ファミ通AppVS 業界ニュース

【CoD: MW】パッチ1.10アップデート 100ティアの‟バトルパス”、武器とマップ追加、新ゲームモードなど

Infinity Wardが『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』(『CoD: MW』)において大型アップデートを実施。今回のパッチバージョン1.10では、いくつかの武器とマップ、ゲームモードが追加された。また、100のティアがある‟バトルパス”も登場している。

本稿でバトルパスを紹介するとともに、Infinity Wardがredditに投稿したパッチノートを概訳してお伝えする。

※パッチノート原文:reddit(英語のみ)

シーズン2は実質無料?

こちらはバトルパスのオフィシャルトレーラー。

新武器となるアサルトライフル(AR)の‟Ram-7”、LMGの‟Holger-26”は誰でも無料で手に入れられるが、‟設計図”、‟スキン”、迷彩などの多くは有料コンテンツとなっている。Ram-7は31ティア、Holger-26は15ティア到達で入手可能。

気になるバトルパスのお値段は、1000CODポイント。それに対して、バトルパス内には1300CODポイントが含まれているので、イニシャルのコストを支払いゲームをやりこめば、次のシーズンのバトルパスは実質無料どころか、お釣りが返ってくる。素晴らしいエコサイクル。

パッチv1.10アップデート情報

以下は、redditに投稿されたパッチノートの概訳。

プレイリスト

プレイリストへの追加

・Crash 24/7
・Port(Ground War)
・Reinforce
・Rammaza、Gun Runnerを20人対戦モードに追加
・ハードコアのTDM、SND、Cyber Attackにナイトモードを追加

終了したプレイリスト

・Gun Game
・Shoot House 24/7
・2v2 Gunfight Tournament

武器関連

ハンドガン:.357

ダメージ範囲の縮小、腰撃ち時の有効ダメージ減少、アタッチメントによる銃弾の拡散効果を調整

Riot Shield

・使用者の脚部にグレネードを投擲された際の防御方法を調整
・一定距離において受ける爆発ダメージを減少

その他

メニューにおけるLMGの‟威力”ステータスの表示を調整

キルストリーク

FMJ(アタッチメント)

キルストリークに対する有効性を上昇

クラスターストライク

VTOLジェットに与えるダメージが一定ではなかった問題を修正

バグ修正関連

・チャレンジや迷彩の進捗が正しく反映されていなかった問題を修正
・いくつかのチャレンジの説明文を修正
・スペシャルオプスの各種バグを修正
・マウス、キーボードに関する問題を修正

 

『CoD: MW』関連記事

▼ Call of Duty League

▼ 最新作『CoD: MW』まとめ

▼ ‟CWL2018”レポート記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る