ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】カプコン社内大会“CAPCOM COMPANY CUP 2020 東京”が開催! そこにはesportsイベントの展望が

2020年1月14日、東京・新宿にて『ストリートファイターV』を使用した“CAPCOM COMPANY CUP 2020 東京”(以下「C3」)の決勝大会が行われた。この大会はカプコンスタッフ限定のイベントであり、普段はゲーム開発や運営開発を行うスタッフが競い合い、「社内最強」を決めようという催しだ。

本項ではそんなユニークな大会ながらカプコン全体が一丸となって進める「esports」への熱意が感じられたイベントの一部始終をレポートする。

社内大会 アイキャッチ

 

オーディエンスの熱狂に包まれた大会は「esports部」のメンバーが優勝!

「C3」は2019年7月から始まった大会であり、東京で行われた本大会で2回目となる。1回目は大阪の本社で行われ、その盛況ぶりから今回の開催に至ったようだ。

※活動報告書その6:CAPCOM COMPANY CUP 2019!(ストリートファイターV 公式サイトより)

社員限定の大会とはいえイベント自体は本格的であり、決勝大会には事前の予選大会を通過した8名が集結。試合も昨今のesportsイベントと同じように実況や解説がつき、さらに観戦席には各選手のサポーター専用の席が設けられ試合中に大きな声援を送るなど、社内交流の場とは思えないほどの大きな盛り上がりを見せるイベントとなった。

大会形式はシングルエリミネーションの2試合先取(決勝のみ3試合先取)で行われ、いずれのプレイヤーからもやり込みが見られる白熱した戦いが続いた結果、カプコン東京支社のサークルである「esports部」で副部長を務める「うわぼん」選手が見事優勝を果たした。

社内大会 MC

実況でおなじみの「大和周平」氏と解説を務めたカプコンの「ストリートファイター」シリーズプロモーションプロデューサー兼eスポーツプロデューサー・綾野智章氏

社内大会 TOP8

予選を通過した8名の選手たち。対戦前の意気込みを聞かれると各々がキャラクターに対するこだわりをコメントしていた。

社内大会 綾野氏

        大会前に社内イベントらしくesportsイベントの在り方について説明する綾野氏。

社内大会 真剣な戦い

            カプコンプロツアー大会さながらの真剣さでプレイする選手たち。

社内大会 スライド    選手紹介のスライドも用意され、オーディエンスが自然とプレイヤーへの興味を持つ作りになっていた。

社内大会 決勝戦

白熱した試合の末の決勝は多彩なキャラを使い分ける「うわぼん」選手と格闘ゲーム歴が浅いながらアグレッシブなプレイが持ち味の「スライディング仮面」選手。

社内大会 優勝

 大会を通じてブランカ、メナト、ポイズン、Gと4キャラを華麗に使い分けた「うわぼん」選手が見事優勝を果たした。

 

社内イベントから見えたカプコンが見据えるesportsの未来

本イベントから感じられたのはカプコンの「e-Sports」へのさらなる熱意だ。取材を実際に行った身としては、本イベントの熱量の高さというのは予想外であり圧倒された印象である。

その印象づけとなったのはなにより選手を応援する大きな声援だ。これはゲーマーという気質もあってか国内の他の大会ではなかなか見られるものではなく、まさに理想的なスポーツ観戦の様相だと感じた。

これについて綾野氏曰く「カプコン社内は縦も横も繋がりが強いのが要因の一点。加えて体育会系で育ってきた人たちもいるから自然と大きな声援を送る文化があるのではないか」とのことだった。

もう一点は会社全体の取り組みの部分である。表彰式には辻本社長が登壇し、今後のカプコンのesportsへの取り組みについて説明。いまでは賞金額などで注目されがちなesportsのイベントを「イベントそのものが、野球などのようなリアルスポーツ同等の“興行”として成立していくような流れを作ったり、全国各地にチームを作り地域活性化に役立てるような取り組みをしていきたい」と、業界を牽引する立場からの展望を語りイベントを締め括った。

社内大会 表象

       優勝した「うわぼん」選手を始めとして3位までの選手には辻本社長から賞金が贈呈された。

社内大会 辻本社長

     辻本社長曰く社内でのe-Sportsイベントは定期的に行い、次は東西対抗戦も考えているとのこと。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る