ファミ通AppVS イベントリポート

『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のプロ対抗戦を制し、世界大会へのチケットを手に入れたRush Gamingのメンバーにインタビュー【闘会議2018】

 2018年2月10日~11日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。PlayStationブースで行われた『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のeスポーツ大会で優勝したチーム、Rush Gamingのインタビューをお届けしよう。メンバー4人、それぞれにコメントをいただいた。

GreedZz(グリード)選手。『COD』歴10年。

WinRed(ウィンレッド)選手。『COD』歴9年。

Nami(ナミ)選手。『COD』歴3年半。

Ngt(ナガト)選手。『COD』歴4年。

――今回の闘会議では、eスポーツ、プロゲーマーという部分にスポットを当てたブース展開が目立ちました。その中で、プロチームしてステージで闘われた2日間でしたが、感想はいかがですか?

グリード選手 観客の人たちも、プロの試合を見てきていると思うので、緊張感がふつうの大会とはやはり違いましたね。いつも以上にプロとしての自覚を持って、試合に臨みました。

ウィンレッド選手 プロとして、いいパフォーマンスができたと思います。

ナミ選手 プロうんぬんは必要以上に意識せず、オフラインの大きい大会、闘会議という大きい大会で自分の実力を出せるよう、精一杯がんばりました。

ナガト選手 いままでは、自分のためだったんですけど、プロになってからは自分のため、そしてファンのためにがんばるということが大切ですし、それが意識できた試合だったと思います。

――今回は2日間で、敗者復活戦があるというイレギュラーな形の大会でしたが、初日を終えての相手チームの分析・対策については?

グリード選手 もちろん、相手チームの試合をよく見て、それにあった作戦をたくさん考えてきました。

ウィンレッド選手 みんなで試合を見て、作戦はしっかりと考えました。

ナミ選手 何回も見直して、相手の特徴をちゃんと頭に入れて、試合に臨みました。

ナガト選手 相手の特徴を踏まえて、ならば自分たちはこうしようという部分を、じっくりと練りましたね。

――決勝戦の顔合わせが、昨日(10日)の最終戦と同じになりました。相手チームについての印象などは?

グリード選手 SCARZさんとはこれまでの大会でもずっと戦ってきた相手なので、気持ちよく真剣勝負ができました。

ウィンレッド選手 グランドファイナルでSCARZさんと戦えて、すごくよかったと思います。

ナミ選手 SCARZさんと全力でぶつかれたので、よかったです。

ナガト選手 SCARZさんとは因縁の対決で、決勝の舞台でちゃんと戦えてよかったですね。

――10日に続き、勝負は圧倒した感があります。とくにサーチアンドデストロイは初日(10日)6-0、2日目(11日)は6-1です。勝利のポイントや勝因は?

グリード選手 サーチアンドデストロイでは、本当に圧勝することができたんですが、それはやはり、作戦を練る時間をすごく多く取ったからでしょう。実技の練習以外にも、チームでの話し合いやディスカッションをかなり増やしたので、その成果がけっこう出たのかなとは思います。

ウィンレッド選手 いろいろと作戦を練ってきたので、自信を持ってプレイできましたね。

ナミ選手 海外の試合などを何度も見て、何を攻めて何を防衛しているのか、位置取りなどもすごく参考にして作戦を組みました。うまくいったのかなと思います。

ナガト選手 サーチアンドデストロイについては、「こういうときはどうしよう?」と悩むのではなく、こうしたらこう受けよう、こういうときにはこうしようという作戦がすべてできていたので、思いどおりに試合が運べたと思います。

――見事に優勝、世界大会への出場が決まりました。最後に、世界の舞台へ向けて、ひとこと意気込みをお願いします。

グリード選手 長年夢見ていた舞台についに挑むことができるので、この一度きりのチャンスに、世界王者を倒すつもりでチャレンジしたいと思います。

ウィンレッド選手 このチャンスを、悔いが残らないよう、がんばりたいと思います。

ナミ選手 夢にも思わなかった海外の大会に出られるということで、自分の全力を出し切って、いい形で終われたらなと思ってます。

ナガト選手 世界大会では、「日本というチームがこれだけ強いぞ!」と、日本チームの存在感を、ちゃんと向こうに残すような戦いをしたいと思います。

日本の頂点に立ったRush Gaming。世界大会でも健闘を祈りたい。

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る