ファミ通AppVS イベントリポート

“皇帝”がチャンピオンに返り咲きッ!! 対戦ゲーム大会“春拳 Spring Fist”in『ARMS』部門詳細リポート

 2018年3月17日、青山スパイラルホールにて、対戦ゲームの大会“春拳 Spring Fist”が開催された。本大会は、『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』、『ARMS』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の試合が、予選から決勝まで行われた合同ワンデイトーナメント。本記事では、『ARMS』部門に関する詳細な模様をリポートする。また最後には、優勝者へのインタビューもお届けしよう。なお、ほかのタイトルの模様などは下記記事をチェックしてほしい。

『ポッ拳』『ARMS』『スマブラWiiU』世界大会出場権などを懸けて争わた大型大会“春拳”をリポート

2018年3月17日、東京都青山にて、対戦ゲーム3タイトルを競技種目とする大会“春拳 Spring Fist”が実施された。

会場となる、青山スパイラルホール。

受付では、朝早くから予選参加者たちの列が形成されていた。

大会参加者たちには、各ファイターたちが描かれた『ARMS』のシールなどが配布がされた。

 予選は会場を3つのスペースで区切り、3タイトルの予選が平行して行われた。『ARMS』部門では、A~Dブロックに分かれての予選トーナメントを実施。ルールは2試合先取(Bo3)で、使用キャラクター&アームは試合ごとに変更可能。使用ステージは、ギミックが勝負に影響を及ぼしやすいステージと両選手が指定した3ステージを除外した、5つのステージからランダムで決められるという大会ではおなじみの形式。

 大会には老若男女問わず、幅広い年齢層のプレイヤーが参加しており、とくに女性プレイヤーはいままで行われた大会よりも多かった印象。また、これまでの大会で優秀な成績を残してきた有名なプレイヤーも多数出場していた。

しんごろー選手

Pega選手

こへう選手

inkjetto選手

“ARMS JAPAN GRAND PRIX”3代目王者である、しゃとう選手。この日は、優勝者と行う防衛戦を控える身。予選から出場選手たちと、観戦を楽しんでいた。

赤だるま選手

予選終了後には、会場で自由に対戦を楽しむスペースも設けられ、そこでは実況解説を務める、ポルンガ選手も子どもたちと対戦をくり広げていた。

 また、『ARMS』といえばプレイヤーたちの暖かいコミュニティーも特徴のひとつ。大人も子どもも、真剣勝負が終われば、固い握手を交わしていた。自作のグッズを持ち込むなど、熱心なファンも多いのも『ARMS』ならでは。掲載許可をいただいた、いくつかの自作グッズたちをここでご紹介しよう!

ニンジャラのアイロンビーズ! カバンの飾りになっていて、超カッコいい!

DNAマンのぬいぐるみ! キュートなサイズのDNAマンもかわいい!

ミェンミェンのニット帽! 缶バッジも、もちろん自作グッズです。

ちなみに、しゃとう選手はご自身の缶バッジを付けています。『ARMS』プレイヤーに、缶バッジ職人がいるのだとか……!!

アール氏おなじみの「いってみましょおおおお!」の熱いコールで、大会がスタート!

優勝は誰だ!? 白熱の“春拳 Spring Fist”決勝トーナメント!

 予選を勝ち上がり、決勝トーナメントに出場する4人が決定! ここからは、ステージ上で試合が行われる。大会MCを務めたのは、格闘ゲームの大会では実況なども担当する・アール氏。そして、『ARMS』部門の実況&解説は、トッププレイヤーとしても知られるポルンガ選手&Ωペン選手が担当した。

ポルンガ選手(写真左)とΩペン選手(写真右)

この大会は、“ARMS JAPAN GRAND PRIX”提携大会でもある。優勝者には、トロフィーのほかに、現王者であるしゃとう選手へのチャレンジ権が与えられる。

 決勝トーナメントに出場するのは、しんごろー選手、Pega選手、Pak3Ssyl選手、あなほりし選手の4名。中でも、“第1回ARMS オンライン公開スパーリング”の優勝者・しんごろー選手、“ARMS JAPAN GRAND PRIX”の1~2代目チャンピオンであり、“皇帝”の異名を持つPega選手には、ファンたちから多くの期待が寄せられていた。また、Pak3Ssyl選手、あなほりし選手はどちらも10代と、腕前に年齢は関係がないことを感じさせてくれた。

