ファミ通AppVS イベントリポート

『鉄拳7』韓国選手が上位を席巻。2日間に渡る闘いが決着した決勝トーナメントをリポート【EVOJAPAN2018】

 

2018年1月26日~28日にかけて、東京都の池袋と秋葉原にて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVOJAPAN2018”が実施された。本稿では大会最終日に争われた『鉄拳7』の決勝トーナメントをリポートする。

鉄拳7』はバンダイナムコエンターテインメントが開発する『鉄拳』シリーズの最新作。奥行きや段差のあるフィールドを舞台に、近距離戦をメインとする壮絶な殴りあいがくり広げられる3D格闘ゲームだ。

鉄拳』シリーズの対戦シーンでは古くから韓国が強豪国として知られている。『鉄拳7』においても国際的な大型大会では韓国勢が多く上位に進出し、日本プレイヤーは何名食い込めるかといった戦況が続いているのが現状だ。
本部門のトーナメントレギュレーションは敗者復活有りのダブルイリミネーション形式、各対戦組み合わせは2試合先取で勝敗を決するルールが採用。大会2日目に行われた予選ブロックではやはり多くの韓国選手が勝ち上がり、決勝トーナメントに出場するTOP8のうちウィナーズ4名とルーザーズ2名を韓国勢が占めることとなった。以下がそのTOP8のメンバーだ。

ウィナーズ
NIGHT MARE GURA(ギース/リリ)[韓国]
NIGHT MARE ULSANGODING(一美)[韓国]
ROX CHANEL(アリサ/エリザ/クロエ)[韓国]
ROX KNEE(スティーブ/ブライアン/ポール)[韓国]

ルーザーズ
Fursan/Low High(ロウ)[韓国]
cooasgames/NOROMA(ジャック)[日本]
YAMASA/TAKE(一美)[日本]
Echo Fox SAINT(ジャック)[韓国]

最終日の舞台・秋葉原にTOP8のメンバーが集結。会場は満員の来場者で賑わい、対戦のハイライトシーンでは歓声が上がりながら観戦された。

決勝トーナメントのウィナーズ1回戦はGURA選手vs.ULSANGODING選手。ナイトメア所属プレイヤーどうしの同門対決だ。
年齢40代の超ベテラン・GURA選手に対し、10代の若手・ULSANGODING選手という構図のこの対決は、GURA選手が2試合連取で決着。GURA選手はなんとここまで1試合も落とさずに勝ち上がっており、トーナメント制覇へ向けての好調さを強くアピールした。

日本のプレイヤーは、メーカー公式日本王者のTAKE選手と、韓国大会に遠征して優勝した経験のあるNOROMA選手のふたりがルーザーズでTOP8に進出。
TAKE選手は残念ながら1回戦で敗退。NOROMA選手は1回戦でLow High選手に6ラウンド連取で勝利したものの、続く2回戦でCHANEL選手に敗れる。結果、日本勢の最高戦績はNOROMA選手の5位タイという結果となった。

出場者数1000名を越えるトーナメントを勝ち上がり、TOP3に進出したのはウィナーズのGURA選手とKNEE選手、ルーザーズのCHANEL選手の3名。ここからは各対戦組み合わせは3試合先取制で争われた。

ウィナーズファイナル GURA選手vs.KNEE選手
GURA選手はギース、KNEE選手はポールを使用。1試合目ではポールが数々のギース対策を機能させてKNEE選手が取得。GURA選手は本大会ではじめて1試合を落とすこととなる。続く2試合目、GURA選手はリリを選択。この起用がうまくハマったGURA選手が勢いを取り戻して試合カウント2-2の接戦に。決定戦でも試合内容は拮抗し、ポールがギリギリ押しきってKNEE選手が勝利。

ルーザーズファイナル GURA選手vs.CHANEL選手
GURA選手はギース、CHANEL選手はアリサを使用。CHANEL選手が2試合を先勝し、追い込まれたGURA選手はここでリリを起用。GURA選手が1試合を奪い返すと、今度はCHANEL選手がアリサを投入。相次ぐキャラクター変更合戦の末、試合カウント2-2のフルセットにもつれこむ。決定戦ではアリサが守って反撃を叩き込むスタイルを貫き、CHANEL選手の勝利となる。

グランドファイナル KNEE選手vs.CHANEL選手
1試合目、KNEE選手はブライアン、CHANEL選手は豪鬼を使用。誰も予期しないキャラ選択で会場からどよめきが起こるシーンが見られる。ブライアンはガード不能の挑発をキャンセルするテクニックを駆使して2試合を先勝。ここでCHANEL選手はアリサを投入。この起用が功を奏し、アリサが3連勝を達成してリセットに成功する。
リセット後もアリサが好調を維持して1試合を先取。すると今度はKNEE選手がスティーブを選択して取り返し、試合カウント1-1に。スティーブに対し、CHANEL選手はラッキークロエとエリザを起用して奮闘したものの、スティーブが両方を下して試合カウント3-1で決着。

EVOJAPAN2018『鉄拳7』部門はKNEE選手の優勝となった。

鉄拳7』部門上位リザルト
優勝 ROX KNEE選手
準優勝 ROX CHANEL選手
3位 NIGHT MARE GURA選手
4位 Echo Fox SAINT選手
5位 cooasgames/NOROMA選手
5位 NIGHT MARE ULSANGODING選手
7位 Fursan/Low High選手
7位 YAMASA/TAKE選手

優勝のKNEE選手には優勝の盾、賞金60万円、オリジナルパーカーが贈呈。

 

元サイトで見る

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る