ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】マゴ、まちゃぼー、ユージのチーム“マゴ スカーレット”がストリートファイターリーグ: Pro-JPを制覇

2019年12月1日、東京都品川にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)の大型大会“ストリートファイターリーグ: Pro-JP”の決勝大会が実施。10節に渡るリーグ戦で上位となった3チームがトーナメントを争い、チーム“マゴスカーレット”が優勝した。

ストリートファイターリーグ: Pro-JP 決勝大会 概要・結果

■会場:東京都品川区 クラブeX
■大会形式:早稲田式の3on3チーム戦、シングルイリミネーショントーナメント
■大会動画:openrec  AbemaTV youtube
※大会公式サイト

順位 チーム プレイヤー(キャラ)
優勝 マゴ スカーレット マゴ(かりん/キャミィ)、まちゃぼー(豪鬼)、ユージ(春麗)
準優勝 ネモ オーロラ ネモ(ユリアン)、竹内ジョン(ラシード)、キチパーム(アビゲイル)
3位 フード ガイア ふ~ど(ミカ)、ボンちゃん(かりん)、Shuto(ユリアン)

ストリートファイターリーグ: Pro-JPとは

本イベントは、カプコンが主催する『ストV AE』の公式大会。JeSUプロライセンスを保有する6名の選手がそれぞれのチームリーダーとなり、数々の登竜門を突破したプレイヤーをチームメイトとして迎えて3人1組のチームを結成。計6チーム18名が賞金や名誉を懸けて争う、国内最高峰のリーグ戦だ。
大会形式は大まかには早稲田式の3on3チーム戦だが、先鋒戦と中堅戦は1ポイントで大将戦は2ポイントのポイント制を採用。さらに、相手チームの特定キャラを使用不可能にするBANルールを導入し、各人の対戦内容だけでなく、盤外での思慮も問われる戦略性の高いレギュレーションが特徴となっていた。
リーグ戦は2ヶ月間で10節行われ、上位3チームとなった【マゴ スカーレット】【ネモ オーロラ】【フード ガイア】が決勝大会に進出。優勝を目指し、クラブeXの大型ステージで決勝トーナメントを披露した。

会場1

会場5

会場2

会場4
▲司会進行と実況解説を担当した登壇メンバー。
左からアナウンサーの平岩康佑と並⽊万⾥菜、実況の大和と解説のハメコ。、ゲストの歌広場淳。

会場

会場3

準決勝【ネモ オーロラ】vs.【フード ガイア】

決勝トーナメントは6ポイント先取制を採用。先鋒戦、中堅戦、大将戦を終えたら2巡目に以降し、6ポイントを先に取得したチームが勝利となるルールだ。
準決勝の【ネモ オーロラ】vs.【フード ガイア】は、2位抜けの【ネモ オーロラ】が1ポイントを取得した状態でスタート。1巡目を終えた段階で【ネモ オーロラ】が4ポイントを取得し、【フード ガイア】を追い詰める。2巡目は大将戦までもつれたが、最後はネモがふ~どを撃破して合計6ポイントに到達。
【ネモ オーロラ】が決勝戦へ進出する。

準決勝1

準決勝3

準決勝4

準決勝2

準決勝6

準決勝5

決勝戦は【マゴ スカーレット】が【ネモ オーロラ】に勝利

決勝戦の組み合わせは1位抜けの【マゴ スカーレット】vs.【ネモ オーロラ】。1巡目は【マゴ スカーレット】が全勝して4ポイント取得すると、2巡目には中堅戦でユージがキチパームを破り、5ポイントに到達。あとの無い【ネモ オーロラ】は大将戦でネモがマゴに勝利して3巡目に移行するが、3巡目は先鋒で出場したマゴが竹内ジョンを破り、6ポイントに到達して決着。ストリートファイターリーグ: Pro-JPは【マゴ スカーレット】の優勝となった。
なお、上位2チームの【マゴ スカーレット】と【ネモ オーロラ】は2019年12月14日、アメリカ代表チームと争う“ストリートファイターリーグ:ワールドチャンピオンシップ”に日本代表として出場する。注目の世界大会“カプコンカップ2019”と同様、日本では深夜の放送となるが、ストリートファイターファンは是非こちらもチェックして欲しい。

決勝2

決勝3

決勝4

決勝1

決勝5

優勝
▲マゴ スカーレットには賞金150万円が贈呈。
パネルを持つ選手は左からまちゃぼー、マゴ、ユージ。

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る