しんごろー選手

Pega選手

Pak3Ssyl選手

あなほりし選手

 最初のマッチは、ピンクカラーのメカニッカ一筋で戦ってきたしんごろー選手と、絶対的な強さを持つPega選手の試合。1試合目は、しんごろー選手はもちろんメカニッカ。Pega選手は、マックスブラスを使用。序盤からPega選手は、雷属性のアーム“スパーキー”で動きを止めて、投げ技を決めるという怒涛のラッシュでしんごろー選手を追い詰め、1試合目は危なげなくPega選手が奪取。そして第2試合では、なんとここまでメカニッカを貫いてきたしんごろー選手が、隠し玉としてドクターコイルを選択! しんごろー選手の、勝利への執念が感じられる組み合わせとなったが、対するPega選手は冷静沈着。爆発するアーム“エクスブロー”を使い、空中に浮くドクターコイルをしっかりと捉え、勝利したのはPega選手となった。

 続いては、マックスブラス&ミサンゴ使いのPak3Ssyl選手と、DNAマンをメインキャラクターとしている、あなほりし選手の試合。お互いマックスブラスを使用するミラーマッチとなり、お互いに“フリーザー”で足を止めてから攻撃を仕掛ける同じ戦法で戦いを進める。ラウンドを取って取られての展開が続くが、1試合目、2試合目ともに制したのはあなほりし選手となった。

 決勝戦は、Pega選手VSあなほりし選手。なお、決勝戦のみ3試合先取(Bo5)ルールでの戦いとなる。第1試合はPega選手がマックスブラスを選択し、あなほりし選手がメインに使用しているDNAマンを選択。しかし、Pega選手はDNAマンの苦手とするアーム“バーチカル”をしっかりと用意しており、終始優勢に試合を進めて勝利。2試合目以降は、あなほりし選手もマックスブラスを使用するが、Pega選手が圧倒的な強さで完封! “春拳 Spring Fist”『ARMS』部門を優勝したのは、“皇帝”Pega選手となった。

優勝したPega選手は「勝ててうれしいですね。(この後の)防衛戦、勝ちます」と、冷静ながらも強気なコメント!

王者・しゃとう選手VS皇帝・Pega選手!

 そしていよいよ、“ARMS JAPAN GRAND PRIX”チャンピオンマッチへ。“ARMS JAPAN GRAND PRIX”とは、選手がチャンピオンベルトを掛けて戦う公式マッチ。公式大会または提携大会で優勝した選手に、チャンピオンへの挑戦権が与えられるのだが、3代目王者のしゃとう選手以外は、すべてPega選手がベルトを奪取しては、ベルトを返上していたため、今回が初の防衛戦となった。

しゃとう選手

 1試合目は、しゃとう選手がドクターコイル、Pega選手はやはりマックスブラスを使用。Pega選手は序盤からダウン後にうまく攻撃を重ねて、しゃとう選手の立ち回りを封じながら戦っていく。横に攻撃範囲の広いアーム“トリプルボム”を駆使して、ドクターコイルの空中での動きをうまく止めていき、圧倒的な強さをみせつけPega選手が1試合目を奪取。

 2試合目は、なんとPega選手がミェンミェンを選択。龍化でパワーアップできるミェンミェンの左手に“トリプルボム”を合わせて、ドクターコイル対策は万全。それに対して、しゃとう選手も拳が大きく相手のパンチを弾きやすいアーム“パラライザ”で、“トリプルボム”を潰していく。しかし、さらにPega選手はその“パラライザ”を飛び越えて攻撃をするという対策をみせるなどして、2試合目もPega選手が勝利となった。

 そして優勝に王手の掛かった3試合目。Pega選手はマックスブラスにファイターを戻すと、しゃとう選手をステージの角から完全に逃がさない立ち回りをみせて、最後は一方的な試合展開で完封! みごと4代目チャンピオンに輝いたのは、“皇帝”Pega選手!!

 チャンピオンベルトの授与には、『ARMS』プロデューサー・矢吹光佑氏が登場。矢吹氏は、Pega選手に「1マッチも取られていない、パーフェクトな試合運びは圧巻でした」と、感想を述べていた。そしてPega選手は「あ、そっか、返上しないと」と言いつつ、やはりいつものようにベルトは返上。最後には、「次回の大会は決まっていませんが、また挑戦してベルトを取ろうと思います」とコメントし、“皇帝”らしさ全開で、本大会は終了となった。

残念ながら敗北してしまった前王者・しゃとう選手は「悔しいです!!!!!!」と、大きなシャウトで会場を沸かせていた。

矢吹光佑氏

4代目王者・Pega選手にミニインタビュー

 最後に、優勝を飾ったPega選手へのミニインタビューをお届け。

――まずは改めて、“春拳 Spring Fist”、そして“ARMS JAPAN GRAND PRIX”チャンピオンマッチに勝利した感想をお聞かせください。
Pega選手 “ARMS JAPAN GRAND PRIX”チャンピオンの1代目、2代目と重ねて、「このベルトは僕のものだな」と思っていたんですよ。ですが、“闘会議2018”では残念ながら敗北してしまいました。そして今回、大会に優勝でき、防衛戦でも勝利して、ベルトを取り返すことができましたので、とてもうれしかったです。

