ファミ通AppVS イベントリポート

「GO! デト!!」で泣く。東海テレビ×DeToNatorイベント“Nagoya e-Sports Festival”が最高だった

 プロゲーミングチーム・DeToNatorのイベントで泣いてしまった。

 イベントとは、2018年3月4日に開催された“Nagoya e-Sports Festival vol.0(主催:東海テレビ)”のことである。DeToNatorといっしょにesportsを楽しむべく、会場には延べ1700人ほどのファンが訪れた。

 会場(名古屋市テレピアホール)の最大座席数は504席。1700人というのは述べ人数で、多くは立ち見だったとはいえ、少しばかり時空がねじ曲がっていないか。

会場オープン40~50分前の様子。すでにめちゃくちゃ並んでいる。

内側からの様子。行列は左側の階段に向かって伸びている。

最後尾が見えないなーと思って歩いていると、

ビルの外に出てしまった。この後も列は伸び続けている。

 僕、ミス・ユースケとDeToNatorの付き合いはそこそこ長い。5~6年くらいか。足跡と苦労を知っているから、大勢のファンに囲まれている姿を見るたびにグッとくる。

 この記事は僕の感想だ。長く見守ってきたおじさん気分で書いている。記事内ではふだんの呼びかたそのままに、メンバーを“くん付け”。

 ふだんのリポートでは主観を持ちつつもフラットな視点を崩さないように心がけているが、今回は自分の感情を優先するので、あらかじめネットでよく見る言葉で宣言しておく。

 DeToNatorのイベントは最高だった。異論は認めない。

撮影用パネルでご満悦の僕、ミス・ユースケ。

ロビーで待ってたらメンバーが入ってきた。はじまるぞー。

オープニングでメンバー大集合。

本編に入る前に、リハーサル時に演出用の炭酸ガスを目に食らうStylishNoobくんをどうぞ。

『Alliance of Valiant Arms』ステージで感極まる

 本イベントの催しごとは大別して2種類。メンバーとの交流とステージ上でのエキシビションマッチだ。使用タイトルは下記の3つ。

ウイニングイレブン2018
Konami:サッカー

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)
PUBG Corporation:FPS / TPS

Alliance of Valiant Arms』(以下、AVA)
ゲームオン:FPS

 リポート記事としては最初に披露された『ウイニングイレブン2018』か人気の『PUBG』から書くのが正解なのだと思う。

 だが、まずは『AVA』のことを書きたい。DeToNatorは『AVA』から誕生したチームだから。

 『AVA』ステージでは現役選手とかつてのレギュラーメンバー“DETONATOR LEGEND”による対戦が行われた。僕がいちばん楽しみにしていた企画である。

【現役チーム】
するがモンキー、翔丸、MyYqAwNG、cooldere、ももクロChan

【DETONATOR LEGEND】
Darkよっぴー、SHAKA、RobiN、Saih4tE、上海紅茶館

 最近のDeToNatorはストリーマーの4人(YamatoNくん、StylishNoobくん、SPYGEAくん、SHAKAくん)がメディアに出ることが多い。

 彼らの活躍でDeToNatorを知った人からしたら、LEGEND(伝説)なんて言われてもSHAKAくん以外はピンと来ないと思う。

DETONATOR LEGEND。左奥から、Saih4tEくん、RobiNくん、上海紅茶館くん、SHAKAくん、Darkよっぴーくん。

 DETONATOR LEGENDは『AVA』プレイヤーにとって憧れの存在だった。ヒーローと言ってもいい。2012~2013年頃はこの5人でチームを組み、大会で何度も優勝し、調子が悪くても上位をキープ。まさに王者だった。

 国際大会への出場経験も豊富だ。国際親善試合で優勝したこともある。公式大会では世界の頂点にあと一歩届かなかったものの、果敢に挑み続けるその姿に、ファンは夢中になった。

 僕がesportsという言葉を意識するようになったのは、DETONATOR LEGENDの影響も大きかったように思う。日本におけるesportsの歴史の一部と言っても過言ではない。

