ファミ通AppVS イベントリポート

RAGE『スプラトゥーン2』大会、初代王者はTASO! 速報リポート&優勝直後のTASOの4選手に直撃インタビュー!

 2018年3月21日、千葉・幕張メッセで開催されたesportsイベント“RAGE 2018 Spiring”。本イベントでは、RAGEとしては初となる『スプラトゥーン2』の大会“RAGE Splatoon2 Extreme”が行われた。大会は、第3回スプラトゥーン甲子園優勝チームの“GG BoyZ”を始め、スプラトゥーン甲子園の上位チームや、有志の大会で上位に入った経験を持つチーム、1月に発足したばかりのプロゲーマーチーム“USG(Unsold Stuff Gaming)”、女性プロゲーマーチームの“花鳥風月”(花鳥風月 花組、花鳥風月 月組)などが出場。会場には、スペースに入りきらないほどの多くの観客が集まった。

 大会は、プロゲーマーチームの“Lib.Calamari”が1回戦で敗退するなど、波乱の幕開け。優勝候補の一角と目されていた“デトネーションゲーミング”も予選の決勝でRe:SPCに敗れる展開となった。Re:SPCを倒して勝ち上がったGG BoyZがRAGEでも王者となるかと思われたが、そこにストップをかけたのが“TASO”。ガチホコバトル、ガチヤグラでGG BoyZに勝利したTASOが決勝へと駒を進め、同じく決勝に進出した高身長チーム“EMP演劇部”と激突。EMP演劇部も、準決勝で“もめもめムームーズ”に2連勝をするなど実力は十分だったが、TASOがつねに攻め続ける勢いに加え、ガチホコバトルでモズク農園の相手陣地で潜伏をするという大胆な戦略を成功させ、2連勝で初代チャンピオンに輝いた。

決勝トーナメントに進出した8チームのリーダー。

EMP演劇部のメンバー。

TASOのメンバー。

TASOの優勝が決まった瞬間。

3位までのチームと、MC、解説陣とともに。

次ページ
  1. 1
  2. 2

 優勝したばかりの興奮冷めやらぬTASOのメンバー、かよたそ選手、ぱいなぽー選手、ガワタ選手、ゆっきー選手を直撃! 優勝の喜びや大会を振り返るインタビューをさせていただいた。

TASOのメンバー。下段左からかよたそ選手、ぱいなぽー選手、ガワタ選手、ゆっきー選手。

プロフィール

かよたそ

ぱいなぽー

ガワタ

ゆっきー

――まずは、優勝おめでとうございます! 今回、優勝できそうだ、という手応えを感じたのはどのタイミングでしたか?

ぱいなぽー 決勝最終戦に、エンガワ河川敷のガチヤグラに決まったときですね! 自信があったので、これは行けると思いました。

――今回の優勝できた、最大の勝因はどこだったと思いますか?

ゆっきー ほかのチームが、自分たちのやりたいことよりももっと丸く丸く安定した立ち回りをするという方向性の編成を行っていたのに対して、僕たちは自分たちを信じて、自分たちが使ってきたブキを持つ編成で挑んだというのが勝因だと思っています。自分たちのやりたいことがしっかりできたかなと。

――そういった戦法は、誰かの発案で採用したのでしょうか?

ゆっきー みんなですね。

かよたそ 一回、僕たちもバランスを取って丸くしようとしたんです。

ぱいなぽー それで、ボッコボコにされて。俺たちにはこれしかねえと、自分たちのブキを持つようにしました。

――今日、いちばん苦しかった戦いはどこでしたか?

一同 GG BoyZ戦ですね。

――GG BoyZのメンバーとは、以前同じチームを組んでいたり、よく対抗戦をされていたりと、縁が深いと思いますが、やはり特別な想いはありましたか?

ぱいなぽー そうですね。負けられないという気持ちは強かったですね。

――今回、ガチマッチのルールでのバトルでしたが、今回の大会の中で、とくにおもしろかった、いい試合ができたと思えるルールはどれでしたか?

かよたそ やっぱりヤグラがいちばんおもしろかったです。練習でもよく勝てるルールで、とくに自信があったので。

ぱいなぽー 僕もガチヤグラですね。僕たちは、ほかのチームと違って、ハイパープレッサーなしで、自分たちのブキのメイン能力を使ってゴリ押しをするという戦法だったので、それがちゃんと大会でも実現できたのはよかったです。

ガワタ 僕もガチヤグラです。とくにザトウマーケットのガチヤグラルールは、練習で一度も負けなかったので、GG BoyZ戦の3戦目でガチヤグラのザトウマーケットに決まったときは、「これは行けたな!」と思いました。

――ガワタ選手は、決勝のEMP演劇部戦で見せたモズク農園のガチホコバトルの活躍も目立ちましたよね!