――予選を振り返っていかがでしたか?
Pega選手 予選では、強豪選手たちと当たり、少し危ない試合もありました。ですが、一応すべて勝てたので、かなり調子がよかったです。

――では、準決勝のしんごろー選手とのバトルはどうでしたか?
Pega選手 しんごろー選手は、つねにメカニッカを使う選手ですが、メカニッカはマックスブラスが苦手なんですよね。それでも、これまでもしんごろー選手と戦うときは、メカニッカでした。そして今回、ドクターコイルをくり出してきて、しかも相当高いレベルで使いこなしていましたね。

――ドクターコイルが出てきたときは、Pega選手でも驚きましたか?
Pega選手 予想はしていました。ですが、まさかしんごろー選手が使うとは、という点はやはり驚きましたね。

――続いて、決勝戦のあなほりし選手との戦いは、どういった戦略で挑んだのでしょうか?
Pega選手 あなほりし選手は、複数のファイターを使う選手ですが、DNAマンをメインに戦っている選手です。ですが、途中からマックスブラスにファイターを変更していましたよね。今回の大会は、準決勝からマックスブラスばかりでした。この大会は、『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』のプレイヤーの方々も見てくださっていますから、いろんなキャラクターをみせたいので、DNAマンを貫いてほしかったのが正直なところです(笑)。

――なるほど。個人的には、マックスブラスがメチャクチャ強いファイターだと、勘違いされそうだなと感じていました(笑)。
Pega選手 マックスブラスは強いキャラクターではありますが、そこまで飛び抜けた力を持っているわけではないです。ぜひそこは、勘違いしないでください。

――そして、しゃとう選手とのチャンピオンマッチはいかがでしたか?
Pega選手 この大会に参加する前から、優勝すればチャンピオンマッチに挑むことになるわけですから、しゃとう選手への対策はガチガチに固めてきました。たとえば、“トリプルボム”を採用した点などですね。

――2試合目で、ミェンミェンを選択したのも対策だったのでしょうか?
Pega選手 ミェンミェンはドクターコイルと互角に戦えると言われているのですが、僕自身はミェンミェンを使い込んでいないので、そこまで自信はありません。ですから、ドクターコイルに当てるつもりはありませんでした。2試合目で、しゃとう選手がマックスブラス対策に、ツインテーラを選択してくると思ったんですね。その対策にミェンミェンを選びましたが、結果的にはドクターコイルとの戦いになりました。ですが、ミェンミェンでもドクターコイルと戦える対策もバッチリしてきたので、それが生きたわけです。

――3試合目では、マックスブラスに戻しましたね。
Pega選手 やはりメインで使用していますから、自信があります。もしツインテーラが来ても、負ける気はありませんでしたし、すでに2本勝ってますから、最悪1本取られてもいいので、マックスブラスを信頼して使いました。

――そしてみごと勝利し、4代目、そして3回目の王者となった気持ちはいかがですか?
Pega選手 ここまでくると、自分が最強のプレイヤーであること、チャンピオンであることが、周囲の人に認められている感じが本当にうれしいですね。今後も、強くあり続けたいです。

――次回の大会は発表などされていませんが、ベルトも今回返上されましたね。
Pega選手 “闘会議2018”では、予選が1試合先取ルールだったので、もしつぎの大会も1試合先取なら、じつは返上しないでおこうと思っていました。ですが、今回の“春拳 Spring Fist”は2試合先取だったので、返上しました。やはりつぎの大会も、チャレンジャーとしてイチから大会に優勝したいです。

――やはり1試合先取より、2試合先取のほうが安定しますか?
Pega選手 そうですね。ただ、1試合先取だった場合の対策も考えているので、もしつぎの大会が1試合先取でも負ける気はしないです。

――では、本大会に向けて、どれだけやり込んでいましたか?
Pega選手 計算したことがないので、プレイ時間は分からないですね。ただ、どんなときでも勝つことがいちばんうれしいので、常日頃勝つことだけを考えてプレイしていました。

――ご自身で、勝因は何だと思いますか?
Pega選手 これが分からないんですよ。しゃとう選手、こへう選手と1週間前くらいに戦ったときは、けっこう負けることもあったんですよ。ただ、最近はまったく負けないようになって。なぜ勝てるのか分からないのですが、この調子がこの大会でも続くように、祈っていたのが勝因と言えるかもしれませんね。

――Pega選手の圧倒的な強さの秘訣はなんですか?
Pega選手 勝つことへの執着心です。

――では最後に、読者と『ARMS』プレイヤーに向けてメッセージをお願いします。
Pega選手 『ARMS』はどんな人でも、やり込めば必ず強くなれるゲームです。もし勝ちたいという気持ちがあれば、ひと一倍やり込むことが大事です。そして、もしつぎの大会が開催されたら、僕が必ず優勝するので、覚悟しておいてください。

元サイトで見る