こちらは現役の選手たち。『AVA』界に名を轟かせる強者揃い。

 現役チームもすごい。国際大会でベストポイントマン(機動力に長けた兵種)に選出された経験もあるするがモンキーくんを中心に、いまの日本『AVA』オールスターのような編成である。

 要はステージ上が歴代ヒーロー大集合の回みたいになってるのだ。そんなの熱くなるに決まってる。

 大会のようなかっこいい演出で両チームが入場した。DETONATOR LEGENDは拳を握り、力強く叫ぶ。

「GO!」
「デト!!」

 懐かしいかけ声だ。これを聞くだけでこみ上げてくるものがある。一瞬、涙で視界がにじんだ。

『AVA』日本運営プロデューサーの井上洋一郎さん(左)が登壇。DeToNatorのYamatoNくん(中)が実況し、DeToNator代表の江尻勝さん(右)は井上さんとともに解説を担当。

 試合が始まった。第1試合の使用マップはDUAL SIGHT。『AVA』でもっとも人気のある定番爆破マップだ。公式大会でも数々の名勝負が生まれてきた。

 開幕ののろしを上げたのはDarkよっぴーくんだった。第1ラウンドでいきなり3連続キル、そしてオールキルを達成したのである。

 「よっぴーが! いきなり魅せる!!」。会場には実況・YamatoNくんの絶叫が響き渡った。一瞬にして客席の空気が変わる。みんな理解したのだ。この試合、やばいぞ、と。

すごすぎて隣りでRobiNくんが爆笑している。

 Darkよっぴーくんは観客の心を揺さぶる名役者でもあった。

 第2ラウンドでも、出会いがしらに、振り向きざまに、つぎつぎと敵を撃ち抜く。なんと2ラウンド連続でオールキルを決めてしまった。会場がどよめく。

「よっぴいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!」

 彼の名前を叫ばずにはいられなかった。

 Darkよっぴーくんは『AVA』サービス開始当初から最前線で走り続けてきた。子どもの頃に囲碁を嗜んでいて、その腕前は県代表になるほど。FPSに重要な陣取りや読み合いに長けている。

 YamatoNくんは実況の中で「(日本の『AVA』に)戦術という概念を生み出したのがDarkよっぴー」と言っていた。さすがに言い過ぎかなとは思うが、全体の戦術レベルを引き上げた功労者であることは間違いない。

 彼は世界で勝ち切れず、夢半ばに選手としての第一線を退いた。いまは大会の解説を務めるなどして、プレイヤーたちを支える立場にある。

 あと少しで頂点に手が届きそうなのに諦めなければならない辛さは、僕には想像もつかない。相応の苦労はあったのだと思う。

 そんなDarkよっぴーが大舞台に帰ってきた。いまのDeToNatorファンの中には、彼のことを知らない人も多いだろう。それなのに、彼のプレイに会場中が釘づけになっている。

 どうだ、すごいだろう。これがDarkよっぴーだ。僕は誇らしくなり、また少しだけ泣いた。

 試合が始まるまでは「現役勢は手加減するのかなー」なんて気楽に考えていた。エキシビジョンマッチであれば、多少の演出もあっていいとは思う。

 ふたを開けたらDETONATOR LEGENDが3ラウンド連取し、この時点でDarkよっぴーくんのスコアは12キル0デス。さすがに想定外だったらしく、するがモンキーくんの試合後のTweetからも当時の焦りが見て取れる。

