ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

「eiNsに押されて自分自身が腹立たしかった」『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン3王者“ENCE”、日本チーム“eiNs”ショートインタビュー

 2018年2月13日(現地時間)よりカナダ・モントリオールで開催中のPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。本大会は、ヨーロッパ、北アメリカ、ラテンアメリカ、アジアの各地域で優秀な成績を出した16チームが、カナダ・モントリオールに集い、ワールドチャンピオンの座を賭けしのぎを削る、いわばプロリーグの最終決勝戦だ。日本からはシーズン3アジア太平洋地域代表として、チーム“eiNs”が参戦した。

『レインボーシックス シージ』プロリーグ“Six Invitational” 再戦を果たしたShiN選手とcameram4n選手を直撃

2018年2月13日(現地時間)よりカナダ、モントリオールで開催中のPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。予選1日目を終えた“eiNS”ShiN選手、“Faze Clan”(Team Fontt)cameram4n選手に試合後インタビューを実施した。

『レインボーシックス シージ』プロリーグ“Six Invitational 2018” 再戦を果たしたeiNs対FaZeClanの試合をリポート!

2018年2月13日(現地時間)よりカナダ、モントリオールで開催中のPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。予選1日目のeiNsの奮闘の模様(試合リポート)をお届けする。

『レインボーシックス シージ』プロリーグ“Six Invitational” eiNSが米プロチームに勝利! 2月16日朝6時よりグループステージ最終試合がスタート

2018年2月13日(現地時間)よりカナダ、モントリオールで開催中のPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ“Six Invitational 2018”。ここでは、昨日行われたeRa Eternity戦を簡単に振り返る。

 先にお伝えしておくと(ENCE戦試合リポートは後ほど掲載予定です)、eiNsは1回戦で全国際大会“プロリーグ シーズン3ファイナル”で敗北を許したFaze Clan(旧:Team Fontt)との再戦となり、2−0で敗北。その後、eRa Eternity戦はプレッシャーを跳ね除けて勝利を納めている。プレイオフ出場をかけたグループ最終予選は前回シーズン3王者のENCE esports(以下、ENCE)との対決に。非常に厳しい戦いになると見られたが、蓋を開けていると接戦が続く好勝負を繰り広げる。しかし、わずかな実力差で破れeiNsはプレイオフ出場を逃してしまった。

 ここからは、試合を終えたENCEのWillkey選手と、eiNsのチームメンバーにインタビューすることができたので、その模様をお届けしよう。

「eiNsに押される場面が多々あったことに対して自分に腹が立った」Willkey選手

ーー本戦出場おめでとうございます! eiNsとの戦いを振り返ってどうでしょうか?

Willkey選手 いちばん感じたのは(eiNSに押される場面が多々あったことに対して、自分に)腹が立ったことです。自分たちに厳しくしてこれほど練習してきたのに、とイライラしたが、つぎの対戦相手に向けて心の準備ができました。

ーーeiNsの印象を教えてください。

Willkey選手 サンパウロの時に比べて、とても上達していると思います。これはAPACリージョンにとっても、とてもいいことだ。いまのようにプレイしてチームとして上達すれば、将来は優勝候補になるでしょう。もう少し練習が必要ですが、近いところまで来ていると思います。

ーーeiNsの上達したポイントはどこだと感じましたか?

Willkey選手 戦術がとてもよくなっていた。サンパウロで行われたプロリーグのシーズン3ファイナルでは戦術が精彩を欠いていたが、それはブラジルチームがプロリーグに入った時も同じでした。eiNsは国際舞台の経験をして、戦術やプレイスタイルを工夫してほかのリージョンのチームに対抗できるようになっています。

ーーAPACリージョンから出場しているMindfreakも、本戦に進むことになりました。アジアチーム全体の印象を教えてください。

Willkey選手 正直、グループBで彼らが明日に進むことになって驚いている。これはまったく予測していなかったからです。APACチームはまだ学習中だというのが多くの人の見解だが、そうではないことをMindfreakが示しました。APACも『レインボーシックス シージ 』最大のステージでプレイする準備が整っていることを見せてくれました。

ーー今回のような国際大会で実力発揮するために、どうモチベーションを上げているのでしょうか?

Willkey選手 毎日毎日、とにかく毎月毎月練習していく中でゴールを明確にしておくことです。なぜこれをやっているのかを明確にする。ときには大きな挫折を味わうこともあります。シーズンファイナルへ行く、トップ3、トップ2になる、何かの勝者になるなどのゴールをしっかり持って、それに向かって練習しています。そこへの道を小さく分けてひとつひとつ達成して行くことが大切だと思います。

ーーeiNs戦では苦戦している場面も見られました。そういったときには、どのようにして精神状態を維持するのでしょうか?

Willkey選手 チームメイトに「Come on guys. 大丈夫だ、やれる。3ヵ月もこのために練習してきて何をやるべきかはわかっている。練習してきたことをやるだけだ。何百回とやってきたことだ」と声をかけて励ましました。プレイヤーが苦戦していてもそこから立ち直るのを見るのはすばらしい。とにかく、「君たちならできるよ」と励ますことです。

eiNsインタビュー

ーー試合全体を通しての印象はいかがですか? 

ShiN選手 最初の国境では4ラウンド先取して行けるかなと思いましたが、そのあと追いつかれる結果となりました。最後のマップ領事館では、相手の動きはわかってはいて、ラウンド取ったり取られたりと接戦になりましたが、最後はENCEが僕たちの甘い部分を突いてきて負けてしまったという印象です。

ーー惜しい場面が多々あったと思います。シーズン3王者のENCEと戦っていること自体がすばらしい、ENCE相手に善戦しているとストリーム配信のコメントが多数ありました。Aroer1na選手やそのほか選手はいかがでしょう?

Aroer1na選手 予想していたよりは厳しい戦いではなかったので、調整次第では勝てると思いました。つぎにつなげたいと思います。

SuzuC選手 ただただ悔しいの一言に尽きます。

1z選手 悔しいです。自分のミスもありましたし。

Papilia選手 ぼくは世界大会が初めてで、プロリーグでどこまで自分が通用するのか挑戦したい気持ちがありました。ここまでこれたことで、「僕たちでも世界に通用するんだ」というのを日本のプレイヤーに見せることはできたと思います。けどやっぱり悔しいですね。

Odenmiso選手 国境はいい流れを作れましたが、山荘はストレートで負けてしまって流れがENCEに向いていました。第3マップで気持ちの切り替えができなかったのか、もったいないミスがあったので、課題が見えたと思います。ただ、勝てない相手ではないと思ったので、前回のシーズン3ファイナルからここまで上達できたことを見せられたのはよかったです。

ーー配信を見ていた日本のプレイヤーやチームにコメントをお願いします。

ShiN選手 実際にこの場で戦って、世界のプロチームとのあいだに超えられない壁があるようには感じられませんでした。ぜひほかの日本チームにも頑張ってほしいと思います。

本大会でシャウトキャスターを務めるMichael “KiXSTAr” Stockleyを見かけたのでeiNsについて直撃。eiNsの印象を伺うと「いいプレイだったと思う。ただ、全体にENCEに比べて経験不足だった。そのため最後まで自分のゲームを推し進めることができなかった。ここまでのトーナメントはよかったと思うので、メインイベントで彼らを見られないのは残念だ。APACリージョン全体とてもよくやっていると思う。とくに日本チームがここまで進めたことに感心している」と、コメントを寄せてくれた。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る