ファミ通AppVS イベントリポート

“EVO Japan 2020”の魅力はメインタイトルだけじゃない! 現地トピックリポート

2020年1月24日〜26日に千葉・幕張メッセにて格闘ゲーム大会の祭典である“EVO Japan 2020”が開催された。イベントでは『ストリートファイターV』や『鉄拳7』といったメインタイトルの大会はもちろんのこと、企業ブースの出展や有志のコミュニティーによるさまざまなタイトルの大会がサイドトーナメントとして実施。本項ではそんな大きな熱気に包まれ、数多くのドラマや感動を生み出した“EVO Japan 2020”の現地リポートをお伝えする。

EVO Japan 2020 アイコン

“EVO Japan 2020”とは?

“EVO Japan”とは毎年アメリカ・ラスベガスで行われているアメリカ最大級の格闘ゲーム大会“EVO”を本家とし、その日本版として2018年より開催されているイベントである。イベント規模は年々大きくなり2020年は数々の大型イベントが行われる幕張メッセで開催された。

EVO Japan 2020 入り口1

EVO Japan 2020 人2     1日目会場風景。開場間も無いにもかかわらず見渡す限り人、人、人。

“EVO Japan”の醍醐味はサイドトーナメントにあり!

“EVO”は今では格闘ゲームファンで知らない人はいないほどであるが、もともとはアメリカの格闘ゲームコミュニティが始めた大会が前身であり、今のように「esports」という言葉が生まれる前から行われていた「コミュニティイベント」なのである。

そんな“EVO”の特徴であり醍醐味でもある「コミュニティ」の部分を色濃く感じられるのが、メインタイトルと並行して行われる「サイドトーナメント」だ。サイドトーナメントとは、様々な対戦ゲームの有志により独自で企画、運営される大会となっており、一つ一つの規模はメインタイトルに及ばないものの、数多くのタイトルの大会が行われ、サイドトーナメント目当てに来るプレイヤーも多数おり、その熱量は本家に勝るとも劣らないくらいであった。

EVO Japan 2020 カプエス2

EVO Japan 2020 ゼロ3

EVO Japan 2020 セイヴァー    サイドトーナメントの一部は往年のアーケード筐体で実施。古豪や現役の猛者たちがこの日のために集まった。

EVO Japan 2020 ウル4-1

EVO Japan 2020 ウル4-2『ウルトラストリートファイターIV』の大会は今なお研鑽を続けるプレイヤーが多数おり、その人口密度から人気の高さが窺えた。

EVO Japan 2020 バーチャ

EVO Japan 2020 バーチャ2

EVO Japan バーチャ3特に注目度の高かったセガの名作『バーチャファイター5』。大きな人だかりが出来ており、今なお続く人気の高さやコミュニティの熱意が強く伝わってきた。

企業ブースではレアアイテムの販売や新作の試遊台も!

“EVO Japan 2020”では大会以外にも複数の企業がブース出展しており、エナジードリンクの配布やイベント限定アイテムの販売、さらには新作の試遊台の設置など大会参加者以外も楽しめるポイントが多数。

中でもアークシステムワークスの新作として期待されている『GUILTY GEAR -STRIVE-』(ギルティギア ストライヴ)は初めての試遊会となっており、その情報を聞きつけたファンが長蛇の列を作っていた。

EVO Japan 2020 提灯1

EVO Japan 2020 提灯2こちらは入場してすぐの場所に展示してあった公式グッズのイベント応援提灯。みなさんご存知の名前もチラホラと。

EVO Japan 2020 AU

EVO Japan 2020 AU2AUブースでは『ストリートファイターV』のプロゲーマー「板橋ザンギエフ」との組み手が開催。

EVO Japan 2020 SNK

EVO Japan 2020 SNK2SNKブースでは大会の他に歴代のサムスピ作品が詰め込まれた「SAMURAI SPIRITS NEOGEO COLLECTION」の試遊台が。

EVO Japan 2020 Guilty

EVO Japan 2020 Guilty2

EVO Japan 2020 Guilty3企業ブースの中でとりわけ注目度の高かったギルティギアの新作試遊会。実際に触った所、プレイフィーリングが大きく変わり新鮮味が強かった。

2020年も格闘ゲームの勢いは止まらない!

2019年に引き続き数多くの参加者が集まり、熱気覚めやらぬままに幕を閉じた“EVO Japan 2020”。その現地で過ごした筆者が感じたのは、2020年も格闘ゲームは今までの勢いをそのままに更に発展していくのだろうという予感だった。

各種新情報発表などがその最たる例ではあるものの、それ以外にも古くからの人気タイトルが今なお多くの人に愛され続け、大きな盛り上がりを見せていた光景はその一因だろう。

対戦ゲームのはそこに「対戦相手」がいる限り楽しみが終わることはない。

“EVO Japan 2020”のようにe-Sportsで活躍するプレイヤーたちとコミュニティを愛しプレイし続ける人たちが一緒に共存していくのであればこれからも格闘ゲームがその灯を絶やすことはないだろう。

 

編集:豊泉 ライター:ベックス

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る