 この劣勢が現役プレイヤーのプライドに火をつけた。一瞬の反応速度や勢いは現役勢が勝る。

 スピーディーな動きでLEGENDの5人をかき乱し、7ラウンド連続で取得。第1マップは現役勢に軍配が上がった。

 第2マップはINDIA。作りがシンプルなので、個人技と個人技のぶつかり合いに発展しやすい。

 第1マップではDarkよっぴーくん以外の成績が振るわなかった。上海紅茶館くんやSHAKAくんは要所でいい動きを見せるものの、キル数がデス数を下回る結果に。

 続く第2マップでは状況が一変。Darkよっぴーくんの活躍に触発されたのか、不調だったSaih4tEくんとRobiNくんが息を吹き返したのだ。

 Saih4tEくんの爆発力は世界有数だ。いつもにこにこしている彼は、ひとたびマウスを握るとランボー、もしくはバーサーカーに変貌する。

 1対多数の状況を苦にせず、使用武器はアサルトライフルなのに、ロングレンジでスナイパーに撃ち勝つ一幕もあった。ちょっと意味がわからない。

 ノッてきたSaih4tEくんを見て、YamatoNくんも「Saih4tEが止まらないぞ」、「もはやSaih4tEゲーですね」とさじを投げる。それだけの圧力が感じられたのだ。

FPS界トップクラスのかわいい笑顔を持つ男、Saih4tE。

 徐々に調子を取り戻すRobiNくんは第9ラウンドで真価を発揮した。

 彼は強力だが扱いが難しいバトルライフルの名手だ。2対3と人数不利な状況で敵の中に飛び込んで大暴れし、瞬く間に3人を撃破。大逆転劇を演出した。

 衰えを隠せないベテランが仲間に負けじと現役時代の力を取り戻す。マンガかよ。

活躍して調子に乗ったり、メンバーに声をかけたり。そうそう。DeToNatorのムードメーカーと言えばRobiNくんだ。

 失礼ながら、穴があるとすれば上海紅茶館くんかなと思っていた。ほかの4人は『AVA』の選手から退いたとはいえ、何だかんだでFPSのプレイは続けている。

 唯一、FPSに触れる機会が減っていた上海紅茶館くんではあるが、心配は無用。アサルトライフルさばきとバックアップ技術は健在だった。

 あとで話を聞いたら「何かできました」とのこと。経験が体に染みついている。

 いまでも人前に出ることが多いSHAKAくんは安定したプレイを見せてくれた。搖動、撃ち合い、フォローと、変幻自在に立ち回る。一瞬で決める高い狙撃能力も衰えていない。

 まさに、DeToNatorにこの人あり、である。

 驚くほどDETONATOR LEGENDをひいきしたリポートになってしまった。そこは察してほしい。なお、第2ラウンドは7対5で現役チームの勝利。やっぱり現役プレイヤーは強かった。

 試合後、両チームのプレイヤーは笑顔で言葉を交わしていた。かつてDETONATOR LEGENDが流した汗はムダではない。その重みはプレイを通して若いファンにも伝わったはずだ。

 こうしてバトンはつながれていく。

試合後は『AVA』とDeToNatorの歴史を振り返るトークコーナーがあった。DeToNator初のオフラインイベントはネットカフェで開催され、参加者は20人ほどだった。チームに歴史あり。

人気ストリーマーたちが韓国『PUBG』チームと共演

 『AVA』が最高だったという話を書いた。この流れで続ける。

 多くのファンがこれを目当てに来場したであろう『PUBG』ステージも、もちろん最高だった。笑って、ハラハラして、そう来るかーと膝を打つ。うまい人のプレイを見るときの感情をひと通り味わえた。

 本イベントに合わせてDeToNator韓国『PUBG』部門が来日し、ストリーマーの4人(YamatoNくん、StylishNoobくん、SPYGEAくん、SHAKAくん)と共演。

