【お問い合わせ窓口 休業のお知らせ】
お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
【休業期間】2020年8月4日(火)17時~2020年8月13日(木)11時

ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】タイのBookが優勝。日本勢最高戦績はみきおの2位【EVO Japan 2020】

2020年1月24~26日にかけて、千葉県の幕張メッセにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2020”が実施。26日には、メイン競技タイトル6種目のうち『鉄拳7』『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『ストリートファイターV アーケードエディション』の3種目の決勝トーナメントが行われ、『鉄拳7』部門はタイのBookが優勝した。

EVO Japan 2020 『鉄拳7』部門 概要・結果

■会場:千葉県 幕張メッセ
■大会形式:2~3試合先取制、ダブルイリミネーショントーナメント
■トーナメント表:smash.gg
■大会動画:twitch mildom
※大会公式サイト

順位 プレイヤー(キャラ) 負けた相手
優勝 Book(リロイ) タイ
準優勝 みきお(ジュリア) 日本 Book
3位 ノロマ(リロイ) 日本 チクリン、みきお
4位 ULSAN(ボブ/一美) 韓国 弦、ノロマ
5位 弦(リロイ/シャヒーン) 日本 Book、ノロマ
5位 チクリン(リロイ) 日本 みきお、ULSAN
7位 Masa(リロイ) 日本 チクリン、ノロマ
7位 ゼウガル(リロイ) 日本 Masa、ULSAN

※総エントリー963名

新キャラクター・リロイがトーナメントを席巻

本部門で特に大きな注目点となったのは、2019年12月に『鉄拳7』に登場したばかりの新キャラクター・リロイだ。リロイは“何でもできる”性能としてプレイヤー間でかなり高い評価をうけており、競技シーンで活躍するプロゲーマーをはじめ、多くの強豪たちがトーナメントで使用。TOP8に進出したメンバーの中では6名がリロイをメインキャラにしており、“リロイvs.リロイ”のミラーマッチが印象的な部門となった。

また、EVO Japanは過去2回開催されているが、2018年は韓国のKNEE、2019年はパキスタンのArslan Ashが優勝しており、これまで日本勢は優勝を逃している。今回は日本選手6名が決勝トーナメントに進出していることもあり、初の日本勢優勝に期待がかかっていた。

会場1

会場2

会場3

タイのBookが負けなしで優勝

決勝トーナメントのウィナーズ側はタイのBookが好調。的確なコンボ選択でリロイの爆発力を活かし、日本の若手・弦と、ジュリアでここまで勝ち上がってきたみきおを倒してグランドファイナルへ進出する。
ルーザーズ側では、自身のSNSで“save the tekken world”を掲げた韓国のULSANが活躍。ボブと一美を使い分けてゼウガル、チクリン、ノロマのリロイ使い3人と戦い、最後はノロマに敗れて姿を消したものの、その健闘に会場からは大きな声援が送られていた。そしてルーザーズファイナルではノロマとみきおが対決。この試合は大接戦の末にみきおが勝利し、グランドファイナルはBook(リロイ)対みきお(ジュリア)の組み合わせとなる。

グランドファイナルの序盤はジュリアが積極的に中段or下段の2択を仕掛け、要所ではしっかり待つ緩急で主導権を握り、白星を先行する。しかし後半はリロイがジュリアの足を止めさせて反撃する戦法で対応。試合カウント2-2までもつれたが、5試合目はリロイがその苛烈な攻撃性能を発揮し、Bookが勝ちきって決着。
以上の結果、本部門はタイのBookが優勝。日本勢最高戦績はみきおの2位という結果となった。

トップ1

トップ2

トップ4

トップ3

トップ6

トップ5

トップ7

トップ8

トップ10

トップ9

優勝
▲優勝のBookには賞金100万円が贈呈

ライター:H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る