ファミ通AppVS 業界ニュース

“ゲームの先には、夢があった。” eスポーツ プロライセンスの発行やブース企画など、闘会議2018発表会内容まとめ【闘会議2018】

 

niconicoとGzブレインが、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”について、2017年12月13日に東京・ニコファーレで発表会を開催。開催概要と、イベント内で実施される企画を発表した。

発表会は、“賞金制大会の開催”、“プロライセンスの発行”など、eスポーツの盛隆を明示するオープニングVTRから開幕。続いて、夏野剛氏(ドワンゴ取締役)らが登壇し、“ゲームの先には、夢があった。遊者たちよ、ゲーム大会最高峰の舞台は整った。”というキャッチフレーズを語った。併せて、歴代ゲームハードとゲームファンがコロッセオに集まるキービジュアルも公開された。

本発表会のおもだったトピックスはふたつ。(1)闘会議2018のイベント内容、(2)プロライセンスの発行や高額賞金制大会の開催など、闘会議の枠を超えたeスポーツに関する新情報の2点だ。筋道を立てて説明するために、(2)を先に解説する。

【闘会議2018 概要】
開催日:2018年2月10日、2月11日
開催場所:幕張メッセ国際展示場 1~8ホール(うち2、3ホール:JAEPO)
主催:niconico、Gzブレイン、eスポーツ新団体(後述)

闘会議2018でプロライセンスを発行、高額賞金大会を開催

闘会議2018について、2018年初春に新設されるeスポーツ団体が主催に加わることが発表された。

eスポーツ3団体が統合・新設を2018年早々に実施、“闘会議2018”を共同主催しプロライセンス発行第1号となるeスポーツ競技大会を開催へ

“eスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組みについて”とのプレスリリースが、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)、一般社団法人日本eスポーツ協会、一般社団法人e‐sports促進機構、一般社団法人日本eスポーツ連盟による5団体連名で発信された。

こちらの新団体については、上記の記事にて詳しく紹介しているが、要約すると

  1. 複数存在していた日本のeスポーツ団体が、ゲームメーカーの後援のもとでひとつに統合。
  2. 新団体は、国やゲームメーカーも認める公式プロライセンスを発行する。
  3. プロライセンスを有するプレイヤーを対象に、高額賞金制のゲーム大会を日本国内でも開催可能に。(これまで日本では、法律の問題で高額賞金制大会を開催できなかった)

ということになる。

そして、闘会議2018で開催される大会にて、初のプロライセンスを発行。併せて高額賞金の贈呈も実施されることが発表された。

プロライセンスの発行が決定しているタイトルは以下の通り。今回発表された5タイトル以外にも、順次追加予定とのことだ。

ここで、ゲストとしてDetonatioN Gaming代表の梅崎伸幸氏、『鉄拳』シリーズで活躍するプロプレイヤーのノビ氏、ゲーム関連イベントでも活躍するライターのブンブン丸が登壇。今回の動きについて所見を述べた。

梅崎伸幸氏

ノビ氏

ブンブン丸

梅崎氏は、氏が運営する団体の得意分野であるPCゲーム領域も、より盛り上がりを見せてくれればと述べる。また、『パズル&ドラゴンズ』、『モンスターストライク』のようなプレイヤー人口の多いゲームが、日本人の意識を変えてくれることに期待しているとのことだ。

ノビ氏は、トッププレイヤーの立場から、日本のゲーム選手が国内で生計を立てられるようになる可能性に言及。海外の大会へ遠征する必要性が薄まり、より間口が広がるだろうとコメントした。また関連して、ブンブン丸が「今回のライセンスは、日本で賞金を出す手段として発行されるものである」と、すでに“プロ”として活躍している選手を否定するようなものではないというフォローを加えた。事実として、過去の大会実績をもとに、既存のトッププレイヤーにもライセンスが順次発行されていくとの発表がなされている。続報が待たれるだろう。

なお、闘会議2018には、一般社団法人デジタルメディア協会 AMDから1000万円の賞金協賛が発表されている。

一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)が、闘会議2018に賞金1000万円を拠出することを発表

一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)が、発表会“日本eスポーツの夜明け~AMDによるeスポーツ振興に向けた新たな取り組み~”を開催。AMDから、“闘会議2018”(に、1000万円の賞金を拠出することを発表した。

次ページ
  1. 1
  2. 2

パートナー企画が発表! スプラトゥーン甲子園など盛りだくさん!!

