ファミ通AppVS イベントリポート

『ドラゴンボール ファイターズ』超・バトルトーナメント決勝大会リポート、「優勝したもんねーーー!!!」【闘会議2018】

 2018年2月10日~11日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。開催初日、闘会議GPグリーンステージにて、『ドラゴンボール ファイターズ』の大会、超・バトルトーナメントが開催された。

 本稿でリポートする決勝大会には、予選大会を勝ち抜いた8名が出場する。ルールは、1 ON 1の2試合先取制でシングルエリミネーショントーナメントを採用。組みあわせは抽選で決定される。使用モードはVSモードで、制限時間は300カウント。使用バージョンは、大会当日時点での最新バージョンだ。

 優勝商品はゲーム内通過10,000,000に加え、『ドラゴンボール ファイターズ』特製テーマとアバターアイコンとなっている。

 まずは準決勝第一試合から見ていこう。ソウジ選手(セル、ブウ、ベジータ)とGO1選手(セル、ゴクウブラック、ベジータ)のカードだ。
 お互い、最強キャラクターと名高いセルを起点として、ハイレベルな闘いが続く。一進一退の攻防のなか、GO1選手がソウジ選手のセルを撃破すると、一気に試合が傾く。ブウを中心に健闘するも逆転には至らず、そのままGO1選手が2本先取して、決勝へ駒を進めた。

 準決勝第2試合は、ささみ選手(人造人間18号、人造人間16号、ベジータ)ともけ選手(セル、ピッコロ、ベジータ)の対戦だ。
 開幕早々、もけ選手のセルが一気呵成に攻め、18号を倒す。とはいえ、ささみ選手も黙ってはいない。すかさず16号で反撃に転じる。しかし、もけ選手の勢いを完全に止めることはできずに、もけ選手がまず一勝。
 ここでささみ選手が、18号からゴクウブラックにキャラチェンジ。
 ゴクウブラックのアシストが安定性を生んだのか、先ほどとは打って変わって、ささみ選手の16号が猛威を振るう。加えて、ゴクウブラックの活躍もあり、ささみ選手が一本を取り返す。
 しかし最後の最後でもけ選手が意地を見せ、ささみ選手を苦心の末に撃破。決勝戦のステージは、GO1選手ともけ選手に扉を開いた。

 決勝戦では、GO1選手(セル、ゴクウブラック、ベジータ)ともけ選手(セル、ピッコロ、ベジータ)が対峙することになった。
 先陣を切って登場したキャラクターは、両者ともセル。GO1選手がインタビューでも語っていたように、鉄壁の守りを見せ、ダメージを最小限に抑える。その後、もけ選手がピッコロを投入するも、GO1セルの勢いは止まらず、ピッコロをも圧倒する。まずはGO1選手が一本取り、優勝へ王手をかけた。

GO1選手

もけ選手

 その後も、GO1セルの鬼神の如き強さは留まるところを知らず、徐々に優勝に近づいていく。もけ選手のピッコロが最後の最後まで戦い抜くが、奇跡の逆転劇とはならず、圧倒的な強さを見せつけたGO1選手が優勝をもぎ取った。
 GO1選手へはこちらの記事でインタビューしているので、併せてチェックしてほしい。

『ドラゴンボール ファイターズ』超・バトルトーナメント優勝者のGO1選手にインタビュー【闘会議2018】

 2018年2月10日~11日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。開催初日、闘会議GPグリーンステージにて行われた『ドラゴンボール ファイターズ』の大会、超・バトルトーナメントで優勝したGO1選手へのインタビューをお届け。

表彰式では、『ドラゴンボール』初期のキャラクター、ジャッキー・チュンの有名セリフ「優勝したもんねーーー!!!」で決め!

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る