 4人チームのSQUAD戦2試合と8人チームの特殊ルール戦1試合が行われた。

実況は日本最大級のコミュニティー大会・DONCUPを運営するShoboSukeさん(左)、解説は韓国『PUBG』部門コーチのKHくん(右、日本語が堪能)が担当。

 韓国『PUBG』部門はプロとして活動するチームだ。個々の実力が高いのは当然として、しっかり役割分担もしている。

 まずは物資が豊富で序盤の拠点にしやすいMyltaを制圧し、中盤以降も有利なポジションを押さえる。

 ある意味、教科書どおり。それを実行するには並外れた技術と集中力が必要だ。見ていて安心感があるほどの立ち回りで1戦目のドン勝を手にした。さすが。

 一方、笑いに事欠かないのがストリーマーチームだ。1戦目で泳いで移動しているところを敵チームに狙われ、SPYGEAくんがピンチに。

 フォローに入らないとやばい! と思ったら我先にと水上バイクで逃げだすふたりがいた。SHAKAくんとStylishNoobくんである。また不仲説が流れしまうぞ。

 少し離れたところで4人乗りのボートを発見。StylishNoobくんが運転して助けに戻ることになった。その様子を見て、KHくんがひと言「でも名古屋の人ですよ」。

 “愛知県民は運転が荒い(※イメージがひとり歩きしている説もあります)”というネタを知っている韓国人。侮れない。

 その後はSHAKAくんがグレネードで複数人を同時にキルしたり、自爆したりと、安心できない流れが続いた。拍手と笑いで忙しい。それでも2戦目でドン勝を取るあたり、こちらもさすがである。

SPYGEAくんを発見して車から降りる敵チーム。風前のともしび。

実況ShoboSukeさん「味方見捨てて逃げてるー!」。

StylishNoobくんは前からよく「おれ名古屋で免許取ったんで」とネタにしている気がする。ボートの運転は丁寧なのか、それとも荒いのか。

何とか勝ってホッとひと息。

一方その頃、RobiNくんはロビーでスマホをくるくる回していた。

 8人チーム戦では日本と韓国のプレイヤーがひとつのチームを組んで戦った。最大のポイントは“言語の壁をどうクリアするか”である。

 答えは、英語。簡単な英単語さえ理解できれば何とかなるものだ。会場にはプレイヤーのボイスチャット音声が流れていて、とくにStylishNoobくんの「OKOK!」を何度も聞いた。

 意思の疎通ができていたかどうかはわからないが、終盤まで順調にきたので問題なかったのだろう。韓国『PUBG』チームが気配り上手だった可能性もある。

 最後の最後で2チーム12人(6対6)による壮絶な撃ち合いが発生。日韓DeToNator混合チームは惜しくも撃ち負けてしまったが、2位入賞は見事。YamatoNくんは「国を超えた友情を感じました」と満足そうだった。

DeToNator伝統の円陣を組む。これで8人はひとつになった。

席に戻ってこの笑顔。

次ページ
  1. 1
  2. 2

『ウイニングイレブン2018』はわかりやすくていい

 順番が前後してしまったが、イベントのオープニングを飾った『ウイニングイレブン2018』も最高だった。

 何が最高って、わかりやすいのだ。

 画面内で行われている試合はサッカーそのもの。パスが通ったりドリブルで相手を抜いたりすると、「お~!」という声が自然に出る。観客のリアクションがリアルのサッカーと同じだ。

 僕がハイレベルなサッカーゲームの試合を観るのは、このときが初めてだった。フットサルくらいのスピード感で試合が進行するのもめまぐるしくていい。

 実施された試合はSOPHIA選手、からあげ選手、まやげか選手という3人のプロによるエキシビションマッチ(変則トーナメント)。

 3人ともDeToNator所属の選手ではないが、代表の江尻さんによると「本イベントは世界で戦うプレイヤーを応援するイベントでもある」から招待したのだという。

 なお、エキシビションマッチのゲストとして、元サッカー選手で名古屋グランパスエイトの主将経験もある澤入重雄さんが登壇した。名古屋に縁のある人を呼ぶあたりが心にくい。

実況のゲームキャスター岸大河くん(左)、澤入重雄さん(中)、解説の梅津慧さん(右、KONAMI)。

試合をしない選手も解説に参加。これは梅津さんがまやげか選手にマイクをつけてあげているところ。

 サッカーは基本ルールがシンプル。詳しくなくても何となく観戦が楽しいスポーツだ。もちろん『ウイニングイレブン2018』もそうなのだけど、サッカー好きほど楽しめるポイントもある。

