ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】両国の若手の力が発揮され、日本VS韓国の聖戦は日本の圧勝。次回はVSパキスタン?【鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦 2020】

2020年2月29日、バンダイナムコ未来研究所にて、『鉄拳7』の日韓対抗戦“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦 2020”が開催された。

本対抗戦は、日本と韓国の『鉄拳7』トッププレイヤーたちが雌雄を決する団体戦。本来は12対12のルールだったが、新型コロナウイルスの影響により一部内容が変更。韓国から参加予定だったKkokkoma、JDCRの出場辞退に伴い、10対10の人数に変更された。さらに、2019年の日韓対抗戦と同じく、当日予選枠を設けるはずだったが、それも廃止に。そして、会場に観客を募る予定だったが、関係者以外はライブ配信のみで試合を観戦できる無観客試合となった。

01
実況解説はおなじみの、ゲンヤ氏(左)とハメコ。氏(右)が務めた。

日本チーム選抜戦

まずは日本の選抜チームを決める予選大会からスタート。プロライセンス選手14名のうち、予選を勝ち抜いた10名が日韓対抗戦に参加できるというレギュレーションだ。ふたつのグループに分かれて、総当たりのリーグ戦を実施。使用キャラクターは日韓対抗戦に使用するものと同じで、大会を通して固定となっている。結果としては、じょうたろう。、破壊王、ペコス、用心BΩYが予選敗退。下記選手たちが、日本選抜チームとなった。

■日本選抜チーム
・AO(リロイ)
・加齢(巌竜)
・弦(シャヒーン)
・タケ。(スティーヴ)
・ダブル(ロウ)
・チクリン(リロイ)
・ちりちり(シャヒーン)
・ノビ(ドラグノフ)
・ノロマ(リロイ)
・ユウ(フェン)

■予選敗退
・じょうたろう。(ノクティス)
・用心BΩY(マードック)
・破壊王(キング)
・ペコス(ギース)

また、今回対戦する韓国チームは、以下の選手たち。

■韓国選抜チーム

・KNEE(ブライアン)
・LowHigh(スティーヴ)
・Ulsan(一美)
・CHANEL(ザフィーナ)
・Rangchu(ジュリア)
・Saint(巌竜)
・JeonDDing(ラッキークロエ)
・CherryBerryMango(仁)
・Rest(ファラン)
・Meo-IL(ギース)

02
03
04
05
06
グループAでは、ダブルが全勝の快挙。体調不良で“EVO JAPAN 2020”に参加できなかったので、かなり燃えていたという。
07
グループBでは、ノロマ、ユウ、ノビといったTWTで世界をともにした3人が活躍。
08
09
“ミスターカステラマン”の二つ名が付けられたノロマは、今回の大会でのカステラ押しがスゴい!

 

予選を終えて

いよいよ本番といったところだが、本大会は無観客イベント。生で選手たちの活躍を見たかった人も多いだろう。せっかくなので、試合が始まるまでの選手たちの裏側をちょっとだけお届けしよう。

10
会場に用意されていたミネラルウォーター。通常通り観客が入っていれば、配布されていたのかもしれない。
11
ゆっくりと昼食を取る選手たち。
12
13
ダブルは思い詰めたような表情で、壁を背にしていた。緊張していたのだろうか。
14
タケ。とノロマが、JeonDDingとともにウォームアップ。長年戦ってきた日本と韓国なだけあって、じつはかなり仲がよいのだ。
15
KNEEを筆頭に、韓国勢も入念にウォームアップしていた。
16
ノビがSaintを記念撮影すると、Saintもこの表情。

 

弦がKNEEを下した、ライフ争奪戦

さて、ここからが日韓対抗戦の本番。まずは3人1組の4チーム(レギュレーション変更に伴い、弦、KNEEのみひとりチーム)に分かれて戦う、ライフ争奪戦。勝利したチームのメンバーがくじ引きをおこない、当たりを引き当てた選手に、本戦である10対10の総当たり戦で、1度敗北しても再度挑戦できるライフが与えられる。

