ファミ通AppVS イベントリポート

『PUBG』国内リーグ“PJSα”Phase2 Day5は、THE SHABLESが勝利! 実況・OooDaと、解説・SHAKAが選んだ“本日の注目選手”は?

 PC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、『PUBG』)のDMMGAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”αリーグが現在開催中。Phase2のDay4(Round1~3)に続く、Phase2 Day5(Round4~6)が、2018年3月17日に実施された。

<関連記事>

『PUBG』国内リーグ“PJSα”Phase2 Day4の勝者は、CYCLOPS athlete gaming! 実況・岸大河と、解説・SHAKAが選ぶ“本日の注目選手”は?

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のDMMGAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”αリーグが開催中。試合結果と本日のMVPを掲載。

『PUBG』国内リーグ“PJS”、βリーグ開始へ向けた今後の展望を発表。FPP、ミラマー、キルポイントについて言及

PC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のDMMGAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES(PJS)”について、大会運営チームよりβリーグ開始へ向けた今後の展望が発表された。

“PJSα”Phase2 Day5

 ここでは、Phase2 Day5の各ラウンドの試合結果および、現在のランキングをお知らせする。また、Day5の実況を務めたOooDa、解説のSHAKAが選ぶ“本日のMVP”をあわせて掲載。

Round4 結果

1位 V3 FOX
2位 野良連合 白虎組
3位 JUPITER NOVA
4位 SCARZ
5位 THE SHABLES

Round5 結果

1位 Zaphkiel Gaming
2位 バナナマン
3位 AKIHABARA ENCOUNT GG
4位 Dimension-3
5位 Rascal Jester

Round6 結果

1位 THE SHABLES
2位 USG_Hyster1cJam
3位 Zoo Gaming / Penguin
4位 DetonatioN Gaming
5位 SunSister Suicider’s
5位 野良連合 Rosso Bianco

Day5のモストキル

SunSister Suicider’s CrazySam選手
THE SHABLES Lia-EMT選手
ともに11キル

Day5 結果(Round4~6)

1位 THE SHABLES
2位 野良連合 白虎組
2位 JUPITER NOVA
4位 USG_Hyster1cJam
4位 Zaphkiel Gaming

Day5終了時点でのランキング

1位 USG_Hyster1cJam
2位 JUPITER NOVA
3位 Zoo Gaming / Penguin
4位 V3 FOX
5位 DetonatioN Gaming

 以下では、Day5の実況を務めたOooDaと、解説のSHAKAが選んだ、本日もっとも活躍した注目選手を紹介する。

Day5の実況を務めたOooDa(左)と、解説のSHAKA(右)

実況・OooDaが選ぶ本日のMVP

バナナマン
Pureboy選手

公式サイト 選手インタビューページ <バナナマン>

 Pureboy選手はRound5序盤、車両衝突でのキルを狙うTHE SHABLESのRocKMYbe選手の車を避けていた。しかし、そこに追い打ちにきたqazedctgd選手にハンドガンで追い込まれて倒されてしまった。それが思わず笑ってしまう、いいシーンだと感じました。これもまた、ほかのゲームにはない、『PUBG』のよさだと思います。

 また、Round4の冒頭には、Sengoku Gaming Destroyのsenpai選手も、SunSister Suicider’sのsabrac選手にバギーで気絶させられてしまいました。そのまま殴られてキルされてしまう場面も、同様にいいシーンでしたね。

 Day5でとくに印象に残ったシーンは、Round5の崖での最終決戦。海にDimention-3のTeTsu選手、MomijiXD-選手、AKIHABARA ENCOUNT GGのwashman選手、FireMight選手、バナナマンのZeRryyyy選手の5人がいて、一方の陸には、Zaphkiel GamingのLuX選手、Melfy選手、バナナマンのsubeni-ru選手、aisuchama選手。

 あの高所と低所の崖での攻防が、あまり見られないシーンだったので、非常におもしろかった。その状況で、選手たちがどう立ち回るのが正解なのかと混乱しながらも戦っている様子が伝わってきました。

 中盤からAKIHABARA ENCOUNT GGとDimention-3は、ずっと水中にいて、最終局面まで生き残っていました。最後にキルを取られていなかったらドン勝のチャンスもあり、こういったシーンもじつに『PUBG』らしい。Day5は、緊迫感の中での“おもしろさ”が存分に伝わってきたシーンが多かったですね。

 また、Day1~4とは動きかたが変わってきて、選手たちもリラックスしてプレイできていたと感じました。

解説・SHAKAが選ぶ本日のMVP

THE SHABLES
Lia-EMT選手

公式サイト 選手インタビューページ <THE SHABLES>

 Round6の最終局面で、1on1on1の形になったときに、ほかの選手の音を聞き逃さずにグレネードで処理した場面。グレネードの投擲の正確さと、敵の位置をしっかりと記憶しているという点ですばらしいプレイでした。

 また、USG-Hyster1cJamのAkira90選手が車で中心へと移動する際に、その位置を正確に覚えていて(直前にに一発撃たれている)、車の方向を察知しつつ、チラッと見えた瞬間に立ち上がってキルを取った判断力とエイム力、瞬発力のどれもがすばらしかった。

 Day5で印象に残ったシーンはRound4の最終場面。位置的にV3 FOXが有利だったが、野良連合 白虎組のnWT_選手がバギーで非常に強い位置を取りにいった。

 あそこでnWT_ssat0選手に位置を取られてしまうと、V3 FOXは野良連合 白虎組に挟まれる形になってしまう場面だったにも関わらず、まずV3F_yobiyobi選手のAKMによる正確な射撃でnWT_sssat0選手をダウン。続いて、nWT_amonot選手が顔を出してきたところで、V3F_Manju選手の正確なスナイピングで、見事なドン勝を決めていました。

 また、その電磁パルスの収縮時、V3F_Manju選手とV3F_whitejack選手が前線を押し上げる際には、目の前にいたJUPITER NOVAのJUN_Kairos4G選手をしっかりとスナイピングして、的確に敵を処理。さらに、野良連合 白虎組のnWT_Luuumis選手が後方に移動した際も、サイドからしっかりとカバーを入れて敵を削っていました。

 役割分担がしっかりとしているし、スナイピングの技術力が存分に発揮されたシーンで、めちゃくちゃ印象に残っています。あれは、忘れられませんね。

 Day5では全体的に、積極的なキルムーブや、味方を活かすような動きが詰まっていた感じがします。

PJS αリーグ Phase2 スケジュール

▼2018年3月31日(Day6)
17:00~Phase2 Round7
19:00~Phase2 Round8
20:10~Phase2 Round9

 Phase2 Day5を終えて、いよいよ混戦模様を呈してきた“PJS αリーグ”。どのチームにも勝利の可能性が見えている。Phase2を制するチャンピオン、そして続くβリーグへ向けての入れ替え戦に参加するチームが決定するPhase2最終戦は、3月31日開催となっている。

<αリーグ Phade1のアーカイブはこちら>
<PUBG JAPAN SERIES(PJS)公式サイト>

  • Copyright (C)DMMGAMES. | (C)PUBG Corporation. All rights reserved.

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る