時系列が前後してしまったが、キャッチフレーズとキービジュアルに続いて紹介されたのは、本イベントに協賛するパートナー企業。3年連続となる“特別パートナー”の任天堂を筆頭に、ゲームファンおなじみの企業が名を連ねた。

また、特別出展としてプレイステーション、特別協力としてDMM GAMESが発表。DMM GAMESは、全世界で大きな盛り上がりをみせる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の公式大会開催という形での協力となる。

今回発表されたパートナー企画は以下の通り。★はプロライセンスの発行が予定されるタイトルだ。

  • スプラトゥーン甲子園(任天堂株式会社)
  • ARMS闘会議大会(任天堂株式会社)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U niconicoチャンピオンシップ2018(任天堂株式会社)
  • ★XFLAG BATTLE STADIUM(モンスターストライク/ファイトリーグ)(XFLAG スタジオ)
  • バンダイナムコエンターテインメントブース(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
  • ★闘会議2018 鉄拳7~Break the world~(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
  • 23/7 トゥエンティ スリー セブン スペシャルステージ(23/7 トゥエンティ スリー セブン)
  • ポノスブース(ポノス株式会社)
  • 大炎上#コンパスグランドスラム 野良バトグランプリ(戦闘摂理解析システム #コンパス)
  • レインボーシックス シージPS4版 国内最強チーム決定戦(ユービーアイソフト株式会社)
  • ★パズル&ドラゴンズ(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)
  • ディシディア ファイナルファンタジー NT(株式会社スクウェア・エニックス)
  • ★ストリートファイターV アーケードエディション(株式会社カプコン)
  • ★ウイニングイレブン2018(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
  • モンスターエナジー配布(モンスターエナジージャパン合同会社)
  • G-SQUARE(G-SQUARE)
  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS 公式大会(DMM GAMES)※特別協力
  • 「PlayStation(R)」(PlayStation(R))※特別出展

招致選手だけで開催されるもの、当日参加が可能なもの、これから予選が始まるものなど、レギュレーションはそれぞれ異なる。たとえば“スプラトゥーン甲子園”なら、オフライン予選は募集が締め切られてしまったが、本年度より設けられたオンライン予選枠にはまだ参加のチャンスがある。

すでに予選が開催しているということで、全会場に足を運んでいる中野氏(ドワンゴ)から、「今年はファミリーチームが強かった!」と所感が述べられた。

興味のあるタイトルについては、公式情報をしっかり確認しておこう。各企画についての発表内容は、下記記事にも画像で掲載している。

闘会議2018のパートナー企業や参加ゲームタイトルが公開! eスポーツ新団体が主催に加わり、プロライセンス発行大会も実施

“闘会議2018”のパートナー企業や参加ゲームタイトル、ブース企画などが公開された。

ゲーム音楽ステージでは『UNDERTALE』、『スプラトゥーン2』のライブが開催決定!

ゲーム音楽ステージでは『UNDERTALE』、『スプラトゥーン2』のライブが決定。

UNDERTALE』は、チップチューンで有名なサカモト教授と、演奏団体MUSICエンジンのコラボが発表! 感動的なメロディがどのようにアレンジされるのか、化学反応に期待したい。

そして『スプラトゥーン2』は、ファンの期待に応えてテンタクルズがライブを開催! 2人組のシークレットゲストも登場するらしいのだが……。夏野氏が「ぜんぜんシークレットになってない!」とツッコミを入れていた。

闘会議2017で開催された“シオカライブ”に予想以上の来場者が訪れたことから、より多くの方に観覧してもらえるような工夫を進めているとのことだ。

コスプレ、インディーゲーム、TRPG、実況――充実のレギュラー企画

さらに、毎年恒例となったレギュラー企画も一挙公開された。

コスプレエリア、アナログゲームエリア、インディーゲームエリアなど、ふらっと立ち寄って楽しめる場所が発表。

レトロゲームエリアには、巨大スーパーファミコンコントローラーを2台設置するとのこと。コントローラー1台を2~4人で担当し、大人数での対戦を楽しめる。

昨年度大人気だったリアルクトゥルフ神話TRPGも開催。本年度のテーマは学園ものとのこと。

ゲーム実況エリアでは、有志によるのど自慢大会&実況ステージを開催。事前先行があるので、忘れずに応募しよう。

今回もJAEPOと合同開催、チケットは小学生以下無料に

闘会議2018は、2017年度同様に“ジャパンアミューズメントエキスポ2018”と合同開催となる。ゲーム関連企業を含むアミューズメント業界の展示を楽しめるので、あわせてご来場を検討してはいかがだろう。

チケット料金は以下の通り。なお、本年度より小学生以下は無料となった。購入方法などの詳細は闘会議2018公式サイトへ。

一般入場券:【前売券】1,500円 【当日券】2,000円 【2日通し券】2,500円
優先入場券:【1日券】1,600円 【2日通し券】2,700円(優先入場券は数量限定で前売りのみ)
※小学生以下無料

プロライセンスの発行など、今後のeスポーツの発展に関わる発表に驚いたゲームファンも多かったのではないだろうか。なお闘会議2018には、国際eスポーツ団体、韓国のeスポーツ団体も来日を表明しているとのことだ。企画のさらなる詳細も含め、今後の展開に注目したい。

  1. 1
  2. 2

 

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る