5月以降を予定。価格は未定だ。

非接触給電機能付きマウスパッド『MM1000 Qi WIRELESS CHARGING MOUSE PAD』

 “Qi”の充電台機能つきマウスパッド。『DARK CORE RGB SE』をこの上で使うと、給電しながら使い続けられる。

 充電できるポイントはマウスパッドの右上のマーク。ここに“Qi”に対応したデバイスを置いておくだけで充電でき、もちろんマウスパッド部分は『DARK CORES SE』以外の端末にも使える。

 なお、本製品には“Qi”のセンサー付きアダプターが付属するので、非対応のスマートフォンや音楽プレイヤーも充電可能だ。アダプターの端子はUSB Micro-BとUSB Type-C、Lightningに対応している。

マイクを着脱可能なゲーミングヘッドセット『HS60』

 マイク部分を取り外せるゲーミングヘッドセット。高級感溢れるメタルな質感と、頭部にフィットする使い心地にこだわって開発された。

 『HS60』のマイクは音声通信をしたいときだけ装着できるので、音楽を聴くときは一般的なヘッドフォンとして利用可能だ。さらに、音声をバーチャルで7.1サラウンド化させるドングルが付属。いつも遊んでいるゲームの臨場感が増すことウケアイ!

内部が丸見え! ガラス張りデスクトップPCケース

 さらに、本体の側面が強化ガラスのPCケース『275 TG』も発表された。当然、PCの内部の様子は丸見え。マザーボードやファンを色とりどりのLEDで装飾したい人に最適なケースとなっている。日本での発売は2018年4月21日を予定しており、価格は1万4040円[税込]。

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る