 『ウイニングイレブン2018』では、esportsに適したモードだと選手の能力が同じ水準に均一化される(足が速いなどの個性は残る)。能力の高い選手は弱体化するが、そうでない選手は逆に引き上げられるのだ。

 つまり、ふだんはあまり出番のない選手にも活躍の機会があるということ。サッカーファンからすると「えっ、ここでその選手使うの!?」みたいな驚きもあるかもしれない。

 もしかしたら、サッカーゲームとしては当たり前のことなのかもしれないけど、「なるほどなー」と思ったので書いた。

顔と名前がない選手がいるのは最新の選手情報を適用しているから。インテルの公式サイトに反映される前に実装したのだとか。すごい話だ。

 エキシビショントーナメントを制したのはリヴァプールを操るからあげ選手。澤入さんも「本物のリヴァプールに似たサッカーをしますね。カウンターが得意な」と、からあげ選手の妙技に舌を巻いていた。

 試合後、実況の岸大河くんに話を聞いたら「上級者どうしだとお互いのいいところを消し合うこともあります。水面下の駆け引きはすごいですよ」と言っていた。

 うますぎて試合が地味に見えることすらあるそうだ。武道の達人どうしが見えない攻防をするみたいな話である。その辺を想像しながら見るのがいちばんだけど、漠然と眺めていても拳に力が入る。

 なるほど、これはおもしろい。

ゴールを決めたときの演出。プレイヤーが観客に向けてパフォーマンスできる時間でもある。僕もゴールパフォーマンスやりたい。

ファンもメンバーも活き活きしている

 ステージ企画はもちろんのこと、ファンとメンバーも最高だった。同率1位である。

 にこにこしていて活気がある。この空気こそ、DeToNatorファンイベントの真骨頂だ。

 ホール外のロビーは交流場所&協賛ブース。出番以外の時間はここで雑談したり休んだりするメンバーも多い。サインや記念写真にも応じていて、混んでいるにも関わらず、わりと和やかな雰囲気だった。

ホール内のステージ企画が終わると人がみっちり。混沌としているようでいて、きっちりサイン待ちの列ができている。

 Nagoya e-Sports Festival vol.0のイベント会場はホールとロビーが分かれていた。これはファンイベントの会場としてすごく重要だと思う。出演者がオンとオフを切り替えられる。

 ファンは好きなメンバーのオフの姿も見たいと思うのだ。サインや写真もお願いしたいだろうけど、それとは別に気を抜いて仲間内できゃっきゃしているところを見たいと思うのだ。

 そうだろ!? そして「かわいいー」って微笑むんだろ!?(女子ファンをビシッと指さしながら)

 今回は選手のオフショットをあまり撮れなかった。次回の課題にしたい。

開場直後、リハーサルが終わってぞろぞろ出てきたメンバー。

爆笑してるけど何の話をしていたかは覚えていない。

こういう照明が似合うするがモンキーくん(純日本人)。

DeToNatorストリーマーズ。

韓国チームがみんなで自撮りしているのが微笑ましい。仲がいい海外のアスリートってよく集まって写真撮ってるよなーと思う。

カメラに気づいてポーズを取ってくれた。

 僕はDeToNatorとファンの関係性が好きだ。プロがファンを大切にするのは当然だが、精神的な距離が近すぎるのは違う気がする。

 仮に、憧れのアーティストやプロアスリートが友だちみたいに接してきたら。僕だったら、それは嫌だ。できれば手を伸ばしてもぎりぎり届かないくらいでいてほしい。彼らはその距離感がちょうどいいのだ。

 DeToNatorメンバーはプロとして振る舞う。ファンは無理に距離を縮めようとせず、DeToNatorファンでいることを楽しんでいる。無意識なのだろうけど、自然にできているから心地いい。