17
18
司会はコーリーこと、郡正夫氏が務めた。
開幕では両チームの代表が意気込みを語ったのだが、
鉄プロTVでおなじみのコーリー氏のものまねを、ノビとチクリンが本人の前で披露(笑)。
ちなみにコーリー氏に感想を聞いたところ「似てます(笑)。でも、チクリンのほうがやり込んでますね!」とのこと。
19
前回の日韓対抗戦は、韓国の敗北となった。
KNEEはその悔しさを目に浮かべながらも「今回は本気で挑む」と意気込んでいた。
20
日本Aチーム:チリチリ、ダブル、ノビ
21
韓国Aチーム:Rest、JeonDDing、CHANEL
22
ノビとチリチリが勝利し、日本Aチームの勝利。
ライフはノビが獲得した
24
続くは、レギュレーション変更によりタイマンとなった弦VSKNEEのチームB。
25
『鉄拳』界のトップを走り続けるKNEEと、19歳のプロプレイヤー・弦の勝負。
ゲンヤ氏、ハメコ氏ともに弦には荷が重そうだと予想。
26
しかし弦はその下馬評を跳ね返すように立ち回り、みごとKNEEに勝利。
そのまま弦がライフを獲得した。
27
日本Cチームは、加齢、AO、タケ。の3名。韓国CチームはMeo-IL、Rangchu、Ulsan。
初戦の加齢VSMeo-IL戦では、韓国最強のギース使いと名高い強さをMeo-ILが見せ付けた。
28
さらに韓国チームの快進撃は続き、RangchuがAOに勝利し、チームCは韓国の勝利
29
30
31
Rangchuがライフを獲得
35
日本Dチーム:ノロマ、ユウ、チクリン。韓国チーム:LowHigh、CherryBerryMango、Saint。
結果は、日本の3人が全員勝利という形に。
36
ライフはユウが獲得したが、ユウはライフを望んでいなかった模様。
韓国チームから逆に拍手が贈られていた。

ライフ争奪戦の結果、ライフをゲットしたのは日本チームのノビ、弦、ユウ。韓国チームはRangchu。本戦である勝ち抜き戦では、追加ライフにより実質日本13人VS韓国11人という形となり、日本チームの有利な状況となった。

37
38
39
勝ち抜き戦のために相談をするシーンも
40
勝ち抜き戦前にウォームアップも欠かさない韓国チーム
41
加齢がUlsanに巌竜のモノマネを披露(笑)。

若手が輝いた勝ち抜き戦

そしていよいよ、10対10の勝ち抜き戦へ。両チームともに、選手をどこに投入するのかは自由。相手チームの選手を、追加ライフ含めてすべて敗北させたチームが勝利となる。

42
43
44
45
46
初戦に登場するのは、日本チームがノビ。
47
韓国チームはSaint
48
危ないシーンもあったがノビが勝利
49
続いて出てきたのが、Rangchu
50
ジュリアのパワーを見せつけノビに勝利
51
続いて登場したのがユウ。
どうやら日本チームは、とりあえずライフを持っているプレイヤーを出す作戦のようだ。
52
しかしユウは敗北。残りライフ1の状態に
53
同じくライフがふたつある弦を投入すると、Rangchuにみごと勝利。
58
59
弦の勢いは止まらずに、再びKNEEに勝利する。
62
ミスターカステラマンによるカステラの差し入れも(笑)。
63
JeonDDingにも勝ち、もはや弦がすべた倒すのでは……!?
65
CHANELはザフィーナの得意とする無限ステージで巧みに立ち回り、勝利。
ここで弦が敗退すると、両チームから大きな拍手が贈られていた。
66
CHANELとの対戦成績が良い、ダブルが登場。
スピードスターの異名らしく、素早い展開で攻め立て勝利した。
68
ギースの高火力を遺憾なく発揮し、危ない戦いを制した。
69
日本チームはノロマを起用。Meo-ILに勝利すると、ついにチームの勝利に王手。
70
最後は日本チーム全員がセコンドに。
71
韓国チームも命運を大将・Ulsanに託す。
72
拮抗した試合となったが、一歩先を行ったのはUlsanだった。
73
日本チームはここでチリチリを投入。
74
同じシャヒーンを使う弦に勝るとおも劣らない勢いをみせつけ、見事勝利。

弦の大活躍により、流れは完全に日本チームへ。前回の日韓対抗戦では、当日予選を勝ち抜いた若手プレイヤー・Bが活躍したが、今回は弦にスポットライトが当たった。ノロマ、チリチリの活躍により、生き残った韓国プレイヤーはゼロに。前回は4ライフ残しでの勝利となったが、今回は8ライフ残しと、圧倒的な差で日本チームが勝利した。

75
76

チーム代表・ノビにインタビュー

本記事の最後に、チーム代表のノビに、今回の日韓対抗戦についてや、今後の展開への期待などについてインタビューをおこなった。

――今回、圧倒的な勝利となりましたが、韓国チームと戦ってみていかがでしたか?

