ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】国内鉄拳最強女王たぬかなインタビュー「やり込みが報われて安心しました」

2019年12月21日に東京で実施された女性プレイヤー限定の『鉄拳7』大会“STARGAMERS COMMUNITY FESTIVAL GIRLS ONLY BATTLE”。本項ではその大会で優勝を果たし国内最強女王の座を手にした、たぬかなへのインタビューをお届けする。

IMG_1421

たぬかな
Twitter:@kana_xiao
所属:CYCLOPS athlete gaming、Red Bull

大会アーカイブ

OPENREC.tv(独占配信) スタダGG!公式チャンネル

たぬかなインタビュー

ーー見事な優勝おめでとうございます!今の率直なお気持ちはいかがですか?

たぬかな 「よかったーー!!」って感じですね!安心感でいっぱいです(笑)。自分がプロであるということと、2週間前にリリースされたばかりながらとても評価が高いリロイを使って参加したので、言ってしまえば「勝って当たり前」だって自分の中では考えていたんです。

いくら評価が高いとは言ってもリリースされたばかりだし、完全オリジナルのキャラクターでしたから、短い期間でどれだけやり込んでも「大会で恥ずかしくないレベルまで持っていけるのか」という不安はありましたね。そんな中で優勝できたことで「やり込みは裏切らない!」って思えて自信が付きましたし、報われました。

ーー本大会への出場に際して、いつ頃からリロイを使おうと考えていたのでしょうか?

たぬかな 大会に向けというよりかは、そもそもシャオユウに代わるメインキャラクターを捜していたんですよ。シャオユウや飛鳥って構えや各種ステータスといった拒否行動があることで「鉄拳力」が付かないって言われるんですよね。要はレバーガードやサイドステップといった基礎的な防御力などの部分なんですけど、私自身もトップレベルのプレイヤーと勝負したときにそこが差になってしまっていると感じていたんです。

そんな思いから、シャオユウの代わりになって「プレイヤーとしての防御力があげられるキャラクター」をいろいろ試す中で、リロイが参戦してきたのでせっかくならと触ってみたら、とてもしっくりきて自分に合っていると思ったんです。中距離での“差し込み”や“スカし確定”といった私の良いところを活かせる技がある一方で、構えはあるもののそれ自体は避ける構えではなく、そもそもの目的にも合っているなと感じました。

だから強いってわかったから始めたわけではなく、初日からやり込んでいたからこそ今回の大会に間に合わせることが出来て、優勝することができたんだと思います。

ーー優勝までの道のりでターニングポイントになったのはどこでしょうか?

たぬかな 初戦の「ゆうゆう」さんとの試合ですね。「ゆうゆう」さんとはライバルと言われていて、それに加えて相手がリロイを使っていることも配信を見て知っていたんです。そのリロイに対抗することを考えると「こっちもリロイだな」と、同キャラ戦をすごい詰めてきたんですよ。おかげさまで確定反撃をきっちり取ることができました。

この同キャラ戦をストレートで勝てたことで「私のリロイは強いな!」って弾みをつけることができて、その後の試合に余裕を持って臨むことができましたね。

ーー実際のところリロイの評価はいかがですか?

たぬかな 間違いないく強いですよ! 多くの技が高水準とはいえ、当然弱点はあるのでまずは対策をしっかりしていくことが大事だと思います。今は家庭用にリロイが溢れ返っている状態ですけど、そもそもプレイしていてすごいおもしろいキャラクターなので今後良い感じに調整されて欲しいですね(笑)

ーー今大会は女性ファッション誌“Ray”(主婦の友社)とコラボしたり、メイクスタッフが付いていたりと、今までに類を見ない「女性向け」のイベントとなっていました。実際に参加された感想はいかがですか?

たぬかな 私自身としてはプロ活動の中でメイクの方が付くこともあるため、特別な印象はそれほどなかったんですけど、一緒に壇上に上がった中にはそういった経験が初めての女の子たちもいて、ヘアメイクをしてもらったりして「すごい嬉しい!」と言っていたんですよ。その子たちが対戦中にいつもよりちょっと自信がついた表情をしていて、その姿を見るのが自分自身としても嬉しかったです。

私みたいなプロではなく、ふつうの女の子たちがゲームをがんばることでこういった機会が得られることはとても新しくて、周りのみんなが幸せそうだったのですごく良いイベントだったと思いますね!

ーー今後もこのようなイベントが増えていくのは、業界にとってもプラスですよね。最後に来年の目標を教えてください。

たぬかな もし、またこのような女性大会があったら、ディフェンディングチャンピオンとして防衛したいですね。それに加えて無差別の中でも勝てるというところを、どんどん見せていきたいです。優勝を狙うというのは、今のレベルではさすがに欲張りかなって思いますけど(笑)。

最近関東に引っ越してきて、トッププレイヤーの中で練習することが出来ているので、自分自身がレベルアップしている実感はあります。今日の試合で安定した戦いができたのもそういった取り組みがあったからこそですね。その濃密な取り組みを続けていくことで世界の鉄拳プレイヤーたちと遜色ないレベルを目指し、今以上の成績を残していきたいですね。これからも頑張っていきます。 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る