チームの歴史が長いのも一因だと思う。彼らはちやほやされても調子に乗らないのだ。

ファンが作ったメンバーモチーフのデザインカード。僕が考えたYamatoN石油王ネタを使ってくれている。うれしい。

オリジナルのトートバッグと缶バッジ。僕はオンラインゲーム業界の缶バッジおじさんとして活動してきた。この子はきっと僕の後継者だ。

パーカーにサインをもらっている。色紙を持ってくるのを忘れたからだそうだ。思い切りがいい。

よく現場でいっしょになるesports情報&コミュニティサイト“Negitaku”のYossyさん。「イベントに着ていく服がない」とのことで、自分用のユニフォームを作っていた。

すごい笑顔のStylishNoobくん。

妙に神々しいSHAKAくん。壺とか売ってきそう。

 Nagoya e-Sports Festival vol.0に協力している企業は、DeToNatorのよき理解者である。ロビーには『AVA』(ゲームオン)、DXRACER、サイコム、ASUSがブースを構える。

 展示がきっかけとなって、ファン同士の交流が弾んだら理想的だ。そういう場面もちょくちょく見られたので、時間の問題なんじゃないかと思う。

『AVA』でDeToNatorや運営スタッフと対決するミニステージ。ピンチで置きに行くプレイをしたSaih4tEくんに対して、Darkよっぴーくんは「そんなSaih4tE見たくなかった」と言っていた。

この場でいちばん偉いはずの井上さんが率先して挑戦者をフォローしていた。お気づきかと思うが、この人は単なる『AVA』大好きおじさんなのである。

「自然な感じで」とお願いしたら全員腕組み。

「これからは若いやつの時代だ」と言わんばかりに見守るDarkよっぴーくんと上海紅茶館くん。

ゲーミングチェア・DXRACERさん。座り心地を確かめられるので、購入を検討している場合はとても助かる。

サイコムさんとASUSさんはゲーミングPCを展示。ほしくなるよなあ。

ホール内に設置されていたストリーミングブース。ときどきDeToNatorのイベントを手伝っているコスプレイヤーの古宮彗。さんが妹さんと配信やってた。右側が古宮彗。さん。スタンドみたいになってるのがガラスに映る僕。

ステージではメディア評論家の黒川文雄さんがホストを務めるトークショーも実施。テーマはもちろんesports。こういうまじめな話もイベントの雰囲気作りにひと役買っている。

最後はグッズなどがもらえるじゃんけん大会で締め。

目玉はサッカー香川真司選手のサイン入りユニフォーム。いきなりの大物アイテムに、会場がざわついた。

こちらも目玉のひとつ、DeToNatorユニフォーム。缶バッジを作った子がゲットしてた。

おや、この人は。

 じゃんけん大会で『AVA』デバイスバッグを勝ち取ったのは、なんとSunSisterに所属する『PUBG』プレイヤーのSabrac_選手。こっそり遊びに来たのかなと思ったら、

 ふつうに参加者として楽しんでた。

チームとファンのすてきな関係

 冒頭で書いたとおり、来場者数は1700人ほど。配信の同時視聴者数は最大で10000人を超えたらしい。

 この手のイベントは、東海テレビという大手メディアが主催したとか、ショーアップした演出がすごいとか、派手な部分が注目されがちだ。

 だが、特筆すべきはファンとチームの関係性だと思うのだ。何度も書くが、雰囲気がよかった。このひと言に尽きる。

 DeToNatorの活躍を見ていると、ファンに救われてるなーと感じることが多々ある。長い時間をかけて実力、実績、人気を積み上げてきたチームだから、それだけファンの愛情も深まるのだ。

イベント終了後、ストリーマーたちとの記念撮影を求めるファンがずらり。

片付け中のひとコマ。韓国『PUBG』チームは江尻さんとも写真を撮っていた。イベントを満喫しているようで何よりである。

 ところで、Nagoya e-Sports Festivalは今回がVol.0。当然、期待されるのがVol.1の開催だ。

 ひとりのファンとして、いまから楽しみでならない。

  1. 1
  2. 2

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る