ノビ お互いの実力は、五分五分だと思っています。そんな中で、前回のBくんのように、ヒーローが生まれればいいなと思いながら臨みました。今回は、弦がヒーローでしたね。逆に言えば、韓国チームは同じく若手であるUlsanを大将に置きましたよね。韓国チームが序盤にUlsanを出してきたら、また結果は変わったんだろうなと思います。

――弦選手が活躍は、以前からノビさんも期待されていましたよね。

ノビ 僕は彼が15歳くらいのときから、絶対に強くなると言い続けてましたね。それがここで、覚醒したという感じです。

――しかも弦選手は韓国トッププレイヤーのKNEE選手を、2度も負かしました。

ノビ やはり、KNEE選手はどんなキャラクターでも使えるところが最大の強みです。TWTでは、いろいろなキャラクターを使いこなして上位に食い込んでいます。今回の試合のように、シャヒーンに対してブライアンは、普段絶対に使わない組み合わせなんですよ。今回はキャラクター変更不可ルールですから、そこでKNEE選手がブライアンを選択したというのが、勝敗を分けたポイントでもあると思います。

――また、最後にはチリチリ選手の勝利が決め手となったりと、日韓対抗戦全体を通して、ベテラン選手たちよりも、若手選手の活躍が目立った印象があります。

ノビ 新陳代謝が良くなったといいますか、ようやく若いプレイヤーがベテランに匹敵、いやそれを超えるくらいに育ってきたなと感じています。19歳の弦がこれだけ活躍したってことは、同じくらいの年代のプレイヤーたちがプロとしての活躍を目指せるわけですよ。そういう意味でも、弦には若手の星になってほしいです。

――前回と比較すると、バラバラな感じで戦っていた韓国チームも、今回団結して挑んでいた印象がありました。

ノビ たしかに、団結力は見えました。ですが、何年も前から日本は団結してるんですよ。1年のあいだでの団結には、さすがに負けません。

――大会中、いちばん印象に残っているシーンはありますか?

ノビ やはり弦の活躍です。もう韓国のスタープレイヤーを軒並み倒してくれました。いやもう、スゲーなと。負ける気配ゼロでしたよ。以前までの弦は、かなり危ない立ち回りが多かったのですが、スタイルが変わりましたね。

――最後にBNE安田イースポーツ氏より、パキスタンとの対抗戦を匂わせる発言もありましたが……。

ノビ パキスタン勢のレベルに匹敵するのかは分かりませんが、メチャクチャやりたいです。正直、長年韓国勢と戦ってるので、もう全員仲がいいんですよね。だから、敵対心みたいなのは正直韓国勢にはないんです。ライバルと言えばライバルなのですが、心としては昔からの『鉄拳』仲間なんですよ。ですが、パキスタンの選手たちとは対戦経験はあっても、個人としての面識はほぼ無いに等しいです。そして、最近台頭してきた大型の勢力って感じですよね。ですから、“敵国”として見ることができます。そういう部分で、闘争心は韓国と戦うよりも大きいです。ぶっちゃけて言うと、いきなり出てきた新興勢力に“鉄拳最強”なんて顔はさせたくないですよ。これは、韓国勢も同じ気持ちのはずです。ぜひパキスタンとの対抗戦が見たいと、皆さんも声を挙げてほしいです。

――では最後に、応援してくださったファンの方々へメッセージをお願いします。

ノビ いつも応援していただいてありがとうございます。2019年から、日本勢はようやくオフライン対戦が主流になってきました。裏を返せば、練習環境で言い訳できないような状況です。間違いなく2018年ごろと比べたら日本勢は確実のパワーアップしていますが、そのぶん、韓国などの選手たちも絶対に強くなるでしょう。これからも日本の選手たちの活躍を見守っていてください。

77
78

 

編集:豊泉ライター:西川、カメラマン:堀内

 

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る