ガワタ あれ(編注:相手陣地に潜伏し、ガチホコを持って抜けようとした相手を倒してガチホコを奪い取って、一気にカウントを進める戦法)は狙い通りというか、練習の成果なんです。じつは、練習中に対戦相手にあの戦法を使われて。それで、この動きはいいなと、いつか使えるんじゃないかと思ってたんですね。それで、イメージトレーニングをして、どうすれば実際に使えるか、相手に刺さるかを考えていたんですが、そのタイミングが大会中にたまたま来たと。

――そうだったんですね! その後のジェットパックを含め、すばらしい動きでしたね。

ガワタ ありがとうございます!

――続いて、ゆっきー選手は、今回の大会でとくにいい試合ができたルールは?

ゆっきー 僕もガチヤグラですね。みんな、どのチームもヤグラにはハイパープレッサーで止めるという戦法を取る中で、僕たちの個性として、ガンガン乗って、ガンガン攻めるというのができたのが強かったんじゃないかなと。

――ゆっきー選手は、第2回スプラトゥーン甲子園に続く優勝になりますね。

ゆっきー そうですね。この日本に4枚しかないパーカーと、4枚しかないスプラトゥーン甲子園のユニフォーム(編注:スプラトゥーン甲子園のユニフォームは各チーム、各大会ごとに異なる)、2種類を持っているのは僕だけなんで、自慢にしたいと思います(笑)。

――皆さん、ガチヤグラを挙げていましたが、TASOチームの中でいちばん得意なルールだったのでしょうか?

かよたそ はい。勝率もよかったので、自信のあるルールでした。

――今回、いちばん決まってよかった、手応えを感じたシーンはどこになりますか?

ガワタ やっぱり、モズク農園の左下で潜伏したところから、一気にカウントを進められたところですね。

――ほかに、皆さんが印象に残っているところは?

ぱいなぽー 決勝最終戦のエンガワ河川敷のヤグラで、僕とガワタくんが最後に相手を倒してヤグラに乗って、そのままノックアウトできたシーンがすごくよかったです。

ゆっきー 僕も決勝最終戦の最後に、7連続くらいで相手を倒せて。自分で抑えるという、いつものガチマッチの経験が活きたかなと思います。

――練習の成果がとくに出たところは?

かよたそ ザトウマーケットのヤグラでしょ。

ぱいなぽー あと、モズク農園のガチホコバトルも。けっこう負けてたし。

ガワタ 僕ら、練習でけっこう負け越していてあんまり自信なかったので、慎重に進めたのがいい結果になった気がします。

ゆっきー どんどん持とう、どんどん乗ろうと、オブジェクトに積極的に絡んでいこうというのをすごく意識して、それから勝率が上がっていきましたね。

――今後、もしRAGEの『スプラトゥーン2』第2回大会や、第4回スプラトゥーン甲子園があったら、同じチームで出るのでしょうか?

かよたそ みんなの都合が合えば、出たいですね。

ガワタ 僕はこれから大学の学生生活が忙しくなるので出られるか、ちょっとわからないんです。

ぱいなぽー あと、ハイパープレッサーが弱くなれば出ます! 僕たち、ハイパープレッサーから逃げてきたんですが、どのチームも2枚、3枚と使ってきたので。

――いやいや、ハイパープレッサー使わなくても勝ったじゃないですか!(笑)。RAGEの『スプラトゥーン2』第2回大会があれば、チャンピオンとして挑戦を受ける側になると思うんですが、その立場になることにどういう思いがありますか?

ゆっきー 僕たちは、今回の大会も挑戦者という気持ちで出ていたわけではなくて、優勝するやろなと(笑)。

(ざわつくチームメンバー)

ゆっきー いやいや、かかってこいと(笑)。

ぱいなぽー ハイパープレッサーに頼っているようなチームじゃ、僕たちには勝てないですね!

かよたそ スペシャルに頼り切らず、素の戦闘力を磨いて、がんばります!

――では、皆さんが出場されることになったら、また活躍を期待しています。今日はおめでとうございました!

一同 ありがとうございました!

  1. 1
  2. 2

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る