ファミ通AppVS イベントリポート

『ストリートファイターV』6名の日本選手が最終日進出を決定! 決勝大会初日の模様をリポート【カプコンカップ2017】

 

2017年12月10日、アメリカのアナハイムにて、『ストリートファイターV』(以下、『ストV』)の世界大会“カプコンカップ2017”初日が実施された。2日目に進出するTOP8を争ったトーナメント模様をリポートする。

カプコンカップ2017はCAPCOM U.S.A.が主催する『ストV』公式大会。2017年に世界各国で開催された予選大会にて好成績を残した上位プレイヤーたちがアメリカに集い、37万ドル以上の総額賞金と世界王者の座をかけて争う決勝大会だ。

カプコンカップ2017には32名の選手たちが出場。いずれも世界に名を轟かせるスタープレイヤーばかりだが、日本選手は半数の16名を占める活躍を見せており、日本の『ストV』ファンからは特に厚い注目を浴びるイベントとなっていた。トーナメントレギュレーションは、各対戦組み合わせは3試合先取制、敗者復活アリのダブルイリミネーション形式を採用。2日間をかけて進行する流れとなっており、その初日には翌日の決勝トーナメントに進出するTOP8のメンバーを選出した。

一回戦では、決勝大会前日の最終予選を突破したネモ選手が世界最強プレイヤーとも言われるPUNK選手を撃破することからはじまり、忍者の末裔ももち選手はプレイアブルキャラに追加されて間もない忍者キャラ・是空を使いふ~ど選手を翻弄する姿を披露。大会開始直後から好カードやハイレベルな試合内容が続き、目の離せない熱戦が数多くくり広げられた。
なおトーナメントは複数の対戦台を用いて同時進行されており、ストリーミングサイトの2つのチャンネルを用いて生放送を実施。最終予選に続きこの日も日本時間朝4時からの放送開始となっていたものの、日本から多くのファンが観戦に訪れていた。

大会会場となったのは前日の最終予選と同じくAnaheim Hilton Hotel。対戦台が設置されたステージの前面には観客席が用意され、出場選手とともにギャラリーが多数来場。試合中には母国を同じくする選手への熱狂的な応援合戦が見られたようだ。

トーナメントはウィナーズとルーザーズ両方を同時進行し、ウィナーズの上位4名を決定する試合から1台進行に変更。最終日に進出するメンバーの決定戦は全ての試合が会場全体で見守られながら争われた。この段階ではウィナーズでときど選手vs.ボンちゃん選手、ルーザーズでPUNK選手vs.Xian選手といったカードが実現。試合カウント2-2のフルセットまでもつれこむ接戦が多く発生し、選手どうしの実力が拮抗していることをうかがわせる内容となっていた。
数々の激戦を勝ち抜き、TOP8に名乗りを上げたのは以下のメンバーだ。

・ウィナーズ
MenaRD選手(バーディ)
板橋ザンギエフ選手(ザンギエフ)
ときど選手(豪鬼)
ゆかどん選手(いぶき)

・ルーザーズ
もけ選手(ラシード)
ウメハラ選手(ガイル)
Problem-X選手(ベガ)
ネモ選手(ユリアン)

8名のうち6名を日本選手が勝ちとり、ドミニカ共和国のMenaRD選手とイギリスのProblem-X選手の2名が初日を突破。特にMenaRD選手はウメハラ選手との試合において、他の出場選手が驚嘆するほどのガイル対策を披露しており、最終日では要注意人物になると思われるプレイヤーだ。

カプコンカップ2017のクライマックスとなるTOP8からグランドファイナルまでの試合は、会場を“PlayStation Experience 2017”開催中のAnaheim Convention Centerに移して争われる。最終日のストリーミング放送はtwitch.tvに加え、カプコンTV!での日本語放送を実施。日本時間の12月11日朝7時から放送開始となっているので『ストV』ファンはぜひとも欠かさず見届けて欲しい。

生放送チャンネル capcomfighters カプコンTV!
12月11日 7時~13時 カプコンカップ TOP8→終了
※表記は日本時間

 

元サイトで見る

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る