ファミ通AppVS 業界ニュース

【CoD: MW】‟725”ショットガン再調整、バグ修正などを含むアップデート実施 次回のパッチ1.09についても言及

2019年11月19日(現地時間)、Infinity Wardが『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』(『CoD: MW』)においてアップデートを実施。これに伴い、ショットガン‟725”と‟Model”、サブマシンガン‟AUG”の調整、いくつかのバグに修正が施された。

また、次回のアップデートについても開発陣がコメントしているので、パッチノートと合わせてお伝えする。

▶ パッチノート原文:reddit(英語のみ)

キルフィードに表示される‟キル以外のメッセージ”が不要だというユーザーの意見があり、11月14日にマルチプレイヤーデザイナーDavid Mickner氏が「次回のアップデートで修正する」と回答していた。しかし、11月19日のアップデートの修正点には含まれていなかった。

FaZe Clanのメンバーが質問したところ、同氏は「このアップデートは致命的なバグ修正にすぎず、今週に配信予定のもので改善する」と述べた。正式な日程は不明だが、いち早くキルフィードが‟浄化”されることを願う。

11月19日アップデート情報

以下では、海外の掲示板redditに投稿されたパッチノートを概訳してお伝えする。プレイステーション4において、今回のアップデートにファイルのダウンロードとインストールは発生しない。

武器関連

ショットガン:725

・武器自体の基礎ダメージ距離をわずかに減少
・アタッチメントによる射程距離上昇効果をいちじるしく減少
・腰撃ち時、銃弾の拡散をわずかに拡大
・腰撃ち時、ダメージと命中率を減少

サブマシンガン:AUG

・近距離におけるダメージを上昇
・中距離におけるダメージを上昇、胸部へのダメージ倍率を減少

ゲーム全般

・スペシャルオプス‟パラディン作戦”:観戦からミッションを再開すると、目標が表示されないバグを修正
・Call of Duty League(CDL):Search&Destroyのルールセットにおいて、フィールドアップグレードが無効化されていた問題を修正
・キルストリークを複製できていた問題を修正
・レティクル‟Blue V”:正しく説明文が表示されていない問題を修正

Ground War

・リスポーン時に、リスポーン選択の画面が残ってしまっていた問題を修正
・選択済みロードアウトを選択しリスポーンすると、選択画面が残ってしまっていた問題を修正

ミッションとチャレンジ

以下のミッションとチャレンジを修正。
・潜入者
・ウォリアーコード
・アグレッシブ
・ドミネ―たー
・ミューニション

【オフィサー進捗】
・ランチャー破壊
・ハートブレーカー
・エアストライク
・カルマ
・間近に接近

『CoD: MW』関連記事

▼ 最新作『CoD: MW』まとめ

▼ ‟CWL2018”レポート記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る